「初めての贈り物―あなたの名前」その3~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#25

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。 とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   さ~いよいよ子どもの名前の話ですw 2週間お待たせしました。   自分自身の名前の由来もしっかりと理解し、そして最近の傾向も調べたりしつつ、 しかしそれでも悩みまくりでしたww   前回 私が仕事柄、子どもたちに触れることが多くて…どうしてもあの名前やその名前などに対してのイメージが多すぎて、どうしても会ったことのある名前などは自然と避けてしまっていましたww   そうなると…ほんと選択肢が少ない少ない。   ともあれ…私自身だけで決めるわけでもないので 奥さんとかともいっぱい話し合ったりしてきました。   妊娠3カ月でもう性別が分かっていたので… とにかく女の子の名前を本屋さんに行っては、命名辞典をよく読んでいました。   あっちの本に…こっちの本… ほんと読みあさりましたw

出典:ファンファン福岡

しかし大体同じだし、また悩む一方ww   で、もうとにかく色々と考えました。   「こんな子に育ってほしい!」という想い   「この名前は好き!」という憧れ   「これなら覚えやすい!」という印象   「漢字が書きやすい!」という字   「これなら名字との運気がいい!」という相性   「この季節に産まれるから…」というイメージ   などなどなど…   奥さんや両親などにも聞き、本を見たりしながら悩みました。

出典:ファンファン福岡

でも…候補いくつかに絞ることが出来ましたが結果… 「生まれてから顔見ないとね~」という答え。   親御さんの中では、もうお腹にいる時から名前決めて、 話しかけている親御さんもいます。素晴らしいです^^   私たちはそこまでには決めれずに…生まれてから3日後に ようやく決定しました。   それは生まれてくる時のその日の感じや名字との相性、私たちの想いなど すべての意味を含んだ名前を贈ることになりました。   まさに子どもに贈る 私たちからの初めての贈り物   気に入ってくれているかな^^ そしたら嬉しいな。

出典:ファンファン福岡

あなたがいつかママになる時… きっと色々な想いで、また贈り物をするのだろう。   その時にでも、この贈り物の本当の意味を分かってくれると嬉しいな。   いや~こんなに贈り物で悩んだことないな~ww   名前って大切にしなきゃね!!   で、悩んだ末に決めた名前は…心が晴れると書いて「心晴(こはる)」にしました^^ まっ「心」を「こ」と読ませるのは現代風ですが…ww もうその想いは…表紙の命名書をお読みください! →#26 「子育て世帯臨時特例給付金の申請はお済ですか?」その1につづく。  【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.9.2時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる