パパが産後うつ?新たな危機【イクメンブルー】について考えた

出典:ファンファン福岡

さて前回、日本全体の保育現状を改めて見てみました。 ※前回記事「待機児童、潜在保育士…日本を取り巻く保育園事情!」やはり課題はいまだに課題であって、なかなか改善への糸口が見えませんね>< しかし、とにかく一歩一歩です!頑張ろう、日本!! 今回は日本全体から、各家庭へと視点を変えていきたいと思ってましたが… そう思っていたところ、こんな話題がTVやネットで話題になりました。 【イクメンたちの新たな危機 イクメンブルー】 ??????ん?????? スーパー戦隊好きな私的には… 「え??新しい戦隊ものブルー(青のヒーロー)の名前ですか??」 っと思ったぐらいに、初めて聞いた名称でした。 でも「いや、そんな戦隊はいない。」と思い、よく記事をみたら… どうもこんな意味らしいです。 『男性、パパの産後うつ状態』 それを『イクメンブルー』『パタニティーブルー』と呼ぶらしいです。 ちょっと詳しく見てみるとこういうことみたいです。 仕事で疲れている中での育児に自信がなかったり、家事分担への負担などから子どもが出来てから鬱状態へとなる男性。 また昨今の「イクメン」ブームにより、家事や育児に積極的に関わることこそパパだという義務感やプレッシャーに押されて、家事や育児に携わることが憂鬱になってしまうこと。

出典:ファンファン福岡

ま~ママたちが悩まされる『産後うつ』みたいな感じらしいです。 それが女性だけでなく現代の男性やパパには多く、それが問題だ!と特集されたもんですから… 一気にSNSにて叩かれまくっていました。 それも多くは現役ママさんたち(一部の)からw “女性はそういう苦しみや葛藤を持って子育てしてきてんだよ。甘えるな!” “女性は鬱になってないから問題視されないの?シングルファザーはもっと大変じゃない??” “ブルーになるくらいなら、イクメンを気取るのをやめたらいいねん。嫁の方はマタニティーブルーの可能性から自分で逃げられん” (一部抜粋)

出典:ファンファン福岡

もう叩かれまくりです。でも叩いている女性やママさんの気持ちも分かります。 そもそもがまだ「男性が育児をして当たり前!」ではなくて「男性は仕事しつつも頑張って育児をしている!」感が否めないからこそ、こうやって「私たちはそれでも頑張っている!」って言われるんです。 今更、それで悩む?? 私たちはずっとそれで悩みながらも、子育てしてきたのに。 なぜ男性が悩んだりしているだけで危機とか特集されるの?? ってな感じでしょうね。 いや~まだまだ根本的な男女間での育児や家事への考え方や捉え方は、個人的にも社会的にも歴史的にもバラバラなのだということが浮き彫りになりましたね~。 <ここからはあくまで私個人の思いです。> 昔は「外(仕事)は男性・内(育児・家事)は女性」という風習がありましたが、時代とともに徐々にその風習も変わり、男女共同参画という観点から男女の分担っていうのも薄れていきました。 しかしそれでも、まだまだ男性が育児や家事に参加することに対して【特別視】されていると思います。 だからこそ【イクメン】という言葉が生まれ、ブームになったと思います。 それにより良い流れが生まれたことも確かですが、しかしこれも、今まで当たり前に子育てをしてきた女性やママさんたち、そして、それ以前から普通に子育てを一緒にしてきた男性やパパさんたちにとっては、 「なに今更??」 「当たり前なのに、なんでもてはやされるん?」 「育休取れば、イクメンか?」 と思ったに違いありません。なんだかズレが生じています。

出典:ファンファン福岡

そうしたズレから、男性は「イクメン」を目指し、女性はそんなことに疑問を抱きながらも、「イクメン」であることを男性に求めてしまう。 出発時点でズレているから、そりゃ~合いませんよね。 だから今回の【イクメンブルー】という問題とトラブルが起きたと思います。 やはりその点から見ても… 男性って社会的には得なのかもしれません。 例えば… 公園で遊んでいたら、通りかかった近所の人から 「いいな~パパと一緒に遊べて~嬉しいね。」 と言われる。 これが女性、ママと一緒だったら言われるのでしょうか? 育休を取って、家事育児をした男性、パパは 「お!!イクメンやね!!やるね!」 と褒められます。 これが女性、ママだとどうでしょ?? ちょこっと育休取れば、社会的に褒められ… 子どもと遊んでいれば、周りから褒められ… やはり男性って得だと思います。

出典:ファンファン福岡

一方で、女性はどうなんでしょうか?? 育児をして、少し悩んだり鬱になっても頑張るしかないし、周りからは「そんなの当たり前」「それが育児」を言われます。 育児をしながら仕事していると、子どもの急病やお迎えとかで休みや時間休を取らないといけません。 そうなるとどうしても仕事的にも社会的にも申し訳ない気持ちになるでしょう。 当たり前に日々、仕事をしたり家事をしたりしながらも、しっかりと子育てをしている。それを褒められることがあるのでしょうか? どうしても男女間において、子育てにおいては社会的にも捉え方にもズレがあります。 そのズレを埋めていくためには… 男性が子育てをするという【特別視】を無くすこと そして 女性が子育てをするという【当たり前】を見直すこと 子どもにとっては、どちらも親!! どんな仕事しているかなんて、特にちっさい頃は関係ないです!! パパもママもその子にとっては親!! だからこそ二人で子育て、育児しないといけません。 社会的なズレはあるでしょう。 しかしひとつの家庭でなら、そのズレは埋めれるはずです。 辛い時は辛い、手伝ってほしい時は手伝ってほしい、何かしてくれたらありがとう、家事育児の分担など、家庭で上手にコミュニケーションをとっていければ…どちらかが褒められる育児ではなく、子どもにとっても、家族にとっても、パパママにとっても最高で最適な子育てがしていけるはずだと私は思います。

出典:ファンファン福岡

目指していこう!! 自分たちにベストでベターなファミリーライフを!! ⇒#115「そんなやのっちパパの子育て術~娘と保育園~」につづく。

※情報は2016.12.7時点のものです

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる