まさか… 帝王切開当日の夜に起きた悲劇! 辛い痛みの正体は!?

これは長男を出産した時の話です。逆子が理由で予定帝王切開で出産になりました。初めての入院と手術に緊張MAXだった私。まさか帝王切開当日の夜にあんなことになるなんて思ってもいませんでした…。

目次

初めての出産

出典:写真AC

 妊娠中から体調が優れなかった私は、産院に実家近くの総合病院を選びました。さらに逆子だったため、予定帝王切開をすることに。今まで入院も手術もしたことがなかったので、息子の誕生が楽しみな反面、不安な気持ちを抱えながらマタニティライフを送っていました。  そして帝王切開の前日に入院。翌日の手術は朝9時からで無事に終了しました。下半身麻酔で意識はあったため、産まれたばかりの息子と手術室内で対面することもでき、とても嬉しかったことを覚えています。

帝王切開の手術後とは

 私の場合、術後6時間くらいは麻酔が効いて痛みはそんなになく、付き添いの家族と会話することもできました。しかし午後4時頃からお腹がジンジンと痛むように。血圧計やフットポンプなど体中に機械が繋がれて身動きが取れないことも不快でした。午後7時頃には家族が帰宅し、熱も出て、心細い気持ちになっていました。  手術当日はご飯も食べられないため、とにかく寝るしかありません。赤ちゃんはナースステーションで預かってくれました。  担当の看護師さんからは「寝返りをした方が傷の治りは早いので、可能であれば寝返りしてみてくださいね。」とアドバイスが。まだ腹筋に力を入れることはできないので、腕の力でベッドの柵をつかみ何とか寝返りをする状態でした。

そして消灯後

 夜9時には消灯。いつも起きている時間なので眠気はありません。 でも「赤ちゃんのお世話ができるよう、まず自分が体力回復しよう」と決め、とにかく目を瞑るように。しかしお腹の傷がズキズキ痛くて、全く眠れそうにありません…。その時は、背中に硬膜外麻酔を入れていました。痛みが強くなってきたら、自分で手元のボタンを押して麻酔を追加、痛みを和らげる仕組みです。この硬膜外麻酔が心の支えでした。  数時間経ちましたが、さらに傷が痛くなり眠れない状態が続きます。熱も上がり汗がダラダラ出ていました。看護師さんに氷まくらやクッションをもらったりしますが、とにかく痛かったです。後陣痛もあったのかもしれません。ただ手術を経験したことがなかった私は「これが手術の痛みか… 耐えるしかない。」と思いました。どんなにお腹が痛んでもなるべく寝返りはするように努力しました。

翌朝分かったこと

出典:写真AC

 結局あまりに痛くて、一睡もできないまま朝に…。病院の朝は早く朝6時には採血が始まります。フラフラの私のベッドにも看護師さんが来ました。 「採血しますね〜。あら…。」 看護師さんの表情が一瞬こわばりました。 「硬膜外麻酔が外れていますね。」 とのこと。見ると、腕の部分でいくつかのチューブをまとめていた器具の1つが取れています。  なんと、何度も寝返りをうっているうちに、硬膜外麻酔のチューブ連結部分が取れていたというのです。つまり、痛かったのは麻酔が効いていなかったから…! どおりで同じ日に手術した隣のベッドの人は、ぐーぐー寝ていたはずです。  数か月後もう一度手術をする機会がありましたが、その時は麻酔がきいていたので手術当日の夜も寝る事ができました。  今となっては冷静に振り返ることができますが、当時はあまりの痛さに大人になって初めて泣いてしまった衝撃の出来事でした。 (ファンファン福岡一般ライター/草餅かしわ)

「明日、帝王切開をしましょう」まさかのタイミングで出産したママの悲劇

「嫁の逆子が直らない!」と涙する姑にドン引き…その結末は?

病院と希望が合致!? クリスマスが誕生日になった娘

出産祝いに! ベビーブランケット10選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる