「意外と狭き門??保育園入所。」その1~やのっちパパは元保育士でド素人パパ!#57

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。 2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。 そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   桜も散り、一通り…入園式や入学式も終わり… 春の門出もひと段落。   門出を迎えた皆さん、おめでとうございます!!   さて…その入学やら入園やら自動的に入れるものばかりではありません。 大学に入る為には大学受験・高校に入るにも高校受験… 中学も私立に入るなら受験…子どもたちのは受験というものがあります。   また公立だとしても… 行政やら地域やらで何やらやり取りや手続きがいるもんです。   始まる為には…それなりの準備が必要です。

出典:ファンファン福岡

ってか意外とそういう年頃になる前に… 近年難関になっている場所があります。   それが「保育園」   そう、今回はこの「保育園に入るまで」の話。   よく近年、耳にする「待機児童」

出典:ファンファン福岡

待機児童(たいきじどう)とは、子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童をいう。日本において社会問題化した概念であるため、以下は特に注釈がない限り日本の状況について述べる。(ウィキペディア引用)   文字通り…保育園に入りたいけど入れず、その空きを待っている児童 特に、保育園ではこの問題は社会問題でもあり… 2014年4月では全国で2万人以上もいると調査結果が上がっている。 (きっと現在ではもっと増えているはず。)   原因も色々ありますが…大きくは… ・出産後も働き続ける(働き続けなくてはならない)女性の増加 ・保育士、保育所の不足 なので…政府は1994年の「エンゼルプラン」や08年の「新待機児童ゼロ作戦」など連続して待機児童解消の施策を行い、入所定員数の増加をみたが、利用者の増加に追いつかないのが現状でもあります。   特に都市部及び3歳未満児において問題が深刻化   といいつつも都市部ではないところでもこの問題はあります。   #18「幼稚園?保育所?どうする?…」その2  その問題は我が家でも起こりました。

出典:ファンファン福岡

現在、娘は保育園に通っています。 1月生まれで、1年間は奥さんが育休で見てくれて…その後、職場復帰。   ということで今年の1月から保育園に入れることとしました。 1歳になっていますが、3月末までは「0歳児クラス」に。   しかし、いざ役場に… 「1月末から保育園に入れたいのです。」   と手続きに行った所…   「ん~、年度途中からの入所は厳しいかもです。」 とまず一言。   なーーーーにーーーー???? この都会でもないこの地域でもそうなのか????

出典:ファンファン福岡

そこから色々と説明を聞く。   難しい事情は分かる。(一応、保育士のとして働いていたので…)   1・保育園の数の少なさ それこそ地域によるが…保育園自体の数が少ない。 私が住んでいる地域、0~6歳までが大体1880人 その中で、保育園に通う(であろう)私の娘の年齢1歳は270人 その中で全員が保育園に通うわけでもないので半分とすると…135人   そして住んでいる地域の保育園は4つ…。ということは大体1つに33名 0歳児クラスが33名なんてありえない。そもそものパイが少ない。   2・0歳児クラスの担任の数 いつか話したかもしれませんが、保育士の設置には色々な制度があります。 その中で「子ども○歳○名に対して、保育士1名」などの規則があります。   国の配置基準によると… 「0歳児に概ね3名に対し、保育士は1名以上~」と定められています。   仮に…0歳児6名のクラスなら保育士が2名ついています。 しかしそこに新たな入園児として0歳児が入るとなると… 保育士が2名ではいけなくなり、3名にしないといけません。 要するに…保育士を1名雇わなければいけなくなります。 それも年度末に押し迫った時期に…。   3・保育士の働き手の不足 上の状況になった場合…「なら1人雇えばいいじゃん!」 と思う人もいますが、保育園もそれはそれは経営も厳しければ… そもそも保育士自体がギリギリでやっている所も多いのです。   それは国全体の問題でもある 「保育士不足の問題の深刻化」が大きい。(詳しくはまたいつか)

出典:ファンファン福岡

そんな感じな理由で… 年度終わりの1~3月の入園は厳しいと言われました。   しかし…厳しいけど… 入れないと…我が家は困るんですけど。   やのっちパパ  ⇒#58「意外と狭き門??保育園入所。」その2につづく 【毎週火曜日正午更新】

※情報は2015.4.14時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる