サクラとともに、次の挑戦へ送り出します〜NAI・NAI起業のなまはげみきvol.55

♪NAI-NAI-NAIお金ない、NAI-NAI-NAI 場所もない、NAI-NAI-NAI でもとまらない~. お金も人脈も知識もなく起業した太刀山美樹です。   サクラ開花の便りで、FACEBOOKやLINEなどSNSも毎日にぎわっています。

出典:ファンファン福岡

サクラって、私はなぜか切ない気持ちになります。   人生であと何回見ることができるのかな。 だったらあと何回を、後悔しないように…。 ならば、大切な人と見たいな。   ほかの花だって、咲くのは年に一度で、同じことなのに。   なぜサクラだけ、そう思うのだろう。

出典:ファンファン福岡

年を重ね、人生の折り返しとなったから? 大好きだった父が他界したから? 別れの季節に咲くから?   一般には、サクラが咲くのは入学式のイメージですが、 九州では、卒業式のころに咲き誇ります。 (関東では、入学式のころのようですが)   だから余計に思うのかもしれません。 サクラって、キレイだけど、どこか寂しいなあ・・・   友人にそうつぶやいていたら、 「ヨメイヨシノは一斉に咲いて一斉に散るから、 みんなに愛されるんだとおもうよ。 いつまでも咲いていたら、こうは愛されない。 短い時間にしか、見る事ができないから、 一期一会の思いで、みんな花見をするんじゃないかな」

出典:ファンファン福岡

別れの季節   子どもが小さいときは、あれほど自分の時間が欲しいと思っていたのに いざそうなると、特に大学進学で離れる時は本当に寂しいものでした。 受験してようやく進学が決まり、「よかった〜」と思いながら、卒業式。 まもなく別れが待っています。   私はこの時のサクラはつらかった。 東京、大阪と2人(長女、長男)とも離れ… 「母親定年」、そうよぶそうです。   ここが大事だともわかっています。 子離れしてあげないと、子どもも次の世界に飛び立てない。 挑戦への巣立ちを応援。(本音は寂しくもあるけど)   転勤。職場復帰もこの季節。 担当する幼児親子クラスの別れ。 マタニティークラスからのお腹の中からのおつきあいで、 「ここを卒業とおもうと、先が不安で…」   子どもを抱えての新生活「次の世界がどうなるか」 想像ができず不安。 抱っこしたまま泣き出すママを、子どもごとハグしたことも。 大丈夫。大丈夫。まるでママの母親?そんな気持ちにもなります。

出典:ファンファン福岡

そして、クラスの子どもたちとの別れも、やってきます。   私たちの、芯のつよい子を育てる運動教室「ミキファニット」では、花で例えるなら、芽が出て、つぼみの頃の子どもたちと、出会います。 ついつい身内の気持ちになってしまいます。母親のように。   乳幼児期~学童期、時間的には、長い人生の中でのほんの一瞬のおつきあい。 出会って、楽しんで、そして別れがあって… でも、その子達が 成長して、いろんな花を咲かせている姿を見るのも、私たちは幸せです。   だから、ミキファニットを安心の基地である、踏み台(ステップ)にして、はずみをつけて次の挑戦のステージに進んでもらえたらと思っています。 次にいける力は確実についています…   3月29日、福岡市の九大学研都市にある、イオン福岡伊都店センターコートで「ミキファニット春の発表会」を行いました。

出典:ファンファン福岡

3階の吹き抜けまで、お客さまでぎっしり。たくさんの観客を目の前にしたステージは1年の最後を飾るもの。 私は司会をしていて、子どもたちの成長に驚かされました。   ダンスのスキルや表現が上手くなっているのはもちろんですが、そのココロの成長に胸を打ち抜かれました。 人前に立つ経験は、何歳でも人を確実に成長させます。

出典:ファンファン福岡

○3歳児男の子 ヒップホップクラス ステージ上に立つ子が大泣きで、こんなやり取りが・・・   最前列で心配そうに見守っているママのところに、うわ〜と駆け寄っては、 ひとしきりママに訴え、すぐにまた、ステージのラインに戻るのです。   地団駄ふんでは、ママのところに 子「ぎゅ~~(抱っこ)して」 母「ぎゅ、はい、今は踊っておいで」 しぶしぶ、ステージに引き返す   また、ママのもとに 子「ママと一緒に踊る~~」

出典:ファンファン福岡

母「今は前で踊るんだよ」 あきらめて、またステージに   またまたママに 子「なんで、ママは横に来ないの!?」 母「ちゃんと待っているよ」 子「ママ~来て〜〜」   何回もそう泣き叫びます。 ママ~~~と叫んで・・行っては戻る。 この繰り返しをしながら、結局最後までがんばれました。   ○2歳半女の子 チアクラス 私はステ−ジの幕間に、子どもにインタビューをするのですが 「みき先生とお話がしたいひと?」と私がたずねると 「は~い!」と、条件反射的に手を挙げてしまったのは2歳児さん。 「大丈夫かな?」の会場の空気をものともせず、前に出てきて   司会「誰が見に来てくれていますか?」 「パパ~と○○ちゃん(下のbaby)」 司会「ダンスは楽しいですか?」 「うん、楽しい」 司会「ママとパパに手を振ってくださいね」 「ママ~パパ~がんばるね~」

出典:ファンファン福岡

この子は12月の大発表会で、ステージで大号泣していた子で、2歳にして2度目のステージだったのですが、こんなに慣れました。   ○小学校4年生女の子 チアクラス また踊りはじめでタイミングがあわず、司会の私を振り返えると 「えっと~今のダンスは、はいりのスタートが納得いかなかったので、 もう一回、最初からお願いできませんか?」 入会した頃は、自分の意見を言うのが苦手だった子です。

出典:ファンファン福岡

○小学校4年生女の子 チア 3歳児から、時には泣きながら私のクラスにきていた子です。ずっとダンスが大好きで、いろんなジャンルに自分から挑み、インタビューでは前に出てきて、自分の意見もきちんと発表できるように。今では選手コースにはいり、全国大会にも出場し、がんばっています。

出典:ファンファン福岡

○小学校4年生男の子 体育 園児からきて、苦手克服の体育を4年生まで続け、 今回は、倒立前転(倒立で静止し、前転をする)技に自ら挑戦でした。 本番では背中の丸めが間に合わず、背中からど~んと落ちてしまい、本当は痛そうなのに   「オレ、ぜんぜん大丈夫やけん」という男の子。   彼の事を私は、小さな頃から知っています。

出典:ファンファン福岡

またこの痛みと辛さも知っています。 なぜなら、体育学部での運動能力は、ビリッケツだった私自身が、 マット運動は大の苦手でした。しかもこの技、必修で入っていた(体育教員の必修試験のひとつ)教員試験の実技を受験のために何度も練習したのですが、どうしても上手くできませんでした。   「ええい、一発勝負!」   本番に挑むのですが、試験管の前で、同じ、背中からど~んの状態に、なったのです。   「全然、大丈夫だから…」の顔をしながらも、痛かったのと恥ずかしかったのを鮮明に覚えています。   だからこそ、小学5年生になった彼が7段の跳び箱を飛べた瞬間、本当に私までうるっとしました。 どれだけ練習を重ねたのだろう。   今では小さな子たちからも「とわ兄さん」リーダーとして慕われ、難しい事も率先して挑戦する姿を見せてくれています。

出典:ファンファン福岡

体育に力をいれているところでは、上手い子だけしか、演目にださない園があると保護者から聞いた事があります。(それは、子どもへの配慮や考えがあってのことだと思います)    私たちミキファニットでは、自分で挑戦したい、見てもらいたいものを子どもが自分で選んで挑戦するので、本番でできなくて終わる事もあります。 それもいいと思っています。   体育はもちろん、ダンスも自分で考えるパートが出てきます。   跳び箱の3段をとべない子もいました。 緊張でズボンを濡らした子もいました。 平均台を長い時間かけて、よちよちすすんだ子もいました。

出典:ファンファン福岡

でも、 そのときに上手くできる事だけが成功ではありません。 その何度でもやってみようが大事。 失敗しても、ステージに立てた。 それは確実に次に、未来につながります。 子どもたちの様子をみながら、確信に変わっていました。   ミキファニットの子どもたちがつくってくれた標語は   「何度でもがんばる気持ちが大事だよ」   私自身も、仕事でプライベートで、大きな困難があったとき、この言葉で何度も励まされました。 子どもたちから学ばせてもらう事、本当にたくさんです。   子どもたちとの別れは寂しいのですが、 子どものココロの成長を目の前で見て、 次の大きな花を咲かせていってくれる事が私たちの喜びです。   サクラのように「行ってこ〜い!」と、 背中を送り出したいと思います。

出典:ファンファン福岡

その成長を家族のような気持ちで、いっしょに見守らせていただいた事、本当に幸せに思います。みんなありがとう。   最後まで読んでいただきありがとうございます 見たよ!という方♡をぽちっといただけると嬉しいです 【火曜サスペンスMIKI劇場は、毎週火曜日午後10時更新です】

※情報は2015.3.31時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる