「あっ危ない。子どもへの危険防止」その1~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#31

1982年1月21日、 午後3時26分 この世に生まれ…早32年。 とうとうパパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   一応、前回の続きの流れですw事件や虐待から、今回からは日常の生活の中で起こりうる事故などの話 #31『「ありえないでしょ?子どもの扱い方」その2』  勿論、わざとではないけど…何気ないところで子どもは怪我したりします。   子どもの動きの中もあれば、保護者の扱いもあります。ほんと気を付けないとですね。   いよいよ我が子も生後八か月となり…とうとうつかまり立ちが始まりました。   そうなると…なんでもかんでも手を伸ばしては、掴まって立とうとします。

出典:ファンファン福岡

机、柱、壁、段差… しまいには、私の脚・扇風機・ゴミ箱など不安定なものでさえ立つ為の支えとしようとします。 まさに…「危ない!!」という場面もあります。   まだまだしっかり立てないながらの立つ練習なので…脚は不安定。   で手を使ってから立とうとするので、その手を伸ばす距離が遠かったり…手の力を抜いたりすると…   そう…あごからドス――――ン!!! あごから床に打ったり、その掴まろうとするもの(机や段差など)にあごから打ちつけ怪我をしてしまいます。歯でも生えていたら、それで切ったりもする恐れがあります。   気をつけてーーーー!!   それと同時に…室内の様子ですね。   机の上には手を伸ばせば届きますし、何でも興味津々な時期手を伸ばして掴めるものは掴み、取れるものは取ります。

出典:ファンファン福岡

結果、それをどうするか??   すべて口に運びます!!それが赤ちゃんの当たり前の対応!!   となれば…紙だろうがリモコンだろうが携帯だろうがなんでもかんでも口に運ぶんです!!   そうなると注意すべきは「誤飲」   赤ちゃんの誤飲事故で最も多いのはタバコ(ニコチン中毒の恐れ)であるという。他にも、口に入りやすい小さな物として、蓋(ペットボトルのキャップなど)、化粧品類、ボタン型電池、アクセサリー、玩具(スーパーボールなど)、文房具関係などが挙げられる。   これらは何気にテーブルの上などにあったりします。 子どもが出来るまでは、そうは気にしてなかったことや危ないと思わなかったものも…赤ちゃんにとっては命にも関わる危ない物となります。   子どもの成長に対応し、室内の整理整頓もするべきです。

出典:ファンファン福岡

誤飲には十分に 気をつけてーーーー!! で、誤飲については詳しく話すと 赤ちゃんから乳児、幼児期については…ティッシュペーパーや紙などを口に入れていた、というような状況は100%起こるといっても過言ではありません。   この辺については、下からうんちとして出てくるので大丈夫で多くは、危険性は高くありませんが…いくつか危険なものがあります。覚えておいてほしいものは3つです。   1・ボタン電池…携帯ゲームやラジオなどで使用するボタン型の電池。飲み込んだ電池が胃の中に入ってしまうと、それほど危険性は高くありませんが、食道にとどまると、たいへん危険です。分の単位で食道の粘膜がただれはじめ、中には大動脈まで穴が開いて死亡することもあります。

出典:ファンファン福岡

2・灯油…もう飲み込めることができるので、水と間違えて飲み込むことがあります。胃から逆流すると、灯油の蒸気が気管から肺に入り、ひどい肺炎を起こします。   3・キャンドル・オイル…色がついていることが多いので、美味しそうなお菓子とかと勘違いして飲み込む子がいます。これも灯油と同じ状況で、肺炎を起こします。   赤ちゃんや子どもも誤飲については…そのほとんどが家庭内で起こります。(全体の9割以上)   そして夕方から夜という…家庭でも慌ただしい時間帯に起こることが多いようです。   とにかくそのような危険であろう物を誤って飲み込んだ場合は…すぐに救急車を。(無理に出した方がいい物や出さない方がいい物などありますので…決して素人判断でしないことをおススメ致します。)

出典:ファンファン福岡

まだまだ言葉だけでは行動できない子どもの時期 親が…家庭が…気を付けながら、防止していくしかありません。   皆さん、気をつけてーーーー!!   ⇒#32「あっ危ない。からの子どもへの危険防止」その2につづく 【毎週火曜日正午更新】

※情報は2014.10.14時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる