中国から福岡へ、55年間「父母の味」を守り続けるお店「安兵衛」(福岡市・西中洲)

創業50年以上の名店の秘密に迫る企画【老舗探訪】。 今回は、創業55年、父母の味を守り続ける「安兵衛」をご紹介します。

出典:ファンファン福岡

中国から福岡に来た「父母の味」 海運会社で働いていた小笠原吉郎さんは、会社専属の一流料理人からおでんのいろはを学んで海を渡りました。 暖簾をあげたのは中国北部・大連。故郷の味を求める日本人で店は大繁盛したそうです。 戦後、1961年に東区箱崎で営業を再開。 1965年に西中洲へ移りました。 長男の亮介さんとその姉妹に引き継がれた夫婦の味。 今は店主の亮介さんと妻の洋子さん、息子の豪さんが店に立ち、その歴史を大切に守り続けています。 美しく澄みきった真っ黒なダシ 出刃で叩いたイワシのつみれ。玉子は殻ごと3、4日。 手間暇かけて作られたかわいいタネたちは、箱崎時代から55年間継ぎ足されてきたダシに包まれて、さらに旨味を増していきます。 ツヤツヤ輝く“透明な黒色”をしたダシは、昆布とかつお節をベースに濃口醤油と少量の酒をあわせた関東風。牛なし、豚なし、魚介が香ります。 キリリと気品がありながらどこか懐かしい滋味が、身体の隅々にまで染みわたります。

出典:ファンファン福岡

老舗のひとこと 自分が一番だなんて思わないこと。毎日「食べる」ことを続けているお客さまのほうが、すべての味について詳しいのです。 二代目 小笠原亮介 《安兵衛》 福岡市中央区西中洲2-17 TEL:092-741-9295 営業時間:18:00~23:00(なくなり次第終了) 店休日:日

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる