豪雨で被災した福岡の農家を応援したい!クラウドファンディングが始動

 毎年のように襲ってくる豪雨…。今年も九州では、広い地域で大きな被害を受けました。農業を支援する事業に取り組む、とどける株式会社が、今年の豪雨で被災した福岡県の葉物農家を応援するために、クラウドファンディングを立ち上げました。

目次

クラウドファンディングで農家支援を呼びかけ

出典:とどける

 小松菜などの葉物野菜の生産が全国的にも上位を誇る福岡県。しかし今年は7月から降り続いたの豪雨の影響で、久留米市の葉物農園では、ビニールハウスの中まで水に浸かり、大切に育ててきた葉物野菜も全滅し、7月~8月の出荷が全くできなくなった農家も出てしまいました。  そこで、とどけるは「被害に遭いながらも頑張る地元農家さんを手助けしたい」という思いから、復興のための支援をすべく、クラウドファンディングを立ち上げたそうです。

出典:とどける

 今回協賛してくれた支援者には、支援金額に応じて福岡で獲れた美味しい葉物野菜やフルーツの盛り合わせなどのお返しも準備されています。  皆さんの支援が、福岡の農業の未来につながります!ぜひチェックしてみてください。

とどける「被災した地元福岡の葉物農家の支援を行いたい!」プロジェクト

・目標金額:300万円 ・募集内容:1口あたり5000円、10000円、100000円 ・リターン:福岡の葉物野菜・フルーツなど ・募集期限:2021年2月14日(水) ※詳細は、サイトで確認を。

とどける 農家支援プロジェクト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる