夏の妖怪出現!? なまはげ、“お化け”に間違えられる 〜なまはげみきvol.67

「せっかくならば精神」の塊の私です。 なぜそうなったかを考えてみたら、それは時間がなかったからです。今でこそ(2人の子どもも成長し)身軽でいいね〜」と言われる私ですが、子育てしている間には、自分の時間は、やはりなかなかとれないものでした。だからできるチャンスがあるのなら、「せっかくならば」ついでに足を伸ばす。私はその連続です。   せっかくのお盆休み。できれば一度行ってみたい祭りのひとつが、山鹿「千人灯籠祭り」。 せっかくならば、時にはしっとりといきたいなと、着物を朝から着ていくことに。   せっかくならば、すてきなところで食事をと。 http://www.minato-club.co.jp

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

実はすごく混んでいて、待ち時間の間に…行ったのは隣の三川抗跡。 せっかくならばと、世界遺産の関連施設も行ってみよう。戦中戦後の日本のエネルギー需要を支えた三池炭鉱の主力抗だった三川抗跡を見てきました。 三川抗跡は、第39回ユネスコ世界遺産委員会において、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界遺産に登録されることが決定した世界遺産の関連施設です。「私らが居るのは、週末だけなんだけど、いま見学の人がすごく多いよ。説明のビデオば、見ていかんですか?」「ここから歩いて回るなら、日傘の代わりに傘をどうぞ」と、ボランティアの方の気遣いもうれしいものでした。   http://www.city.omuta.lg.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=7018

出典:ファンファン福岡

さて、山鹿に行くにはもう少し時間がある。 せっかくならば、映画でもみよう。女子大生割引を使ってみた映画はジュラシックワールド。これはまたおもしろく、夢中のなるのですが、すこし長めの迫力ある映画のため、途中でどうしても、行きたくなり、「あ、イマダ」と走ってトイレに行ったのですが…。   先に居た人が、私をみて、 「ぎゃっ…」と叫ばれてしまいました。その反応に   ????????? と思った私。   ああ〜〜そうか。   私はあるモノにまちがえられたようでした。。その時、映画館のゆったりとした席に深く座るため、髪を振りほどいていました。後頭部で椅子にあたり痛いので髪の毛を束ねていたヘアクリップを外していたのです。   映画館の廊下はカーペットで音はでない。走って中に入っきても、私の姿はす〜〜っとはいってきたように見えたようです。そのうえ(偶然ですが)身体を伸ばそうと、両手をすこし前に伸ばし、手首のストレッチをしていたのです。

出典:ファンファン福岡

そう、私は、日本のお化けと間違えられたのでした 笑  驚く彼女に「(私が)見えているの?」と聞いてみたらよかったのかもしれません。 みなさん、着物を、特に色の薄い着物を着るときは、バッグなど手にして

出典:ファンファン福岡

そうして、いよいよ山鹿にいきました。 「会場では、踊りは18時半からと、21時から2部制なのですが、遅い時間の方がおススメですよ」と観光協会の方からの話を聞いていたので、少し早めには行くのですが、駐車場が、なかなかないとですね・・・ 。1km 2km 3km と離れながら何カ所もまわりながら、たまたま1台空いたのは、なんと会場の目の前の臨時駐車場。 盆踊りは自分も地元で踊っていましたが、この「千人灯籠踊り」はまさに幻想的な風景でした。

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

これぞ、日本の夏。ほんとに素敵でした。 「よ〜へほ〜 よへほ」しなる踊りに、柔らかい女性のかけ声が耳に残ります。 すてきです。 帰り道、私の横を地元の小学生が言いながら、通り抜けていきました。 (耳に残るのは子どもも同じ。こうして地域の祭りは引き継がれていくんですね)  また会場で、隣に座った地元のおばあちゃん達とお話しました。 「もうはよ(早く)から、待っとるけん。も〜お尻のいたか〜。毎年ここで見よるもん。」 そして、お祭りのいわれも教えてもらいました。 「この祭りのいわれはね… 景行天皇が九州を回ってるとき、上陸しようとした川で霧が立ちこめて、道がわからないようになられて。こんとき、地元の村人が松明を灯して一行を大宮神社まで導いてきて。それがあの男の人達の持っとる松明たい。あの人達は、川からずっと行列ができとるもん。こんときの松明がのちに灯籠となって神社に奉納されたらしかよ」 屋台の焼きそばや焼き鳥を、タイのグループの方々のお隣で食べてみたり、福引きを引いてみたり、、テレビだけではわからない、地元のからの思いのこもったお祭りを堪能してきました。

出典:ファンファン福岡

せっかくならば精神で、お盆の一日を楽しみましたが、 せっかくならば、踊り手として参加するのも楽しそう。 なんと!市外の方もチャンスが有るとの事。(練習あり。先着200人) 来年も応募があるならば、挑戦してみたいですね。 女子力自然とアップ。女性の優美さを、私でも間違いなく演出できそうです。ほ〜ほほほ。ちがった。よ〜せほ〜よせほ。 詳しくは、今年の応募についてを参照ください。(6月に応募あってます) 来年は、山鹿のまちに、夏の妖怪「お化け」に間違えられない、優美な私がいるやもしれません…笑 http://www.yamaga-kankoh.hinokuni-net.jp/app/files/Spot_362_file.pdf  見たよの方、よろしかったら、♡をぽちっとお願いします♡  http://www.y-kankoukyoukai.com/event.php#01山鹿市「千人灯籠踊り」HPより 遥か古代から受け継がれてきた、山鹿市最大の夏祭り。2日間に渡って行われる祭りは「奉納灯籠」や「花火大会」「たいまつ行列」など盛りだくさんの内容。中でも圧巻は、よへほ節の調べに合わせ、頭上に灯籠を載せた女性たちが優雅に舞い踊る「千人灯籠踊り」です。幾重にも重なる灯の輪が、見る人を幻想的な世界へと誘います。  

※情報は2015.8.18時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる