2290万!? 気になる教育費〜お金の価値観 子どもにどう伝える?

もう師走。年末年始となると クリスマス、お年玉の季節となりますが…はや(;゚Д゚)! なにかとお金のいる季節ですね…。   昨年は「100万を高校1年生の娘に投げた!」と私が書いた話が自分でもビックリするほどシェアしていただきました。 https://fanfunfukuoka.com/family/7653/https://fanfunfukuoka.com/family/7915/  話の内容は…このようなことです。   「携帯代が高い」のをきっかけに、娘に「自分で将来を考えてみては?」と提案。今からの高校生活3年間を、いくらかかるか項目ごとに書き出しシュミレーションしたら104万となった娘。それを一括か、今までどおりのプレゼン制でいくか?一括払いを選んだ娘が、自分で決めた最初の通帳つくりから前途多難。果たして娘はどうやって高校生活を過ごしたのか?   という内容を書きました。 その2年後、下の息子が高校1年になった時、同じ携帯代問題が起こり、「キタ~!!学び時」と意気揚々の私。それは…内心…娘もいい感じで、今頑張っている。よし、息子よ、君にも!!お母さんは格好良く一括で払っちゃるたい!!「なら、こうして…計算してみてごらん!」と計算させると… https://fanfunfukuoka.com/family/9985/  365万円とでてきて…親子で愕然  「ゴメン・・・ハハ、一括シキラン…」  そうなんです。私の誤算でした。息子は私立高校だったのです。   幼稚園3歳から高校までの15年間を、すべて私立に行った場合は約1677万円!!公立に行った場合の約500万に比べると(我が家は高校からですが)、なんと3.36倍になるとの事、ううう…青ざめますね。   高校生活だけでも、でもこんなに違うのに 実は教育費に占める金額の半分以上は、大学進学の際にかかるお金とのこと。 ぎえ~~(((゜Д゜;)))   ちなみに…大学まではいるとこうなるそうです! 私立幼稚園~全部私立 理系大学仕送り 2290万 私立幼稚園 公立(小中高)私立文系大自宅 1372万 そんな中 FMコミテン「MOVE for NEXT」のゲストに FP事務所シナリオ(マネーバランスクリニック(R)糟屋営業所) 代表、吉田麗子さんが来られたのですが、その話が心に響きました。

出典:ファンファン福岡

人生の中で、お金のかかる時期があるんです。 だからライフステージを見据えた計画をしないといけないんですよね…   「今だけを見ない。自分がどんな生き方をしたいか、何に価値を置くか、現状をきちんと理解して、未来を考えて行く。お金を人生のストーリーに変えて行く事が大切です」   思わず身を乗り出して聞いてしまいました。 いるものはいる!いるときはいる! だからこそ、こうした大事な事は、子どもの時から学んで欲しい。 将来にむけて必要なことですよね… 100万円で、高校生の娘が学んだのはデカかったです。 管理して、予算をたて、その時に、また先に必要なものの優先順位を吟味していく基本を、身につけるきっかけとなった気がします。   でも、「みなさん、こうしましょう」と薦めているわけではありません。 家庭それぞれのやり方ですし、またその年代にあった伝え方が必要ですもの。   お金に対する価値観を親としてどう伝えていくか? 子どもには幼少期から感覚をつかんでもらいたいという方は多いと思います   たとえば、親にとって、子どものお小遣いひとつにしても悩ましいもの。 額や使い方、親の管理は何処までとするか?   お小遣いの使い方の前にと、吉田さんからでた意見は、ズバリ 「“働くってどういうこと”かを先に伝えた方がいいですね」 吉田麗子さん TV、ラジオ、新聞等のメディア出演で「世の中のニュースが、家計にどのような影響があるか」を伝えている吉田麗子さんの、ラジオでのお話を聞きたいという方はこちらから… 奥深いです。12月23日まで聞けます。録画のustream動画 ※下記アドレスをクリック http://www.ustream.tv/recorded/78366143#to00:12:55http://fp-yoshida.jimdo.com

出典:ファンファン福岡

そしてなるほど…私の経験で思い出したのは https://fanfunfukuoka.com/family/11734/ここではクルーのトップの方が、四季のスタッフに、お客さまからお金をいただく事の意味を厳しく話しており、聞いていた子どもスタッフの背筋はみるみる伸び、その後お客さまを迎えるにあたり、一生懸命に声をかけていました。

出典:ファンファン福岡

さてさて、子どもがお金について学ぶためには、他にもどんな方法があるのか、、気になるところ。 この続きは後編としてまた次週に書きたいと思います。   https://www.facebook.com/yumewakikasuya/photos/pcb.503925323102095/1184046171610436/?type=3&theater  読んだよの方、このコラムの文頭の「♡マーク」をポチッといただけるとありがたいです。あほな太刀山美樹のやる気が増しますので御願いいたします。  

※情報は2015.11.30時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる