難聴の息子が声に反応してくれた!言葉で分かりあえた感動の瞬間 vol.16

夫のりひさへ 前回のあなたからの日記を読み、初めて息子の聴覚検査に行った時のこと、病院でのこと、色々と思い出していました。とても笑顔が素敵な先生でしたね。眼鏡の奥の優しい目と、息子に対して、そして、私たち親に対しても、真っ直ぐに向き合ってくださっていたように思います。 https://fanfunfukuoka.com/feature/55583/そして、言語聴覚士の先生方にも、どれだけ助けられたことか…。聴力検査がなかなかうまくいかない息子に、ヤキモキしていた母の私。いつも温かく見守ってくださり、的確なアドバイスだったり、時には、『お母さん!しっかり!』という愛ある喝をたくさんいただきました。いつも不安な気持ちを、自然と安心に変えてくださる言葉の数々。本当に感謝しかありません。 子どもが、障がいを持って産まれたことを知ってからの親は、とにかく自分自身で心を整えていかなければいけない。私は、そう感じていました。頑張らなきゃ!しっかりしなきゃ!で、結果空回り。同じ思いを話せる仲間もいない… そんな時に始めた “息子の成長ブログ” 忘れん坊の私の記録のためでもあったけど、産院での聴覚スクリーニング検査のこと、難聴とわかってからの気持ち、検査のこと、人工内耳手術のこと、日々の様子など、息子の成長や日常をブログに綴っていました。

出典:ファンファン福岡

ブログを始めてから数ヶ月経った頃、私の元には、全国からメッセージが届いたんです。 私は1人じゃないんだ! 鳥取から、愛知から、同じ気持ちで苦しみ、悩み、同じような子どもの反応で大喜びして分かり合えるミミ友ママさんたち。本当に嬉しい出会いでした。私の気持ちがどんどん楽になっていったことを、あなたもすごく喜んでくれてましたね。 『子どもから、初めてママって呼ばれたら、きっと私たち号泣するよね。』 そんなことを話しながら、会うたびに情報交換をしたり、刺激をもらったり。”分かり合える” という環境は、障がい児ママにはとても必要なことだと、悩み多い今も感じることです。 ところで、実際いつ、私は『ママー』と呼ばれたのかな?はぁ〜これもまた覚えていないんです。(汗)あなたは覚えていますか?『パパー』と呼ばれた日のこと。たけさんが、ママよりも先に『パパー』と呼び始めて、ちょっぴり悔しかったのは、よーく覚えてるんですけどね。(笑) 『なんでーずるいよー。私もママって早く呼ばれたい!!』 たけさんは、赤ちゃんの頃から、今も変わらずパパっ子だから仕方ないですね♪

出典:ファンファン福岡

 

私がはっきり覚えているのは、人工内耳手術をしてから半年くらいの頃、 『たけさん、いただきますしたの?』 と、後ろから声をかけたら、たけさんが手を合わせてペコリとしたんです。 『聞こえた?聞こえたの?いただきますって言ったのがわかった?ママの声、聞こえた?』 涙を流しながら、何度も確認した私。言葉で、そして後ろから声をかけて伝わった瞬間。音に対しての反応は前からあったものの、言葉で伝えて伝わる!という実感があまりなかったので、感動と感激を早くあなたに伝えたい!メールの文章ではなく、言葉であなたに伝えたい!と、あなたの帰りを待っていました。 その日の私は、あなたが帰宅してからも大興奮でしたね。本当に、心から嬉しかったんです。あの瞬間。 もうひとつは、時期はいつかは忘れたけれど、電車に乗って、降りる駅のアナウンスを聞き取るゲームをしていた時、 『たけさん、”しんじゅく”で降りるから、聞こえたら、聞こえたよーって、ママに教えてね。』

出典:ファンファン福岡

集中して聞いてるたけさん。とても真剣な目が、可愛くて可愛くて。アナウンスを聞き、違うとわかったら首を振り、違うよーの合図。 『次は、新宿〜新宿です』 この瞬間のたけさんの表情。あの瞬間は、忘れもしません。宝箱でも見つけたのかと思うほど、キラキラした目で、私に、”聞こえたよ” というジェスチャーをした日のこと。喋ることも、言葉を覚えることもゆっくりペースなたけさんでしたが、”遅れている” のではなく、これが、我が子のペース。 たけさんは、なんでもなかなか上手に出来なくて、いっぱい時間がかかったけれど、楽しみに待つ時間が長い分、出来た時の喜びを積み重ねているんだ! 私はこんな風に思って過ごしてきました。内心は、不安なこと、心配なことがたくさんあったけど。これからも、たけさんのひとつひとつの成長の瞬間を、大事にしていきたいですね。あなたと2人で、ワクワクしながら、見守っていきたいと思っています。

出典:ファンファン福岡

『もうちょっとゆっくりでもいいんじゃない?』 と声をかけてくださいね。 さて、”サッカー選手になって、細かすぎて伝わらないものまね選手権に出たい”という、息子の夢の後半部分は、全力で説得して考え直してもらいたいと思っています。苦労は今で十分ですから。(笑) 『ママー、モノマネ何がいいかなー?』 と、よく相談されるので、 『何でもいいんじゃない?』 と、適当に答えていますが、思いの外、あなたより芸人の素質があるかもしれない!と感じていますよ。あなたが焦る時が来るかもしれません。(笑) そんなあなたは、お笑いコンビ【どんぴしゃ結成20周年】ひょえーーー、そんなに経っていたんですね。まだまだ下積みは続くのでしょうか?(^_^;) 息子の成長と同じように、ゆっくりでいいんじゃない?ではとても困ります。あなたの成長も変わらず見守っていきたいと思いますが、とにかく!あなたは、急いでね!(笑) 妻よしかより ■お笑いコンビ「どんぴしゃ」の芸歴20周年記念単独ライブ「どんぴ史~金色に輝け20年~」が9月4日(日)、福岡市・天神のイムズホールで開催されます。

出典:ファンファン福岡
ファンファン福岡
ファンファン福岡 | 地元福岡の情報が満載 ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動か...

※情報は2016.8.29時点のものです

出典:森本夫妻

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる