チャペル定期演奏会「池田泉オルガンリサイタル」【ホテル日航福岡】

 ホテル日航福岡(福岡市博多区)のチャペルプリエール第215回定期演奏会「池田泉 オルガンリサイタルー聖俗ヨーロッパの新年の音楽ー」が1月17日(日)に開催されます。

目次

新年のコラール(讃美歌)は星がテーマ

出典:ホテル日航福岡

 ヨーロッパの新年の音楽といえば、ヨハン・シュトラウスを中心としたウィンナワルツ。ニューイヤーオペラなども華やかな雰囲気に。しかし、キリスト教の上ではまだクリスマスであり、新年に入っても教会音楽はクリスマスの続きであることを実感することはあまりありません。

出典:ホテル日航福岡

 イエス・キリスト誕生の場に居合わせたとされる、当時でいう天文学者である東方の3人の博士達は、「新しく生まれた王」を拝むため、占星術により星に導かれ来訪したのは年が明けてからと言われています。  それが「公現節エピファニ」と呼ばれる祝日であり、東方の正教会ではこの日とされています。  今回取り上げられるコラール「いと美しきかな暁の星」は、まさにそのためのコラールであり、レーガーとブクステフーデの作品はその主題による名作です。バッハによるその他の新年のコラールと合わせ、「聖なる新年の音楽」を取り上げます。

ホテル日航福岡 チャペルプリエール定期演奏会「池田泉オルガンリサイタル」

日時:1月17日(日)16:30開演(17:30終演予定) 場所:ホテル日航福岡新館3階 チャペルプリエール(福岡市博多区博多駅前2-18-25) 料金:一般4,000円、会員3,200円、学生2,200円(小学生〜大学生) ※全て税込み ※当日販売なし ※全席自由席 定員:50人(先着順) 曲目:J.S.バッハ「パッサカリアとフーガ ハ短調」・コラール「古き年は過ぎ去り」、D. ブクステフーデ コラール「いと美しきかな暁の星」、M. レーガー コラール幻想曲「いと美しきかな暁の星」他 チケット購入: <Eメールで> 件名【チャペル定期演奏会チケット希望】、氏名(会員番号)、住所、電話番号、希望公演、種別、枚数を書いてchapel@hnf.co.jpにメールで送付。 <オンラインショップページから> 下記公式サイト内の申し込みフォームから。 問い合わせ:ホテル日航福岡チャペル担当 電話番号:092-482-1111(10:00〜18:00)

ホテル日航福岡 オンラインショップ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる