仕事も子育ても、限界。うしろめたいと思っていました。~NAI・NAI起業のなまはげみきvol.38

♪NAI-NAI-NAIお金ない、NAI-NAI-NAI 場所もない、NAI-NAI-NAI でもとまらない~. お金も人脈も知識もなく起業した太刀山美樹です。   2週続けて、あ〜〜もうオマエの話はおなかいっぱい。もういいぜ。 そんな声が聞こえてきそう… ごめんなさい。太田胃散をお届けしますのでと始まった なまはげコラム。実は今週もまた・・・ 奇跡をよびました。   全日本チア大会にて、審査員特別賞をいただきました!

出典:ファンファン福岡

ALL JAPANチアダンス選手権大会 in 東京体育館 全国の壁は高いね、、とつぶやいていたら、なんと、審査員特別賞

出典:ファンファン福岡

全員でもらった賞だと思います。子ども達の努力する姿に感動
保護者、関係者、遠くから応援にきていただいたみなさまありがとうございます。   そして、この光景どこかで。。
まさに2週間前の、MITビジネスコンペ、英語プレゼンした、、、 (MITの英語のプレゼン 九州大学大学院合格)   これは選手コースの子ども達全員で またミキファニットキッズが全員で とったと思っています!   ピルエットというくるくる回る技があるのですが・・・ 回転数が多くなると高得点になります。 でも、カラダがぶれやすくなります。 ミキファニットが大切にしていることは、まずトライすること! そして自信をもってステージにのぞむことです。 だからむやみに回数を増やすことよりも、 「まず1回転を全員でキレイに決めるんだ!」という、 担当講師の気持ちが見ていて、本当に伝わってきました。

出典:ファンファン福岡

賞もうれしかったのですが、特に感動したのは、 この1年間の子ども達の心の成長の伸びです。 「がんばってよかった」とつぶやく子ども達。   そうなんです!目標って、ここまでと期日がハッキリしていると 頑張りやすいのではないでしょうか?。 例) ○学校生活なら…発表会、体育会、定期試験、入試まで ○ダイエットするぞ!なら…結婚式まで、デートの日まで    期限があれば見通しもつくため、カレンダーにあと何日と書け、目安もつきやすい気がします。   その点、子育てのゴールって長い。 どこをもって、目標達成とするか…   仮に、目標を成人式とするなら、20年かかります。 25歳でスタートしたら、親は45歳に…。先の長い話です。 

出典:ファンファン福岡

 子育ての先輩ママから 「そんな悩みも、イマだけよ〜」と言われていましたが、 成長とともに出てくる悩みもあるし、自分の環境も変わるもの。 ましてや言われた方にとっては、その『イマ』がしんどかったりするものでした。 そんな時、理想いっぱいの愛情いっぱいの 「子育てがんばろう」講座を聞きにいくと、だあ〜〜と落ち込むものでした。   私は専業主婦から仕事を始めていき生活が一変し、 どこか子どもに後ろめたい気持ちがありました。 どこか仕事に後ろめたい気持ちがありました。   家事の手抜きはしていても 保育園と仕事だけでもパンパン。              保育園へ急ぐときに限って、 「うわ〜〜ママ、見て〜。アリさん」 歩道脇の、アリの行列に気づき座り込む子ども達。   本来ならば、「うわ〜すごいねえ〜 何運んでいるのかな〜!」 母として、教員としても、子どもの為に 一緒に座り込んで、ゆっくり見ていてあげたいのに  「すごいね…」とサラッと言うなり、走らせてしまう母親。   「アリさん、もっと見たかった…」 ポソッとそういう子どもの声を聞き、胸が痛み 寝顔を見てすごく後悔してしまったこともあります。 「ごめんね。めいっぱいしているけど、全部中途半端なんよね…」

出典:ファンファン福岡

その頃の私は26歳。 もう一度、ゼロからスタートするためにも、 ブランクを埋める勉強が必要だと思って、 自宅から、片道40km弱ある運動施設に仕事に行っていました。   8時間、職場にいました。 仕事で入れるのは数時間、 パートで入れる午前の時間、時間がずっと空いて夕方のキッズクラス。 結構長いのですが、仕事で入れる時間は少なく、保育料が上回っていました。 希望しても22時までの交代勤務ができなければ、正社員にはなれません。 でも贅沢は言えません。 2歳と1歳の子育て中の私を雇ってくれたのは、こちらだけでした。   保育園からの呼び出しの電話はヒヤヒヤしていました。   子どもはよく熱がでます。  しかも交代で。 夫は休みが取れません。 (幸い義母が見てくれる事もありましたがやはり毎回は難しく)   母親である、パートである私が休みや早退となるため 回数もちょこちょこでは、やはり職場にも迷惑をかけます。   迎えに行く道のりの長さ、よく泣きながら40kmを運転していきました。 今も、たまに同じ道を通ると、あ、この道…と必ず思い出します。

出典:ファンファン福岡

仕事も、子育ても、家事も、中途半端…・ ワタシハ、ナニヲ、シテイルノダロウ 先の見えない闘いをしている。   ある時、保育園の呼び出しで、帰る直前に上司に呼び止められました。 「仕事と子どもとどっちが大事なの?私は子育てもしているけど、ちゃんと仕事もしているわよ」   あとからあの上司が言ったこともわかります。 片意地はっていた私はきっと、どこか コンナニ、ガンバッテイルノニ… の嫌なオーラをだしていたはず。 それに対し、励ましと一度よく考えなさいという意味だったのだと…   でも当時の私は、しゅんとして、心の中で言い訳するばかりでした。   「先輩と違い、うちは同居ではないんです。 他の人に迎えにと言われても夫もアテにできず。(職場を)早く帰っていると言われても、通勤に時間がかり、子どものお迎えも最後の方で… 最後の方は人数も減り、遅いお迎えはかわいそうで胸が詰まります。 仕事の為には勉強もしていますが、どうしても時間が足りません。 これ以上どうしろと…私はどうしたら…」   もちろんそんな事、上司に言える訳もなく、 家族に愚痴ると、辞めればと言われる。 子どもの前でも、泣いたらダメだ。   だから一人になる車の中や、子どもの寝顔を見てよく泣いていました。   いま思うと いっとき、私は、おかしくなったかなと思った時期がありました。

出典:ファンファン福岡

なにひとつ、する気力がなくなったのです。   仕事後、保育園から戻るとご飯を食べさせはするものの、 見渡すと、ぐちゃぐちゃになった部屋。 明日ださなきゃいけない仕事のレポートも、全然できていない。 なにかの拍子に子ども達が泣き出しました。   その瞬間、ぜ〜んぶ嫌になったのです。   私は気がつくと、トイレにひきこもって大泣きしていました。 「ママを、ううん、私を独りにして!」   しばらくしてトイレから出てきても、涙が止まらず… 子どもの前では泣かないとおもっていたのに、 部屋の片隅で、カラダを小さな体操座りにして、   何が悲しいか、もうわからなくなりながら、 ただワ〜ンと泣いていました。   その時は、子どももビックリしたと思います。 泣いていたのをやめ私を見て、きょとんとし… すると、しばらくして   3歳になった上の娘が、私の背後に近づき、おもむろに   背中をと〜んと〜ん… やさしく私の背中をリズムを取るように…、そして   「だいじょうぶ、だいじょうぶ…ももちゃんがいるから…」   それは私が、娘が泣いている時にしている事でした。 と〜んと〜んとしながら、 「だいじょうぶ、だいじょうぶ。ママがいるから…」 そう、娘に言っていました。  

出典:ファンファン福岡

その言葉をまさかこんな小さな娘が私に… とたんに背中からあったか〜いものが伝わってきて、 背中からこころへ こころからカラダ中に、じんわり広がりました。   ・・・・ありがとう・・・・   そうやん…私は忘れたらいかん!! こんなにかわいい応援団が私にはいる。 大切な人が私を応援してくれている。 そして、私はいまやりたかった事を一歩すすめている。   子どもがいても、自分のしたい仕事ができるチャンスをもらったんだった。 誰かに頼まれて、私は今、こうしているのでもない。 自分で選んだ道やった…。 『存亡禍福、みな己にあり』 自分が決めている事なのです。

出典:ファンファン福岡

昨日、友人がこんな映像を紹介ししていました。

https://www.youtube.com/watch?v=AiTh3PNblo4

http://cybozu.co.jp/company/workstyle/mama/  この映像、東京出張の電車の中で見たから、音声を消してみていたのだけど 声が聞こえなくても、映像だけで、あ、一緒だと共感し、 このコラムの文章を、帰りの飛行機の中で書いたのですが   帰宅して、音声だして見てみたら、ビックリしました。 かつての私とあまりに同じような会話。   こんな気持ちですごしていました。   まさにあるある…です。 この働くママの共通の悩み どこか後ろめたい・・・   会社に、家庭に、子どもに、中途半端な気がする そして疲れる…   だから私は、会社を起業の道を選びました。 自分で変えようと。 この続きはまた後日に。

出典:ファンファン福岡

毎週、書いているこのコラム、「そっか・・そう言う気持ち、な~んとなくわかるよ」という方。 よかったら、みなさま。♡ポチッとをお願いします。 【火曜サスペンスMIKI劇場は、毎週火曜日午後10時更新です】

※情報は2014.12.2時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる