運動とゲーム 子どもにはどっちも大事~なまはげみきvol.69

TECH PARK KIDSプログラミング体験会が開催されました。   「公園で集まって、子どもらがそれぞれに携帯ゲームで遊んでいる」そんな写真を数年前まで、私は、自分の子どもの健康つくりに関する講演の資料に使っていました。イマドキの子どもは、「時間」「空間」「仲間」という、三つの間(ま)=『さんま』がない。特に身体を使った、仲間との遊び方を知らない子どもが増えています。友だちと一緒にいるのに、携帯ゲームでひとり遊んでいる。パソコンにむかっている子ども達というのは、まさにその象徴のように思っていました。   株式会社グルーヴノーツが運営するTECH PARK KIDS

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

が、子どもの運動スクールをしている私たちには、周囲からこんな声もかけられました。   ITの学童保育って、子どもの頃からパソコンやゲームばかりに向かう子を育てるの? それは幼少期に必要ですか?「運動しましょう」って言っている会社が手伝うってどうなんでしょう?   その質問に対する答えは「はい行います」です。おうちでゲームだけをひたすらしている子は、私は嫌です。 だからお手伝いするのは TECH PARK KIDS。ここはテクノロジーで遊ぶ アフタースクール  自分で遊びたいものは自分で作っちゃえばいいじゃん。 知らない間に、遊んでいるうちになんだかできるようになる。 これって私たちミキファニットとまさに同じ考えです。

出典:ファンファン福岡

そして安心して子育て中でも働ける職場でいたい。だから事業所内の学童保育をする。 自分達の得意なITも学べる場とする。日頃パソコンで仕事をする親の職業に対する意識も変わるはず。ここで働きたいという人のリクルートにもつながる。子育て中でもある、グルーヴノーツの佐々木久美子会長の運営趣旨を聞いてわたしも賛同しました。   https://www.facebook.com/mari.mitsuoka?fref=ts(言葉が脳梗塞ででにくくなったお父さんにiPadをプレゼントして会話した友人も)

出典:ファンファン福岡

そもそもテレビも、あんまり見せたくないけど、ETVなら時間を決めたりして見せる方もいらっしゃるのでは?ネイティブと呼ばれる、生まれた時からITの中で、どのみちそういう環境の中で生きていく子たち、ならば、初期に出逢うITをインプリンティングするの大事じゃないかと私は考えました。   インプリンティングとは? 心理学用語で、刷り込みともいう。動物の発育のごく初期に起こる特殊な形の学習。カモ類や草食獣など、生まれてすぐ子が独り立ちする(早成性)動物で見られる。K.Z.ローレンツがハイイロガンの雛で最初に発見したもので、雛は孵化後に最初に目にした動く物体につき従う。自然状態ではこの条件に合うのは親鳥なので、親の後を追うという意味のある行動が生まれる。すりこみは感受期または臨界期と呼ばれる極めて限られた時期にしか起きない。(参照 知恵蔵2015)   ちなみにこちらの校長先生は、バッリバリのエンジニアで、博多図工室という子どもも大人も学べる教室をしていた経験があります。なんとサバイバルもできそうな知識と経験もあり。(火起こしセットを12組もっているとか…)そんな超おもろい先生から学ぶのっていいな…と思うんです。 なおかつ、パソコンにむかうだけばかりでなく、運動やコミュニケーショントレーニングを私たちがお手伝いできたらと思っています。   〜体験された竹村亮子さん(4人兄弟をつれ体験)感想〜 プログラミング言語を使用して様々なゲームを作るのを体験しました。

出典:ファンファン福岡

 

西通りの一等地、おしゃれなビルで来春スタートする学童保育。 プログラミングや、ロボット工作などのテクノロジー学習。ミキファニットの運動プログラムに、グリーンコープのおやつに必要な場合は、夕食のお弁当&シャワー施設や、タクシーでの送迎。そこでしか学べないプログラムに、様々なサービス。 関東でも、学童保育と色んな習い事が融合した施設がありましたが、これが目の前にある。 金額はそれなりにかかりますが、それを求めている保護者がいる!という現実。 このサービスを企業が福利厚生として採用し、仮に半額!で利用できるとしたら。。。 「その会社に転職したい!」「近場に引っ越したい!」のきっかになる程の価値感。 「運動」のことはあまり全面にだしてありませんでしたが、勉強とPC作業ばっかりだと、だれだって運動必要って思う!そして、そこに運動プログラムもきちんとある!!! これが「運動」を全面にだしたら、こんな親子が集まるとは思えない。 我家は、ラジオ生活だし、ゲームもありませんが、PC等のスキルは、必須と言わざるを得ない。こんな世界もあるんだ~と。何か、色々考えさせられました。 「やりたいこと」と「求められていること」の差を「求められるようなカタチ」にして提供していく。  まだ、頭がグルグルですが、子ども達はめちゃめちゃ楽しかったようですし、参加できてよかった♪

出典:ファンファン福岡

実は彼女は、同じフィットネス業界のママ。私の裏の気持ちを話したのでした。   それは、受験に直接必要ないものは(運動も)どうしても淘汰されることがあります。 例えば、いま東大受験に恋愛は必要ないという話題があがっていますね…。 人それぞれの考え方だと思うのですが、恋愛経験も必要だと。私は子どもの成長期にはいろんな経験をして欲しいです。試行錯誤し、成功することもあれば、ふられて凹む挫折、つらい気持ちとか、しんどい気持ちもいるはず。私がだす教え子の保育科学生への夏の宿題は恋愛。 (あ、シニアのチアチームのみなさまにも宿題でだしたことがあります。笑。みなさま、「誰に恋しようかしら?」ときゃ〜きゃ〜盛り上がっていました) そりゃあ受験期に時間がないのはわかります。だからその時間配分は変わっても、恋愛も運動も勉強も、乗り越えていくのが似ていると思うのです。その経験は無駄じゃないと。年齢を重ねての同窓会で、みなで話す思い出話は、彼氏にふられたり、なにか苦労したこと時のことが盛り上がりませんか…?折れてしまわない心の柔軟体操

出典:ファンファン福岡

だとしたら、いろんな姿形や、呼び方を変えてでも、私は子ども達に身体を動かす楽しさを知って欲しいと思っています。誰かと身体を動かすと、身体機能の向上はもちろんですが、そこには必ずコミュニケーションが存在します。自分のことを表現することにもなり、それはプレゼンテーション能力につながります。これって社会人での基礎力でもありますよね。   だから時に、勉強熱心な保護者の皆様には、コミュケーショントレーニングです等と説明しながら、子どもらの身体は、は〜は〜となるぐらいの身体を動かすゲームをしたりします。実はこれはもう運動不足の子にとって、運動強度はもうエクササイズの域に達するです。形を変えた体と心を育てる「体育」がそこにはあります。   楽しいからやれちゃうんですよね。そうなんです!仲間と身体を動かすのはいくつになっても楽しいです。

出典:ファンファン福岡

先日、私丙午年うまれの高校の同級生で「俺たちも馬になろう」と、北九州市の小倉競馬場でのリレーマラソンに出場してきました。高校の大同窓会のお世話係を学年で当番で回ってきて会うようになったメンバー、その後もせっかくだから集まろうと、4年連続でどこそこのリレーマラソンにでています。

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

子どもたち〜 昔の子どもたち〜、身体を動かしてみようね〜

出典:ファンファン福岡

見たよの方、♡をポチッといただくとすごく嬉しいです。   ※9月29日 西日本新聞社より出版です。 「前傾姿勢でいいじゃない〜子育て、起業、いま女子大生〜」 夢だった本の出版までこれからも走り続けていきます!!    

※情報は2015.9.16時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる