どうして学校に行くの?小学生の問いに現役教諭が出した答え

「お母さん、どうして学校に行かないといけないの?」 小学生になるわが子から質問を受けました。 あなたならどう答えますか? 様々な答え方があるでしょうが、今日は私の思う「どうして学校に行く?」を紐解いてみたいと思います。

私自身、現役小学校教師として、この質問を子どもから受けたり、保護者から受けたりすることがあります。 そして、この質問の答えを考えるときに当たる壁は「義務教育」です。 高校以上であれば、「イヤ」なら行かなければいい、です。 少し冷たいですが、そうですよね。 義務教育は、その名の通り「義務」なので、行かなきゃいけない、が基本なんです。 では、その質問にどう答えるか? 私なりに考えた子どもへの回答と大人への回答をご紹介します。 まず、子どもです。 回答はこちら。   「『あなたの夢はなぁに?』と訊きます」 消防士? 医者? サッカー選手? お花屋さん? 何でも構いません。 夢がない、という子もいるでしょう。 そのときは、メッケもん!です。 一緒に夢を探しましょう。 時間をかけて、ゆっくりと。 そこから始めればいいのです。

出典:ファンファン福岡

夢に近づくために何が必要か? 夢を実現する年齢から少しずつ下りてきて、計画を立てていきます。 大学に行かないといけない夢であれば、大学で何を学ぶか。 では、その大学に行くためにどんな高校に行くか。 そして、中学では何を学ぶか。 今はどうか。 夢に必要なもの それらは勉強だけではありません。 ・集団生活 ・ルールを守る ・リーダーシップ ・人を支え、協力する ・イヤでもやらないといけない基本的な生活習慣 ・宿題 などなど

出典:ファンファン福岡

義務教育を通して 家庭で準備をする ↓ 学校で試す ↓ 学校で学ぶ ↓ 家庭や地域で試す この繰り返しによって、どんどん大切な力が身に付いていきます。 そのことを話すのです。ゆっくりと。 そして、 「今、あなたはどこにいるの?」という質問です。 こっからがポイント! 「お母さん(お父さん)さ、あなたに夢を叶えてもらいたいんだっ♪」です。 「協力するよ!」 という言葉があるともっとよいと思います。 自分の質問を真っ直ぐ聴いてくれたこと。 一緒に自分の夢のことを考えてくれていること。 子どもは途端にやる気スイッチを入れるでしょう。

出典:ファンファン福岡

次に、大人への回答を考えてみました。 大人への回答は、実は3年前に気づいたんです。 気づいたきっかけは忘れましたが(笑)、 あ!これだ!と思ったものです。 義務教育の必要性は、『ものごとの多様な見方、考え方の素地を養う』ことだということです。 家庭教師でも、塾でも、これは難しいです。 最近の塾は合宿があったり、レクレーションがあったりしますので、多様性は見られますが。 家庭環境が様々な子が集まる学校ほど、この『ものごとの多様な見方、考え方の素地』は養われます。   では、『ものごとの多様な見方、考え方』とは何か? 言葉が抽象的でよくわからない、と言われるかもしれません。   例を挙げます。 例えば、こんなことがありました。   小学2年生の話です。 学校の掃除時間、ある男の子がバケツに入った水を一人の女の子にかけました。 ドバーッと。 女の子は服がびしょ濡れです。 泣いています。 周りの子はすぐに先生に言いつけ、駆けつけた先生は女の子を保健室に連れて行き、男の子から話を聴こうとします。 「どうしてそんなことしたの?」 男の子は黙っています。 男の子は黙秘を貫きます。 困った先生は、その子を叱りつけます。 それでも黙っています。 保健室で着替え、戻ってきた女の子はその様子を見ていました。 女の子は先生を呼び、教室の外へ。 「…先生、私ね、おしっこもらしちゃっったの」 か細い声で先生に話しました。 あぁ、だから、あの子は何を話さなかったんだ。 先生は男の子を呼び、謝りました。 男の子のとっさの判断、素晴らしいです。 考える力をもっています。 黙っている姿も凜々しいです。 女の子の正直さも素晴らしい。 先生の謝る姿もいい。 周りの子に目をやると、急いで先生を呼びにいった。 これもいい。 大人になって、みんながこのことを笑いながら話せるようになるとなおいい!   このエピソードからも多様な見方、考え方の大切さが分かると思います。 多様な見方、考え方は、人生を豊かにします。 発達段階はありますが、あれが悪い!これのせい!とならないものの考え方を子ども達に身につけさせていきたいものです。 そのような人間が一人でも多く育っていくことが、社会を、世界を平和にしていくのだと私は信じています。  

不登校も?朝起きられない病気「起立性調節障害」Vol.1

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる