Cubot Note 20Pro(SIMフリー)に機種変した件

いつものグルメネタと異なり、今回はスマホです。 Cubot Note 20Pro(キューボット)というSIMフリーの格安端末に機種変してみました。

目次

Cubot Note 20Pro(キューボット)が届いた

 HUAWEI、OPPO、Xiaomi、Lenovo等は聞いたことありましたが、Cubot(キューボット)というメーカーは知りませんでした。  ただ、全くケータイに思い入れが無い私は躊躇せずソッコーで購入! と言うのも、今回購入した「Cubot Note 20Pro」は、 OS:Android 10.0 言語: 多言語サポート CPU:Helio P60(MT6771) ストレージ:8GB RAM + 128GB ROM 画面サイズ:6.5インチウォータードロップスクリー メインカメラ:SONY IMX486 12.0MP デプスカメラ:SONY IMX350 20.0MP バッテリー:4200mAh というスペック。「8GB RAM」、「128GB ROM」で約14,500円(送料込み)ですよ!数字だけ見るとかなり安いです。(今回はAliexpressで購入)  はるばる海を超えて、約2週間で到着しました。

出典:unag2000

 箱を見た感じやや高級感あります。

オープン・ザ・箱

出典:unag2000

 思ったよりでかい! 6.5インチを侮ってました。調べたところ6.5インチ=16.51センチメートルだそうです。 「インチ」に馴染みがないので、ピンときてませんでしたが、想像以上のインパクトです。

出典:unag2000

 充電インターフェースは、「TYPE-C」です。 コンセントは中国スタイルですので、変換プラグを付けるか、「TYPE-C」のコードをマッチするUSB電源に付ければOK。

出典:unag2000

 日本語の説明書もありました。 漢字がちょくちょく「本場」の字ですが、理解するには十分です。

早速立ち上げてみる

出典:unag2000

 最初からケースが付いているのが嬉しいですね。 ちなみに画面にフィルムも付いています。  早速、ケースから外して…

出典:unag2000

 背面をパカッ。  このタイプ、最近見かけないですよね。 Galaxyの初期の頃がこのタイプだったような記憶がありますが。    電池のところのフィルムを剥がして、SIMとSDを入れたら…

出典:unag2000
出典:unag2000

 電源オン! あっという間に立ち上がりました。

さぁ、これから気合い入れて設定するぞ!と思ったら…

 スマホの機種変はここからが勝負。 アプリを入れ直して、ログイン情報全部入れ直して…と、大変なんですよね~。  と、思ったら…「旧デバイスを移管」といったような案内が… 言われるがまま旧デバイスと新デバイスをポチポチしていると…  アプリも何もかんも、あっちゅ~間に全部移管されとるやないかい! お、おわった…スマホの機種変が終わりました。5分もかかってないと思います。 便利な世の中になったもんです。

出典:unag2000

 しかしながら、「RAM=8GB」というのは気分が良いですね! 格安スマホがここまできたか、と感慨深いものがあります。 顔認証機能もあるのでロック解除も楽チンです(マスクしていたら認証されず)。 カメラが4眼というのはどこに需要があるのかは分かりませんが、しばらくはこちらのデバイスで撮影していきたいと思います!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる