「初めての贈り物―あなたの名前」その1~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#23

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。 とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   花束におかしにおもちゃに指輪に… 人は生まれたから、色々なものを贈り物として贈ったり貰ったりする。 喜び、嬉しがったりと…贈り物はいいものです。   色々なプレゼントを貰っていくんのですが… 誰しもがまず初めに貰うプレゼントは同じ!!   そう…生まれてこれから一緒に歩む「名前」である。   必ず人には名前が付いています。 それは人としての証でもあり、存在を意義するものである。   生まれた子どもに対して… 親が最初に贈るプレゼント。   今回はその「名前」についてです!!

出典:ファンファン福岡

皆さん付いてますよね~名前?? 太郎や二郎や花子や聖子や…もうその多様性は様々。 現在ではキラキラネームとやらもありますね~w 個人的にはNGですが(一旦スル―します)   ちなみに去年2013年の名前ランキングは… (某生命保険会社調べ)   男性…1・悠真(ゆうま)  2・陽翔(はると)   3・蓮(れん) 女性…1・結菜(ゆいな)  2・葵(あおい)   3・結衣(ゆい) となっております。   結構、世論や流行りがありますね。近年は東日本大震災の復興などをきっかけに… 「結びつき」という「結」が多くなっていますね。   このように… 子どもには何らかの想いや願いを込めて、親は名前を決めます。   名字との関わり・意味合い・漢字やひらがなのバランス・漢字の意味・字数などなど… それはそれは、簡単ではないプレゼントですww   しかしながら…必ずプレゼントしないといけません。それが「名前」!!   そしてそのプレゼントには期限があります。   【産まれて2週間以内に出生届けに記入し役所に提出】です!!   ということで、もう妊娠3か月ぐらいで早ければ性別が分かります。 もうそこからどれにしようかなど?名前のプレゼントの悩みが始まります。   しかしながら…実際に産まれた子どもの顔を見ないと分からないっていうのもありますし、その時だけのノリでもいけませんし、一生共に過ごす大切なモノなので…そのプレゼントには責任と伴います。   なので悩みに悩みますww 私もそうでしたww

出典:ファンファン福岡

妊娠3か月ぐらいには性別が確定していたので、そこから本屋さんにいっては命名の本を見たり、色々考えたりが始まり…奥さんの意見も聞き、また悩んだりしつつ…結果、決定したのは、生まれて3日後でした。それだけ悩みました。   それだけの責任がこの名前というプレゼントには大きい!!   その中で思い出すのはこの事件… 1993年に起こった「悪魔くん命名騒動」   「悪」も「魔」も、命名に使える常用漢字の範囲ではあるが、当時から「あり得ない!」と思っていましたが…自分に子どもができ、まさに命名しようとした時に…「絶対にあり得ない!!」と思いました。   今の世の中も…流行りもあるとは思うが… 「それはかわいそうだ。」という名前の子がいます。   まるで自分のおもちゃのように…。   何かしらの意図があったには違いないが、その子の人生において大きなこと。 ほんとよくよく考えてプレゼントしないといけません。

出典:ファンファン福岡

それが子どもの「名前」であり、親の初めて責任でもあります。   おっと…こういう話をするつもりはなかったのですが… まったまにはいいでしょww   さ~次回は、この話題で明るくいきたいと思います。 →#24 「初めての贈り物―あなたの名前」その2につづく。  【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.8.19時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる