南阿蘇で雄大な景色と「ゾランヴァリギャッベ」を愛でる【ASOシルクロードギャラリー】<PR>

 ギャッべ(GABBEH)とはペルシャ絨毯の原点ともいわれる絨毯です。 ASOシルクロードギャラリー(本社:熊本県阿蘇郡)は、「自然のものは自然の中でご覧いただきたい」という思いから、2008年に「ZOLLANVARI GABBEH(ゾランヴァリギャッベ)」の専門店を熊本県阿蘇郡南阿蘇に出店しました。

目次

南阿蘇にある「ゾランヴァリギャッベ」の専門店

 天気の良い日には、阿蘇五岳の雄大な景色を眺めながら、外のデッキにギャッベを広げて見ることができます。日焼けや色落ちに強いので、一年中使用することができるギャッベ。アートのような絨毯はすべて一点もの。自分だけの一枚と出会えるように、専門知識のあるスタッフが丁寧に説明をしてくれます。

 店内には大小合わせて約600枚の「ゾランヴァリギャッベ」がそろいます。すべて手作りのため、毛足の長さや肌触りも一枚一枚異なるそうです。実際に触れて品質を確かめることができます。

 また、デザイン一つ一つに意味や願いが込められており、一番人気の「生命の樹」は家族の健康や長寿を願っています。現地イランで買い付けた希少なオールドギャッベも多数展示。気になるギャッベを自宅に持ってきてもらい「試し敷き(見分け)」をすることもできるそうです。希望があれば、気軽に相談してみて。

 イラン南西部に暮らすペルシャ系遊牧民族の女性たちが、一枚一枚丁寧に手織りする毛足の長い絨毯ギャッベ。ゾランヴァリギャッベの原料となる羊毛は、一年で最もやわらかい春刈りのみを使用。羊毛100%を手で紡いだ後、草木などの自然染料で何度も染め、色を定着させていきます。

 デザイン画などは持たず、姉妹で横一列に並び話し合いながら素朴な紋様を織り込んでいきます。この技術は2010年に世界無形文化遺産に登録され、数百年もの間受け継がれてきた伝統技術です。

 ギャッベを世界に紹介し、草木染めを復活させたゴラムレザーゾランヴァリ氏。その功績がたたえられ、世界カーペットオスカー賞を受賞、ドイツの絨毯展示会では「ギャッベの父」として表彰されています。

 ASOシルクロードギャラリーは、ゴラムレザーゾランヴァリ氏が創業したゾランヴァリ社のギャッベ正規取扱代理店です。ゾランヴァリ社での買い付けは一部の限られたお店のみが認められています。

 夏はサラッと冬はあたたかい。ASOシルクロードギャラリーで販売しているギャッベは、汚れにも強く、直接肌に触れても安全な「エコテックス規格100」の認定を受けているため、子どもやペットがいる家庭でも安心して使用することができます。また、定期的なクリーニングは不要で、普段の手入れは掃除機のみで十分というのもうれしい点です。難燃性なので、ストーブの前やホットカーペット、床暖房の上に重ねて使うこともできるそうです。日本室内装飾事業協同組合連合会の防災認定を受けているので、ホテルや学校、公共施設にも安心して導入ができます。

 この夏、ASOシルクロードギャラリーにぜひ足を運んでみては。

ASOシルクロードギャラリー

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3485-1
営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜日(祝日は営業)
電話番号:0967-67-3833

提供:ASOシルクロードギャラリー

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる