【参加無料】「熊本県玉名圏域 移住WEBセミナー」開催!

 玉名圏域定住自立圏 観光分科会事務局が主催する「熊本県玉名圏域 移住WEBセミナー」が2月20日(土)、WEB会議ツール「ZOOM(ズーム)」で開催されます。

目次

地方への移住先として注目されている「玉名圏域定住自立圏」

出典:玉名圏域移住WEBセミナー事務局

 新型コロナウイルス感染拡大や生活スタイルの多様化など、さまざまな影響から都会を離れ地方に移住する動きが活発化しています。  中でも地方への移住先として注目されているのが、熊本県の玉名市(たまな)、玉東町(ぎょくとう)、和水町(なごみ)、南関町(なんかん)の1市3町で構成された「玉名圏域定住自立圏」。  「移住WEBセミナー」では、豊かな自然や子育て環境の充実、二拠点生活の実現、移住を後押ししてくれる補助金制度など、玉名圏域の魅力について紹介。今回は、玉名圏域に移住した4組の移住者が「リアルな生活の魅力」を生の声で届けます。  参加無料のほか参会者には玉名圏域の特産品のプレゼントも。セミナー中には質疑応答や意見交換の場も予定されているので、気になることがあれば何でも聞いてくださいね。 <プログラム> ■第一部 約15~20分  各市町担当者より、概要や各種施設紹介、補助金制度の説明     ■第二部 約60分  先輩移住者からの説明、意見交換  本セミナーを通して、玉名圏域への移住を考えるきっかけにしてみてはいかがですか?

先輩移住者を紹介

玉名市 種子島奈里さん(鹿児島県沖永良部島から玉名市に移住)

出典:玉名圏域移住WEBセミナー事務局

 Iターン移住2年目。玉名市のケーブルテレビ「ひまわりてれび」でカメラマン、リポーター、編集、番組MC、イベントMCなど、幅広く活躍されています。

玉東町 寺本直喜さん(福岡県飯塚市から玉東町に移住)

出典:玉名圏域移住WEBセミナー事務局

 Uターン移住5年目。山北小学校PTA会長を務めつつ、休日は子ども達と一緒に実家の農業を手伝ったり、自然豊かで子育てにも安心な環境での暮らしを満喫されています。

和水町 藤間敦司さん(福岡県福岡市から和水町に移住)

出典:玉名圏域移住WEBセミナー事務局

 Iターン移住2年目。福岡に仕事の事務所を残し、和水町と福岡県の2拠点生活を実現している藤間さん。肥後民家村の古民家で「お結び図書館」を経営されています。

南関町 森本和臣さん(福岡県北九州市から南関町に移住)

出典:玉名圏域移住WEBセミナー事務局

 Iターン移住4年目。南関町 地域おこし協力隊の第1期生として活動。任期終了後に「起業支援補助金」を活用し、簡易宿所「俺家(おれんち)」を開業されました。

熊本県玉名圏域移住WEBセミナー

日時:2月20日 (土) 10:00~11:30 会場: WEB会議ツール ZOOM 参加費:無料 定員:20人(応募多数の場合は抽選) 申し込み:下記申し込みフォームから ※メール、はがき、FAXでも申し込み可能です。下記項目を記入し、送付ください。 【氏名、住所、年齢、連絡先(電話番号、メールアドレス)、参加したいと思った理由】、セミナーで聞いてみたいこと、検討している移住地 ※【】枠内は記入必須 申し込み締切:2月12日(金) 問い合わせ先:玉名圏域移住WEBセミナー事務局(福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館15階 西日本新聞広告社内)  電話番号:092-711-5025 (営業時間 平日9:30~18:30) FAX番号:092-721-9845 Eメール:iju@nsk-ad.jp ※参加者には2月18日(木)までに、ZOOMの登録方法及び当日の参加方法を記載したマニュアルを送付します。  応募多数で抽選となった場合、当選されなかった際の連絡は行いません。 <個人情報の取り扱いについて> 「玉名圏域移住WEBセミナー」への参加をお申し込みいただいた際にお預かりした個人情報は、以下の目的に利用させていただきます。お申込みいただきました内容は事務局で適切に管理いたします。 ・同イベントの運営についてのご連絡等 ・参加特典の発送 ・セミナー開催後の玉名圏域の移住情報やイベント情報などのお知らせ

「移住WEBセミナー」申し込みフォーム

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる