人生の”最期の1ページ” あなたはどう送りたいですか?

みなさんは何年生まれですか? 私は、丙午(ひのえうま)生まれ年です。実はこの年、前後の学年と比べると、俄然人数が少ないです。これには迷信があり、「元気がよすぎて(男性を蹴る)、この年に女の子が産まれるとよくない」と、60年に一度回ってくる丙午は、女子が産まれるぐらいなら…と考える人が多く、人数が少ないようなのです。その丙午生まれの数より少ない出生率の「少子高齢化」と言われていた時代は早くもすぎ、いよいよ「超少子・超高齢・多死社会」という時代になってきました。 「1人で1人の高齢者を背負う」「人口減」はわかっていたけど、「多死社会」という言葉は正直ショックでした。本当にそんな時代になってきたんだ。そうなると余計に「生きる」そして「健康」とはなにか?を改めて考えないといけないなと考えました。

出典:ファンファン福岡

私は仕事で健康運動指導士という資格を持っていて、福岡県支部の手伝いをしています。(健康運動指導士とは、昭和63年から厚生大臣の認定事業として、生涯を通じた国民の健康づくりに寄与する目的で創設され、保健医療関係者と連携しつつ安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う資格です。) 3月12・13日、糸島市にて、健康運動指導士を対象に介護予防の分野で活躍をしていきたい人のための、糸島市在宅医療・介護連携コーディネーター育成研修が開催されました。私はその事務局を担当してきました。 介護予防の実技と理論、また地域包括支援制度の学びをしたのですが、講習の中で「多死社会」という言葉を聞いて、日頃、若い世代、子どもを対象とする仕事をしている私も、いろいろ考える時間となりました。 20世紀半ばまでは自宅で8割、今は病院のベットで8割の人が最期の時を迎えています。「介護できる人が家族にいない」「急変した時どうするか」「家族に迷惑をかけたくない。」家庭の事情や医療費などの問題があるものの、本音の部分は、できれば慣れしたしんだ自宅でと思うもの。自宅でも介護できるまた地域包括支援という考え方で今後、さらに世の中動いていくそうです。

出典:ファンファン福岡

では自分の「最期の1ページ」をどうしたいか? ガンになる人は2人に1人。ガンで亡くなる方が3人に1人。 緩和ケアなどで痛みはたとえ和らいだとしても、亡くなる前には、「さみしい」「家に帰りたい」と訴える人が多いそうです。思いだすのは、ひいばあちゃん。 1900年生まれ19世紀〜21世紀と、3世紀を生きぬいた108歳の(子どもらにとっての)ひいおばあちゃんがうちにはいました。入院することになったとき、見舞いにいくと、意識が朦朧としはじめながらも、子ども達が手を握ぎると「ばあちゃんが握り返してくれるよ」と子どもが話していました。 もとは、お茶目なばあちゃん。「♪ずんきぶくろ茶ぶくろ…」とずいずいずっころばしの曲を歌いながら、子どものようにニコニコして、ひい孫相手によく歌っていました。 108歳。煩悩も取り払ってもらったような年で亡くなりましたが、糸島地方では88歳を過ぎのご葬儀は天寿をまっとうしたという事で、紅白饅頭を配るそうで、慣例にならって大きな紅白饅頭を配ったのを覚えています。

出典:ファンファン福岡

入院していた時、「帰りたい、帰りたい」と繰り返し、「誰も(友だちも)おらんくなった」「さみしい」とつぶやいていたのを思い出しました。 どうしても退院すると言うので、家に連れて帰っても、私達が建てた家は、ひいばあちゃんが昔住んでいた家とは違うため、「帰りたい、帰りたい」とさらに言い出し、切なくなっていました…。 「ごめんね、ばあちゃん。ここは福岡なんよ」 そこでドライブして、ばあちゃんの生まれ故郷に行ったり、体調で外に出られない時には、玄関まで車椅子で一緒にいき、家にいる娘さんに電話をする振りを目の前でしてみせたりと…、息子であるおじいちゃんは辛かったと思います。 そして私の事は結婚直後より、孫の嫁とわかってなかったようで… いつも「はじめまして」、病院では「看護師さ〜ん」 やっと覚えてもらった時には「よく会うひとですな。」と。そう言ってもらったときは市民権を得たようで、なんだか嬉しかったのも懐かしい思い出です。 あの時のおばあちゃん、   手を握ってくれるだけでいい 話しかけてくれるだけでもいい   そんな気持ちになっていくのかもしれません…   看取る際は、「納得できる看取り」をする事が大切だそうです。 7回忌が終わった父は、生前、時計の振り子のように容態が代わり、入退院と自宅療養を繰り返していました。県内ではあるものの、距離的に毎日病院へ行くこともできず、もっと何かできたのでは?と私自身は思いますが、母、そしてそばに住むふたりの姉が献身的に世話をしてくれ、本当に感謝でした。

出典:ファンファン福岡

最期の姿を子どもに見せるのはショックだろうと、何も見せず、触れ合わせずにお葬式となるよりも、その過程を(一部)一緒に過ごすことも一つの方法だそうです。子どもなりに理解する。これからもきっと見守ってくれている。だからさようならを言おうね。と。 そして、わたし自身もいずれその時がきます。 その瞬間、わたしはどうしたいか… 考えると…やはり手を握っていて欲しい気がします。 できれば、大切な人に。

出典:ファンファン福岡

葬儀は「ウルフルズの♪ええねんの曲で明るく送りだして」と、子ども達に話していますが、(意地悪な友人が、「あなたがそうなる頃には、みなウルフルズなんて知らないよ〜」と言われました)そんな事を夜中に、じんわり考えていたら夜があけてしまいました。笑 考えてだけいても仕方ないので、さあ!とりあえず…。今日は果樹園を営む、80歳になる実家の母に電話をしようと思います。元気かな・・・? (明日の一歩より、すぐやれること 今日の0.3歩) 読んだよの方、文章あとの♡マークをポチッといただくと、嬉しいです。  

※情報は2016.4.6時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる