しんどい朝もこれで解消! 二日酔いに効く食事

二日酔い、本当にキツイですよね。今回はその原因と対処法をお話します。

どうして二日酔いは起こる?  頭痛や吐き気などに悩まされる二日酔い。なぜ二日酔いになるのか、その原因ははっきりと解明されているわけではありませんが、次のようなことが関係しているのではと考えられています。 ■脱水 アルコール摂取でからだの水分調節機能が乱れ、尿量が増える ■アセトアルデヒド アルコール分解の際に発生するアセトアルデヒドが体内に蓄積する ■低血糖 肝臓がアルコール分解に集中するため、糖分が蓄えきれずにエネルギー不足になる ■胃酸過多 アルコールが胃腸粘膜に刺激を与え、胃酸の分泌が促進された結果粘膜に炎症を起こす  など。

出典:ファンファン福岡

二日酔い予防に効果的な食事の摂り方  二日酔い予防には、アルコールの吸収を抑えたり、分解を促進する働きのある食材を摂ると効果的です。 ■レーズンバターやナッツ類脂質はアルコールの吸収を遅らせる作用がある。飲酒前に口にしておくのがオススメ。 ■豆・豆製品豆製品はアルコールを分解するのに必要なたんぱく質を豊富に含む食材。さらに、納豆にはアルコールの吸収を穏やかにするムチンという栄養素が含まれており、胃に入ったアルコールが穏やかに吸収されることにより、肝臓にかかる負担が軽減される。 オススメメニューは冷奴、枝豆、オクラと納豆の和え物など。 ■柿柿に含まれるシブオールというタンニンがアルコールの分解を早め、カタラーゼという酵素がアセトアルデヒドを分解。オススメメニューは豆腐も摂れる白和え、ワインと合わせるなら柿とチーズの生ハム巻きも◎。 ■ブロッコリーなどアブラナ科の野菜ブロッコリー、カリフラワー、大根といったアブラナ科の野菜に含まれるスルフォラファンが、アセトアルデヒドを分解。 オススメメニューはサラダやグリル、大根であれば浅漬け、カクテキなど。 ■ごまごまに含まれるセサミンという成分がアルコールの分解を促進する作用がある。胡麻和えやごま油を使った料理をおつまみにしながら飲むのもオススメ。

出典:ファンファン福岡

二日酔い解消に効く食事はコレ!  水分と糖分を補給して、二日酔いの解消につなげましょう。 ■飲み物 ●スポーツドリンク:口当たりもよく糖分補給もできる ●トマトジュース:トマトに含まれるリコピンがアセトアルデヒドの働きを抑える ●フレッシュジュース:ビタミンCや糖分がとれるので、二日酔いの解消に効果的 ●牛乳:セロトニンが気持ちを落ち着かせ頭痛を和らげる働きがある。胃粘膜保護効果も ■お味噌汁 水分と肝臓の機能を高める味噌が摂れる。具材はタウリンを含むあさり、オルニチンが豊富なしじみ、ムチンを含むなめこなどがオススメ ■クルクミンの多い食品(ウコン、カレー粉など) クルクミンには肝臓の機能を高める働きがあるので、ウコン茶などで水分とあわせて摂れば、血中のアセトアルデヒド濃度を薄めることも。  もし食欲があれば、おかゆ、肉うどん、カレーなど炭水化物を含むものを食べて、エネルギーを取り戻すようにしましょう。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる