「幼稚園?保育所?どうする?…」その1~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#17

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。 とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   2014年、今年も上半期が終わり…下半期に突入!! いや~早いですねwwあっと言う間に、今年が終わっちゃう。 そしたら奥様の育休も終わってしまいます。   ということで、只今奥様と議論していることがあります。 それが来春からの娘ちゃんのことです。   奥様の育休は、娘ちゃんが生まれた1月末まで それ以降は仕事へと復帰します。そして私も勿論仕事です。 ということは…娘ちゃんをどこかに預かってもらってもらわないといけないです。   ん~~早い段階からの集団生活が良いのか悪いのか あるいは実家や周りの協力を得て入れずに過ごすのか、無理してどこかにいれないといけないのかなど…

出典:ファンファン福岡

色々とその辺は各々の家庭の事情や子育て感で違うので…何が正しいのかなんてはさて置いて…今回はその辺のお話。 まず子どもを預けるとなるとまず思いつくのが… 「保育所」と「幼稚園」   皆さん、違い知っていますか??   ●そもそもが管轄が違う!! 幼稚園は学校・保育所は保育所という感じなので… 国の管轄が…幼稚園は文部科学省・保育所は厚生労働省となっているので、それを定める法律も学校教育法・児童福祉法と全く違います。   同じぐらいの子どもを預かっている所ですが、そこんとこから根本的に違います。 幼稚園は学校・保育所は児童福祉施設となります。   なので、働く為の資格も違います。 私のように保育士資格を持っていても、働けるのは保育所のみです。 ●実は子どもが違う 子どもは子どもですが、預けられる年齢が違うのです。 幼稚園…満3歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児 保育所…何らかの理由によって十分な保育が受けられない0歳から小学校入学前までの乳幼児を対象として保育を行う   幼稚園は分かりやすいですが、保育所はなんだか分かりつらい。簡単に言えば、その保育所(もっと上を言えば行政など)がOKしたら、0歳からでも預けることができるということです。   幼稚園は3歳からが一般的です…なので年少・年中・年長組という感じです。 しかし…現在ではその幼稚園でさえ社会の動きに合わせて、未満児(3歳未満)のクラスを扱う幼稚園も増えてきています。   ●誰でも入れるわけではないです。 問題はこれ!!どちらとも、好きに入れるわけではありません。 そもそも保育所の方が…前記でもお伝えした「何らかの理由によって十分な保育が受けられない0歳から小学校入学前までの乳幼児を対象として保育を行う」という点。この【十分な保育が受けれない】がキーポイント!! そのポイントが入所の関門となります。その要件は… 1・保護者の居宅外就労(フルタイム労働・パート労働・業としての農林漁業など) 2・保護者の居宅内労働(自営・内職など) 3・産前産後 4・保護者の傷病または心身障害 5・同居親族の介護 6・災害の復旧   などがあげられる。

出典:ファンファン福岡

そう簡単に言えば…共働きです。 両親とも共働きとなれば保育所・常に保育できる人が家庭にいれば幼稚園となります。 この点が結構な社会問題の原因とも言われています。 【待機児童問題】 共働きが増え…どうしても保育所に入れないといけない…でもその保育所にも人数というものが定められている…しかし入れないから家庭で保育したくても会社が休みをくれない…まさに悪い流れが生む問題です><

出典:ファンファン福岡

そこで各市町村が掲げているのが… 『待機児童ゼロにします。』宣言!!   さてこれはどうなっているのか?? →#18 「幼稚園?保育所?どうする?…」その2  つづく

※情報は2014.7.8時点のものです

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる