ヨガのゴールは、魂の解放 朴喜己先生

スポーツが大嫌いだった女性が、世界を駆け巡るヨガの伝道師に。

福岡市内と大分市内にスタジオ「ヨガブリーズ」を展開している朴喜己(パク・ヒキ)先生。 こんなに美しく、素敵な女性です。

出典:ファンファン福岡

朴先生は、ご自身のスタジオでの講師のほか、国内外のヨガイベントで講師を務めるなど、世界を駆け巡って活躍しています。 毎年7月はスペイン・バルセロナで行われる、ヨガカンファレンスに参加。 世界から集まる50人の講師の一人として、ヨガの魅力を伝えています。 ヨガとの出合いは18年前。 留学したアメリカがヨガブーム真っ最中だったことがきっかけでした。 その後、結婚を機に日本で暮らすようになり、慣れない生活でのストレスを趣味のヨガで癒やすうち、ご近所の方々に教えるようになり… 生徒の数が増えたので公民館で教えるようになり… 噂を聞いた人に頼まれて文化センターでも教えるようになり… と、朴先生を中心に輪が広がって、今や3000人が入会するスタジオを率いるまでに。

出典:ファンファン福岡

そもそも大学時代は、スポーツが大嫌いだったという朴先生。 ヨガとスポーツは少し違うかもしれませんが、運動不足を解消するためのエクササイズとしてヨガを続けるうち、その魅力に引き込まれ、スタジオ開設前には本場インドで本格的にヨガを学びました。 「ヨガを続けているうちに、やせる、美しくなるは、おまけのように付いてくるもので、実は、内面的な要素がその本質だと知りました」 多くの女性たちを魅了しているヨガ。 福岡市内にもヨガスタジオが増えています。 朴先生の伝えたいヨガとは、どのようなものでしょうか。

呼吸によるヨガで 自分も周りの人も幸せに ヨガといえば、背骨を伸ばして片足で立ったり、体を逆さにしたり、手足を伸ばして胸を反らしたり、その独特なポーズを思い浮かべます。

出典:ファンファン福岡

「ポーズによるヨガより、呼吸によるヨガが、より深いヨガです」 と朴先生は言います。 「ヨガでは振動による音が心を浄化すると学びます。 自分が幸せになりたいなら、ポジティブ思考になること。 そして、ポジティブな言葉を発すれば、自分が幸せになる。 また、その振動によって周りの人にも幸せを与えます。 そして、声のもとである呼吸こそ、ヨガの基本なのです」 朴先生の言葉に、単なるエクササイズではないヨガが見えてきました。 そして、こう教えてくれました。 「ヨガの哲学の中で『カルマの法則』という考えがあります。 自分が蒔いた種は自分に返ってくる、ということです。 みんな生きている間は健康で幸せでいたいでしょ。 そのためには、みんなを幸せにしてあげること。 その方法が、ヨガだということです」 ポジティブな思考になれば、くよくよしたり、不安になったりすることもなくなってきます。 最初はエクササイズのつもりで始めたヨガでも、続けているうちに “いつもリラックスできている” “人と接していても緊張することがなくなった” “急なアクシデントが起こっても動揺しなくなった” など、内面的な変化に気付く人が多いそうです。

出典:ファンファン福岡

「ヨガブリーズで教えたいこと、そして、私自身の信条は、 『自由になること』です。   不安や心配、差別や妬みなどから自由になり、 魂を解放すること。   そのためには、周りに流されず、 過去でなく、明日でなく、 今、この瞬間瞬間を全力で生きること。   そんな心の変化に至るヨガを伝えたいですね」  そう話してくれました。       エクササイズを超えた 深いヨガの世界を伝えたい   ヨガを習っている人なら常識なのでしょうが、 今回の朴先生のお話しの中で知ったことの一つが、 “ポーズのないヨガがある”ということ。   それは、“キルタン”と呼ばれる歌のヨガです。 マントラという言葉を唱えることで振動を伝え、平穏を導きます。   “キルタン”は、病気で寝ている人も、車いすの人もできますよね。 そして、心の平穏を得られるのです。    

出典:ファンファン福岡

「せっかくヨガに出合ったのであれば、 深いヨガの哲学まで人生に生かしてもらえるよう、 指導したいと思っています」 と朴先生は話します。   そんな朴先生にとって近い将来の夢は、 今、計画を進めているヨガの本の出版です。 この夢が叶えば、ますます朴先生の考えがたくさんの人に伝わります。     朴先生の話を聞いていたら、 ヨガを知りたい、生活に活かしてみたいと思えてきました。   そこで、SPO×JO(スポジョ)のページで、 定期的に朴先生のワンポイントレッスンをアップします。 誰でもできるヨガがテーマです。 ぜひ、チェックしてくださいね!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる