嫁 VS 姑 どん引き世代間ギャップ「それだけはやめて!」

この写真の素敵な女性はどなたか、みなさん知っていますか?  どこか見覚えのあるお顔立ち。(以前のコラムでリカちゃん人形の話しを書いているのですが)

出典:ファンファン福岡

香山洋子さん、56歳。2012年に発売されたリカちゃんのおばあちゃんです。このおばあちゃん登場の理由として「リカちゃん」で遊んだ経験がある世代が三世代化していることと、東日本震災を機に、家族の絆が見直されてということで、リカちゃん一家に登場したそうです。また今はそれだけ、子育て家族の中でおばあちゃんの存在が大きいのかもしれません。ただ時代とともに、推奨される子育ての方法も、育児用品も変わるもの、芯の強い子を育てる運動教室「MIKI・ファニット」を運営している私は、子育て中のお母さんのお話を聞く事がありますが「昔はこうだったのに…」という「おばあちゃんVS嫁」の世代間ギャップだなと思う事が多々あります。

出典:ファンファン福岡

冬場、まるで、モコモコぬいぐるみのような1歳児さんが、おばあちゃんと、レッスンにやってくるのはかわいいのですが、レッスンにモコモコのままはいろうとすると動けないので,見事に私に脱がされます。(笑) 「おばあちゃんが寒かろうといっぱい着せちゃうんです」とのママの声。  他にも… ・お風呂上がりに白湯を飲ませようとする ・自分の御箸で食べさせる ・抱き癖がつくと抱っこをさせてくれない ・おむつを早く外させないとダメと言われる ・2ヶ月の赤ちゃんにアイスを食べさせる …など、世代間ギャップはあるようです。 

出典:ファンファン福岡

嘘でしょ…ありえない姑の行動 またこんな事も…。1歳半の女の子の話です。 ママは下の子を妊娠したものの、体調を崩してしまい、病院から安静をと言われ、やむを得ず、初めておばあちゃんに預けたとのこと。「泣いてしまったかな」と、ドキドキしながらお迎えに行くと、おばあちゃんはニコニコして、その日の1歳半の女の子が泣かなかった理由を教えてくれました。 その理由とは…。 「あんまりかわいいから、私のおっぱいをふくませてみたよ」 へ?は? げげげ・・・・・い、い、今なんと??? オッパイ フクマセタ??? どど〜んと、ママはどん引きです。 いや〜これは無理です。ママの幸せ体験をしたくて、パパがおっぱいをだしたという話しは聞いたものの、おばあちゃん!? 無理です!! これが自分の親なら、「え〜〜〜やめてよ!何しているのよ!」とすぐに言えるのですが、かわいい嫁の立場ではなかなか言えないもの。 翌日も攻防は続き… 「栄養あるから、離乳食にコレを食べさせてみたら…?」 いただいたのは「ウニ」だったと… ウ、ウニ!?ですか? たしかに離乳食状のペーストではあるものですが。絶句してしまったとのことです。

出典:ファンファン福岡

ただ世代間ギャップとは言うものの、いまは子育てするなら、おばあちゃんのそばに住むというぐらい、その存在は子育てに欠かせないものとなってきているのも事実。本当にありがたい存在なのです。孫育て市場もあるぐらい、おばあちゃんも子育てに興味を持っている方も多く、毎日のように「ほんまでっかTVで言ってたんけどね…」と言われる方もいるそうです。(それはそれで、プレッシャーかな 笑)

出典:ファンファン福岡

リカちゃんのおばあちゃん、香山洋子さんばりに、カッコいいおばあちゃんが私の周りにもいます。 例えば、毎朝、通勤ランで職場へ。マラソンにもトライするある50代女性。日中はバリバリ責任ある仕事をして、夜と週末は、孫育てで応援。仕事と子育てを両立は、世代を越えて、いま行われています。 そのかたは、ホテルニューオータニ博多の大谷綾子さん。「カッコイイ!」といつも見ています。

そして私もおばあちゃんになる日が数年先には来るのかな。やはりギャップがあるだろうし、人には言うものの、私こそ孫かわいさに、つい何かしちゃうかもしれません。気をつけておかねば…。笑

リカちゃん

※情報は2016.7.2時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる