子育て未経験男性保育士が子育て支援へ~#91

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。 2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。 そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   引き続き…私の「過去編」のお話です。 「保育士資格」を取得し、学童で働き、そして夢の保育士として働き… やっとこれで順風満帆かと思いきや…の話!!

出典:ファンファン福岡

悪戦苦闘しながらも、子どもたちのおかげでどうにか保育士1年目を無事に(?)過ごすことができ、いよいよ2年目となる時…   保育園の理事や園長から呼び出されました。 「頑張ってるのは見えたけど、このままクラスはどう考えていますか?」 「それとも、この前研修で勉強して得た資格をもとにそっちの方向に行きますか?」 という選択を出されました。   ん?? 普通であれが「何歳児の担任になりたいですか?」という話はよくあります。勿論、その要望通りになるとは限りませんが…そうやって職員の希望を聞くことは分かります。しかし…私が出された選択は「そのままクラスか?」「それともそっちか?」ということ。

出典:ファンファン福岡

ってか、「そのままクラス」っていうのは… 私なりにも色々感じていたのを、理事も園長も感じてくれていたのかもしれません。 それだけ色々と失敗や私のモヤモヤがありましたので…。 なので私を思って「そっち」を準備してくれた気がします。   ということで2年目は「そっち」の方面での保育士として働くこととなりました。   「そっち」とは…「子育て支援」!! 子育て支援の仕事とは、今では保育園の活動の1つであり、まだ幼稚園や保育園にも預けていない親子の居場所として、色々な子育ての悩み相談や子どもの体験活動をサポートする活動です。決まった親子が来る場合もあれば、その日に初めて来る親子がいたりするオープン的な教室みたいな感じです。

出典:ファンファン福岡

そこをなんと…まだ子どももいない、子育てもしたことがない、保育士経験1年で、それも男性な私が担当することとなったのです!!   実は若干、1年目からその予兆はありましたw 働き始めてすぐの5月頃、それも理事さんからの一言 「この研修に行って、資格をとっておいで!」 まだまだ何も分からない私だったので、「はい」といいつつ受けた研修が… カナダ生まれの子育てプログラム【ノーバディズ・プログラム】通称【NP】 簡単に言えば【完璧な親なんていない!】講座 ノーバディズ・パーフェクトプログラムは1980年代にカナダ東部4州の保健省が開発し、連邦政府は5冊のテキストを発行(1987年)しました。それ以来、子育て中の親のための優れた予防型プログラムとして全国で展開されています。  プログラムで使うテキスト「ノーバディズ・パーフェクト」(NP)が示すように、人は「学びながら親になっていく」「すべての親に支援が必要」 そして、完璧ではない私たちがお互いを認め合い・支えあう育児を大切にしています。 私たちは、このプログラムを1992年、ピーターボロの保健所で紹介されました。2000年には6名がオンタリオ州で研修を受けてファシリテーター資格を取得。同時にカナダ政府と交渉し2001年テキストの版権を得て、翌年日本語版を出版しました。現在は、ノーバディズパーフェクトジャパンに加盟(2005年)してNPプログラムの普及に努めています。(NPO法人子ども家庭リソースセンターHP引用)   この通称【NP講座】を学べる研修を3日間、みっちりと受けることに。 ※この講座等の話は長くなるのでまたいつか…。   その研修を経て、私は子育て中のママ達を集めてその【NP講座】を開ける「NPファシリテーター」という資格を取得していました。

出典:ファンファン福岡

その資格もあり、きっと私を「そっち」の方面へと進めたい! という思いがあったみたいで、そんな感じで2年目は「子育て支援」担当に!!   担当とはいえ、また言いますが… まだ子どももいない、子育てもしたことない、保育士経験1年で、それも男性の私。   どうなることか不安しかなかったです。   しかし不安ながらも、毎日そこの担当の部屋には親子連れの、それも今までのように子どもと保護者ではなく、知らない親子が訪れてきます。   ほぼ親がいるので、安全面や活動面においては保護者任せながらも… やはり何かはしないといけない。それも1人で!! 子どもたちには、絵本の読み聞かせ・製作活動など。 何よりも一番大変だったのは…そのママ達との信頼関係!! それがないと訪れる親子がいなくなり、そうなれば仕事になりませんし、保育園的にもまずいですし、何より私の仕事がなくなりますww   信頼関係があってからこそ、安心できる場としてそこに親子は来てくれ、子どもたちが楽しく遊べたり居心地が良いならまた来てくれる。   それを積み重ねるようになって…やっとママ達は色々な話をしてくれます。 子どもの話、他愛もない話、自分の話…そして悩んでいることの話   ある意味、子ども達よりもママ達との関係性が大切な仕事でした。

出典:ファンファン福岡

良く出来ていたのか?また出来なかったのか? それは私自身も分かりませんが、今でもその頃、私の所へ子どもと来てくれていた親子とは仲良かったり、街であっても声をかけてくれたりします。   あの頃、子育てでいっぱいいっぱいだったママも… 「なんだか先生先生してなくて、自然と子どもと遊んでくれるし、話が出来る雰囲気が良かったかな~。少し肩の力が抜けた感じがしたよ~ありがとうね。」と言われたりもしました。   やっぱりママ達は毎日の子育ての中で、色々悩んだり苦しんでいる方が多い。 相談や話が出来る人もいないとなると、より苦しくなる。 だからこそ私が担当していた「子育て支援」という活動が多くなっているのかもしれません。どう、ママ達の居場所を作り、子育てに対して少しでも前向きにしていけるか?専門家や行政などが外からうまく関わりつつ、「子育てのしやすい環境」をママ達や家族に提供できるか?そこが課題でもあり、そして何より健やかな子どもの成長にも関わってくると…その1年で知ることが出来た気がします。

出典:ファンファン福岡

ママ達の話を聞くことで、保育や子育ての知識も増え…またママ達との信頼関係のつくり方や雰囲気の持っていき方なども保育だけではない様々なことを学ばせてもらった気がします。だからこの担当を翌年も引き続き行いました。   学童を知り、保育園の子どもたちを知り、子育て中のママ達とも密に関わり… なんだか「普通の保育士」とは違った別な何かなのかな~と自分自身も思い始めました。   もっと別な方向からも… 子どもの為・子育て中のママパパの為に何か出来ることがないだろうか? もやもやと考えるようになりました。(現在もそうです。) 今思えば、ほんと色々な経験をさせていただいたその保育園には感謝しかありません。 未熟な保育士のままで活躍できず申し訳なかった気持ちしかありません。 でも、何より、良い保育園で働くことができてよかったです!!   保育士としての3年間(1歳児1年・子育て支援2年) そして舞台はまた変わっていきます!! やのっちパパ ⇒#92「子ども、若者、そしてパパママへ。私ができること。」につづく。  

※情報は2015.12.8時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる