【恐怖ママカースト】ママ友の為、入園願書の行列に徹夜で並ぶ妊婦さん

ママカーストは、ドラマの中だけの話と思っていませんか。これは幼稚園激戦区で目撃した、ママ達のパワーバランスの話。カーストの頂点に君臨するボスママのお願いを断り切れず、妊婦のAさんは、他人の子の為に、幼稚園入園願書の行列に徹夜で並びました。その結末とは・・・。

目次

幼稚園に入園するのも激戦!

写真AC

 2016年の新語・流行語大賞の候補に「保育園落ちた日本死ね」が入っていましたが、保育園に負けず劣らず、幼稚園も激戦なのを知っていますか?

 少子化とダブルインカムが、スタンダードになった昨今、幼稚園は園児を確保する為に、サービスを向上させて、他園に差をつけようと躍起になっています。

 そのため、人気の幼稚園は、2歳児向けのプレに通わないと入園できなかったり、入園願書の争奪戦がおきたりと、壮絶なのです。

 わが家の近所にある幼稚園は、まさに入園希望者が殺到する超人気園。入園願書の受付は、先着順で入園が決まることから、受付前日は、徹夜で親御さん達が行列をつくるのが、風物詩になっています。

 数年前の入園願書受付日は、シンシンと冷たい雨が降る日でした。夕方の買い物を終えて、帰宅する途中に、その幼稚園の前を通りかかると、ご近所のAさんが入園願書の行列に並んでいます。 「あれ? Aさんの子は、この幼稚園の年長さんのはず。しかもこの前、妊娠中って話していたのに、こんなに寒い日に何で外にいるんだろう」

 不思議に思って声をかけると・・・ なんと、わが子の為じゃなく、他人の子の為に、確実に入園できる先頭で並んでいたのです。

 Aさんに依頼したのは、幼稚園のママ仲間のBさん。クラスの中心人物で、ママカースト頂点に君臨するボスママ的存在の華やかな人でした。Bさんは最初、
 「うちの子が、Aさんのお子さんとお泊まりしたいって言ってるの。ぜひ手ぶらで来てちょうだい」というお誘いをしてきました。

 ところが
 「もうすぐ入園願書の受付日よね。うちの下の子も、同じ幼稚園に入れたいのに、兄弟枠がなくて、あの行列に並ばなくちゃいけないんだって。途中でバトンタッチするから、行列に並ぶのを手伝ってくれないかな。Aさんの子はお泊まりで面倒みてあげるから」と話が変わっていったそう。

 人の良いAさんは断り切れなくて、引き受けてしまいました。
 「妊婦って言っても、いつもは息子を追い回しているしね。安定期だから心配いらないよ」と言っていましたが、雨の中で傘を差しながら、ずっと立っているなんて、妊娠中の体にいいはずがありません。

 あまりに心配で、その場で温かい飲み物を買って手渡し、
 「Bさんが来たら、Bさんと旦那さんで交互に並ぶように、きちんと話した方がいいよ」と言い含めました。

写真AC

 しかし結局、Aさんは17時~22時、深夜3時~翌朝7時まで、9時間以上並んだそうです。 朝7時すぎ、Bさんがやってきて
 「ありがとう! 代わるね!」と行列に滑り込もうとしたところ、周囲の人達からブーイングが起きたのです!

 実は、長時間一緒に並んでいるうちに、親御さんの間に、徐々に仲間意識が芽生えていました。交代交代でトイレに行ったり、食事を買いに行ったりと、協力する内に、Aさんが、他人の子の為に並んでいる事情を知ったのです。
  「親族じゃない人を長時間並ばせるなんて酷いし、ずるいじゃないか!」と不満を露わにする人達に責められて、流石のBさんもアワアワ・・・。

 結局、幼稚園側が
 「親族以外が代理で並ぶのはNG」と言い渡し、Bさんの子の入園願書は受理されず、入園できなかったそうです。

 「あなたのせいで、兄弟で別々の幼稚園になった! もう話しかけないで!」そう激怒するBさんから縁切りされて、Aさんはホッと一安心。今は、ママカーストとは一線を引いて、幼稚園ママ達とお付き合いをしているそうです。

(ファンファン福岡一般ライター)

あわせて読みたい
ママ友界の秋元康!?こんなママにご注意を!  ちょうど一年前の春、娘(当時4歳)が、幼稚園の年中に進級し、新たなクラスで、そのママに出会ったのです…。
あわせて読みたい
認可保育園に入る! 点数稼ぎの鬼になったママに息子が気づかせてくれたこと 全国で問題になった待機児童問題。最近では、認可保育園に入園するのに必要な指数を上げるため、偽装離婚や会社に嘘の書類を書くように指示することなどが社会問題となっています。私も、1歳の息子を認可保育園へ入園させるために必死になっていたママの一人でした。
あわせて読みたい
保育園激戦区で何とか入園も…わずか一年で転園 その理由とは?  スプーン1杯の粗末な給食。真冬でも暖房をつけずに、室温はわずか14℃。定員オーバーで狭い室内に詰め込まれた子ども達・・・。ずさんな保育実態が明らかになり、認定を取り消された、とあるこども園の事件のニュース。まだ記憶にある方も多いのではないでしょうか? その事件が起こった当時、子持ちの友人と集まった時に「親は、こんなに酷いって気づかなかったのかな? クレームを言えば良かったのに」と話題になったのですが、一人のママがポツリと「『これって虐待じゃない?』と思っても、言えないことあるよ。保育園激戦区で苦労して入れた園なら、なおさら。先生を怒らせたら損だと下手に出ちゃうんだよね」と漏らしたのです。果たして、彼女の子どもが通う園で、何が起きたのでしょう…。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる