“子どもたちのため”元保育士&新米パパが出来ること!#92

1982年1月21日、午後3時26分 この世に生まれ…早33年。 2014年1月31日、午後1時8分 娘が生まれ…パパとなる。 そんな新米パパとなった私やのっちが綴るユルめの子育てコラム。   4週に渡り、お届けした過去編…どうでしたでしょうか? 私の経歴が少し垣間見えたと思います^^ 保育士試験、学童、保育士、子育て支援と渡ってきた私、 年齢を問わず多くの子どもたちと関わり、そこには必ずママパパもいたり… ほんと子どもを中心に色々な広がりを見せています。   しかしながら【子どもたちの為】という柱だけは変わっていません!!

出典:ファンファン福岡

子ども達の為に働く為に、保育士試験を頑張り… 小学生の放課後の充実した時間の為に、学童を頑張り… 子どもたちの日々の成長の為に、保育士として頑張り… その子どもたちを支えるママ達の為に、子育て支援を頑張ってきました。 とにかく私は未熟ながらも失敗を繰り返しながらも、自分が出来ることを精一杯やってきました。 関わってきた子どもたちへは 『あなたにとって、私が何かしらのコンパス(羅針盤)になれたらいいな。』と願っています。

出典:ファンファン福岡

常に「北」や「正しい道」を示すコンパスではなく、「私みたいな人がいたな~」や「私みたいな大人になりたいな~」もそうだし、「いや、あなたみたいになりたいくないから、私はあっちへ行く!」でも構わない。   何かを残して、自分自身の未来を考えていけるような子どもになってほしいと。   そう思って関わっています。   そう大したことを教えたり、影響を与えるってまではいかないけど、どこかで子どもたちの為にと思っています。 そこを中心に、私の中で… 子ども達の為なら、その親のママパパへの支援も大切だし、いずれ親となる若者に対しての支援も大切だし、子ども達を育てていく地域や居場所の存在も大切だしと…子ども達を取り巻く様々なモノの大切だな~と考えるようになりました。

出典:ファンファン福岡

そして… 保育士としての3年間 普通の子ども達の担任とはまた違う色々な経験をさせてもらいました。 当時は「え??」の連続でしたが、今では良い経験だったと思います。   夢の保育士という舞台からまた飛び立つことになりますww   保育園児や幼児との関わり合いの中でも、どうしても学童の時に小学生たちとの関わる中で感じた刺激ややりがいが私の中で残っていました。その世代との関わり合いを求め、プライベートで参加したのが…地元の青少年のボランティア活動でした。   所謂「少年の船」という事業で、地域の小学生(高学年)や中学生を集め80名ぐらいで夏休みに平和学習や集団生活、協調性などを学ぶ目的で、船で沖縄に行ったりする4泊5日ぐらいの宿泊体験。   各市町村単位でも以前はよくやっていたので、子どもの時に参加した人やボランティアとして関わった人も多いと思います。現在では、数が少なくなりつつありますが県内では古賀市・春日市・筑後市・久留米市や三井小郡地区などは毎年夏に実施しています。   ふとしたきっかけで、今までの自分の経験やさらなる成長、そして一緒に参加するボランティアの若者たちとの交流などを楽しみに参加しました!! 子ども達80名に対し、私たち青年ボランティアが19名。 各部署に分かれて、出発する夏の3ヶ月前からなんやかんや準備会議をしました。 あの夏に過ごした4泊5日は、人生において最大級の活動といえるほどの、楽しく、充実した時間となりました。

出典:ファンファン福岡

この話を書き始めたら、次は5週ぐらいなりそうなので簡単にww   この経験から、より一層子ども達との関わりの楽しさや若者たちの素晴らしさ、そして何より地域に為に自分ができることを発見できた気がしました。   この経験をもとに、現在の仕事へと就いています。 現在は地域をフィールドとし、家族への自然体験・子どもたちへの体験イベント・合宿指導・青年講座を運営などの仕事で日々頑張っています!!

出典:ファンファン福岡

数年前から抱いていた「保育士になりたい!」という想いが、様々な経験や人との出会いを重ね、良い風に変化してきました。 この4週に渡って話してきたこの過去があるからこそ… 今の私があります!!   時には「無駄」と思ってしまうこともあったけど… 今となっては、すべてが「経験」となり、私を成長させてくれた「糧」だったのだと感じます。 今の子どもたちの中にも 「こんなことしても無駄やん。」「めんどくさいし…」 と、今の状況を面倒くさがったり、卑屈になったりする子がいます。   しかし!どんな経験も必ず未来へと繋がり… 「無駄じゃなかった」と言える日が来ると思います。   子どもたちが成長していく中で、そう言える大人になれるように… 私は色々な角度から、今自分ができることをしっかりと伝えていきたいと思います。

出典:ファンファン福岡

いつかその子どもたちが成長し、若者となり、そして大人となる。 ママやパパとなり、そこにまた子どもが生まれ、歴史は繋がる。   先々の子ども達の為に… そしてそれを見守っていくであろう今を生きる子ども達の為に… 今、私ができることを私は頑張っていきたい!! そう強く思う日々です。   やのっちパパ   ⇒#93「生後10か月から365日わが子の成長記録2015」につづく。  

※情報は2015.12.15時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる