41歳で突然半身不随…「リハビリはスパルタ病院へ」【病床ROCK尺】vol.7

法坂一広の病床ROCK尺

出典:ファンファン福岡

ICUを脱出すると、早速リハビリが始まりました。ただ、体は何かにつかまって立ち上がるのがやっとの状態です。油断すれば左膝が勝手に曲がっていきます。リハビリするうちに、股関節は動かせそうだというのが分かりました。 しばらくすると、支柱が入ったサポーターを膝に巻いて、手すりにつかまりながら歩く真似ごとだけは何とか成功。しかし、小柄な女性の療法士さんに支えてもらっても、やはり膝が曲がって倒れそうでした。 生命の危機にさらされている時期、急性期での入院は1カ月まで、ということで、ぼちぼち転院先のリハビリ病院を探さなくてはなりません。いくつか名前をあげられた中に、聞き覚えのある病院がありました。数年前、妻の祖母が80歳を過ぎて大腿骨折をした時に、リハビリ入院をしていた病院だったのです。自宅からはちょっと遠いのが難点でしたが、祖母はしっかり歩けるようになっていたし、これも何かの縁だと担当の療法士さんにも相談したところ、 「スパルタだけれど、しっかりリハビリできるいい病院ですよ」 そこに転院させてもらうことになりました。 いざ転院の日、1カ月ぶりの外の世界は雨。雨男なんですよね。介護タクシーというものに、車椅子ごとくくり付けられて乗りました。せめてゆっくり景色くらい見たかったのですが、こんなものです。果たして次に外に出られるのはいつのことでしょうか。 なんて感慨に浸っている暇もなくリハビリが始まりました。いきなり担当の理学療法士の先生にやられました。支柱が入ったサポーターを膝に巻いて、 「杖を持って、一回り歩いてみましょうか」 「杖で歩くのは初めてです」 「えっ、知らなかった。そのくらいはやっていたと思っていました」 あの、添書というのはないのでしょうか。そういえば、たまたま祖母の担当も同じ先生で、それはもう厳しかったと愚痴を言っておりました。ま、そのおかげで歩けるようになったんでしょうけどね。

Profile 法坂一広(ほうさか いっこう) 福岡市を拠点に活動する弁護士、小説家。2011年に『弁護士探偵物語・天使の分け前』で第10回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞。以降、弁護士探偵物語シリーズを執筆する。最新作は『ダーティ・ワーク』(幻冬舎文庫、2015年)。趣味はアビスパ観戦とトレイルランニング。西日本新聞社刊登山情報紙『のぼろ』でショートストーリーを連載中。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる