おばあと高級下着から学ぶ『商売』について ~NAI・NAI起業のなまはげみきvol.25

♪NAI-NAI-NAIお金ない、NAI-NAI-NAI 場所もない、NAI-NAI-NAI でもとまらない~. お金も人脈も知識もなく起業した太刀山美樹です。   オレオレ詐欺もいま姿形をかえ、いろんな方が被害にあっていると聞き、実家の母に「うちは大丈夫?」と聞いてみた事があります。すると、やはり「息子だよ」と名乗って電話がかかってきたらしいが、私たちは3姉妹。おかげでひっかからずにすんだようです。   以前、ローカル線に乗り換え、のんびり移動中に出会った70代?のご夫婦。服装も雰囲気もほのぼの、電車に大きなスーツケースを抱えたご夫婦は、(隣り合わせの席が空いてなく)通路を挟み隣り合わせの席に座られました。その通路越しにおじいちゃんに大きな声で話しかけるため、ひとつ後ろの通路の間に立つ私に会話が聞こえてきました。   「改札をぬけようとしたら、カードが吸い込まれておおごとしたとよ!」   そう聞こえた時、私はその方がなにか間違えて入れてしまったんだな。(失礼ながら)ついつい年齢的なものからか…そう思って聞いてしまっていました。   「NY行く前はいつもバタバタするやん。それなのに、田舎のばあさんと思って…」   へ!?NY?いつもって、このおばあちゃん、ただものではない?   どうも、この方は、渡米前、日本で自動改札をぬけようとした時、(まだ残高がかなりある)プリぺイドカードを入れたら、返却で出てこなく、そのまま吸い込まれてしまった。駅員に「調べて」というのだが、違うカードを入れたのだろうと取り合ってくれず、腹立たしい思いがしたというものだった。   「間違いなくあのカードは、何万かまだ入っとった!!改札機の間違いなのに、のらりくらりの対応され、すぐ調べて欲しいけど、飛行機の時間がないから、帰国の日に電話くれと言うのに、駅員さんは、はいはい…みたいな生返事やった。ありゃあ~、あたしのことは完全なボケたばあさん扱いやった。」   「へぇ」   「…で!!さっき電話あり、やっぱりでてきた!   3万いくらかあるカードがでてきたと連絡があった。ほらね!!年寄りでもしっかりしとると!あ〜〜気持ちのよか〜。しかし、まあ〜日本のJRさんは偉いわ。そんな言いながらも、全部調べてくれたんやから…NYの改札でなくてよかった。」   「ほぉ」   「あ!!そうそう日本のJRといえば、いろいろ考えとる商品だしてとるよね。あれは誰に向けてのプランか、考えたんやけど…」   しばらくすると、そういえば…と、おばあちゃんの話は別方向に向いていった。 (ちなみにおじいちゃん、おばあちゃんの話には興味なさそうで、はあ…とか、ほお…の返事。だが、おばあちゃんの勢いはとまらない)   「知り合いの孫娘さんが、どうしても私に話がしたいと言うから、会ってみたら…。お若く見えるとか、すてきなお家ですねとか、ココロが全然こもっとらんことばっかり言う。ピンときたら、やっぱモノ売りやったたい。   しかも…、あたしに売ろうとするモノが、矯正下着!?   こげなばあさんに売りつけるとは…。ピンクやった。だいだい今更どげんするよ!!えらい高いとを!あたしがお金を持ってそうに見えたのやろうが。だ〜いたい、考えがズレとるもん。また金額ほどもないモノなのに、えらい高い。この人は、いつも年寄り相手に、これを売って回っているんやろうかと思ったら、ばあさん代表として、ついつい…してしまったたい!ふふふ…」

出典:ファンファン福岡

それで、それで…と、たぶん電車内の前後3列は話の面白さに聞き入っていたとおもう。   以下、おばあちゃんの話から推測した会話のやり取りをレポートすると…   おばあ:サイズが別なのがよかけど、他のはあると?   店 員:はい!ぜひご試着を。ほかのも車にあるので、とってまいりますよ。   おばあ: まあ~、あなたはこげん高い商品はいつも車に乗せとると?   店 員:はぁ…   おばあ:いまね…車上荒らしは本当に怖いらしいよ…   店 員:え?   おばあ:まさか夜はそのまま載せてないよね   店 員:…   おばあ:この仕事している間にも…   「向こうは私の事、ひっかかったと思ったろうけど、こっちのセリフたい。営業なら負けん。こっちは何年しよるとおもっとると?カカカ(大笑い) …で、うちの会社でも一番新しい、車のセキュリティーシステムば、お買い上げしてもらった。ハハハッ…年寄り、だまそうなんてするけんやん。かえって何倍もするのを買ってもらった。でもね、ここが大事。あたしは、ちゃ~んと相手を考えて、相手のいるもので、商売したとばい!」   この話を笑いをかみ殺し聞いていたが、最後のセリフに「おお!」と感銘をうけるなまはげみき。   そっか…商売って、誰に何を売るかだけじゃなく、相手の方の<困ったな>から<こうだったらいいな>の気持ちを考え、実現できるように、一緒に行っていくこと。   <お金をいただくということは、モノを売るのではない。喜んでいただいてなんぼやねん>それこそが商い。(なぜかこういうのは関西弁が合う…)   私の目には、おばあちゃんが『目には目を』のオレオレ詐欺もやっつけるスーパーおばあから、舞いおりてきた『商売の神様』に見えてまいりました。もしかしたら、ビリケンさんだったのか…

出典:ファンファン福岡

そして、私に教えを説いてくださったその神様は、おじいちゃんにあつく話してたため、降りる駅をすぎ、すごい勢いで降りていかれました。その後ろ姿に、心の中で私は拝みました。「神様、ありがとうございます」   目の前の<困ったな。こうだったらいいな〜>を抱えた方のために何ができるか?私たちMIKIファニットも考えていこうと思います。そのためにも、まずはいろんな話を聞く事って大事だなと思います。仕事のあとのアンケートってありがたいです。時には、グサッとくることもありますが、生のお声は貴重です。次への伸びシロだと思います。

出典:ファンファン福岡

ちなみに…(こちらは全くの余談です) ユーミンはずっと恋愛の曲を書いているが、年齢を重ねてもなぜあんなに書けるのか?ひとの何気ない会話を聞いているというのを聞いた事があります。   (これはお客さまの声を聞く事では全くないのですが w)先日、急ぎの仕事の原稿を書いているスタバの横の席で、20代女性が二人、ニコニコとずっと大きな話し声がしていて。 「ひろし、つよし、ひとし、ひろし・・・・」   私は仕事にかなり集中していたのではじめ気にもならず、パソコンをうちまくっていたら会話の一部が、突如耳に入ってきました。身内に同じ名前の人がいるから聞こえた話しと思うのですが、   「私が7日つきあった男の名前がひろしで、そのあと、10日つよしで、2ヶ月ひとしで、まさかの次が、ひろしとよりが戻って・・・もうわからんっちゃん。うけるよね〜〜でさ、その次がまたまさかの〜」   「へ〜、仕事やけど資格が…」   相手の女の子のかえしが、全く違う話題になってしまう。これが女性の話の特徴ですよね。   そのあと、一体なんて名前の男の子とつきあったんだろう?きっと二度とこの話題にはならない。ちょっと気になるけど、直接聞く訳にもいかないし…。そしてまた、耳に入らぬシャカシャカ仕事モードに戻りました。   しかしながら、ここでの学びもありました。 うわさ話をするには、場所もご注意。どこに耳があるかわからない。そうとも学んだミニ神様たちでした。街には学びの神様がいっぱいです。ありがたや…。   読んだよという方、♡マークをポチッといただけると、嬉しいです。 (毎週コラムを書いているのですが、単純な人間なので来週への活力になります w) 【火曜サスペンスMIKI劇場は、毎週火曜日午後10時更新です】

※情報は2014.9.2時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる