子育て世帯臨時特例給付金ってなに??その1~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#12

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。 とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   2014年4月1日 数年ぶりに消費税が5%から8%に上がりました。   いや~缶コーヒーは130円になるし、100均は108円となり… なんだか地味に「あちゃー」と感じてる私です。

出典:ファンファン福岡

これって…子育て中のご家族にとってはどうなんでしょ??   そんな感じで、今回はお金について少し考えていきます。   そもそも… 子育て世代が何にお金がかかるでしょうか??   多くは子どもが幼稚園や小学校に通い始めてからですね。 大きくかかってくるのは授業費とかとか。   しかしそこら辺の出費は大体予想がつきますが… それ以前…私のような0歳とかの子育て真っ最中にはどれだけ、何にかかるのか?   1・衣服など 洋服とかおむつとかですね。今や布おむつも少なくなり、紙おむつが多いです。 サイズやメーカーで違いますが、50~80枚とかで1200円ぐらいします。 1日5~6回変えれば、10日でなくなります。洋服とかも、すぐに大きくなりますが…かわいい洋服などを着せたくなります。(笑)   2・ベビー用品など これは布団やベビーベットやチャイルドシートなど。これは生まれる前から準備ができますが、そうは安くはなく…また安全性とか考えるとそれなりにします。しかし買わずにはいられません(特に車のチャイルドシート)   3・祝い事や貯蓄など 祝い事は、お宮参りや百日祝いなど子どもの誕生を祝うものですが、それにもやはりお金はかかります。また子どもの将来を考えての貯蓄や保険等にするのならまたかかります。   年間では…50万ともいわれています。   それに加え…   勿論のこと、自分たち親子の生活費や家賃などがかかります。 また共働きとしたら、奥さんは育児休暇となれば収入は減っている中でのやりくり。   わおーーーーー!!!!   単純計算で… 100万で前の消費税5%なら…105万   それが… 今の8%なら…108万で…3万の差となります。   あいたたたたたーーーーーー!!

出典:ファンファン福岡

勿論勿論、その消費税がこれからの社会の為と思えば… 良いのですが…(もうなっていますのでww)   そこで国がこんなのを打ち出しました!! 子育て世帯臨時特例給付金   子育て世帯臨時特例給付金とは 平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。 また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するものです。 (平成25年度一般会計補正予算(第1号)(平成26年2月6日成立))   支給対象者 基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。   対象児童 支給対象者の平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の対象となる児童を基本とします。ただし、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)の対象者及び生活保護の被保護者等は対象外です。   給付額 対象児童1人につき 1万円 (厚生労働省HPより) ということらしいです!!

出典:ファンファン福岡

でこれいつ?どうやって?貰えるんですか~~??   続きは次回⇒#13 「子育て世帯臨時特例給付金ってなに??」その2  【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.6.3時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる