お歳暮の差出人が嫁の旧姓で、姑は怒り心頭!嫁姑戦争の結末は・・・

 ある日、義親に届いた贈り物の差出人が、嫁の旧姓だったら・・・やはり面白くないものでしょうか。これは、友人が新婚早々にやらかしてしまった、実際のお話。義親に気に入られようと贈ったお歳暮が、こんな事態を引き起こすとは、思ってもみなかったのです。

出典:ファンファン福岡

 女性が結婚して一番変わること。それは、名字でしょう。 銀行の通帳の名義を変え、判子を買い換え、会社に新しい名前を申請する。 筆者の場合は、結婚して名前が変わることが、寂しくて仕方ありませんでした。現在、結婚して5年目ですが、未だに旦那の名字に馴染みがなく、旧友との集まりで幹事を引き受けたら、旧姓で予約をしますし、病院で名前を呼ばれても、自分のことだと気づかないことも多々あります。  今は、旧姓のまま働き続けて、旧姓と新姓を使い分けている女性も多いと思いますが、義親の立場からすると、「嫁の自覚がない!」と腹の立つことなのでしょう。 そんなナイーブな名字問題で、嫁姑戦争になった友人がいました。  彼女が結婚してはじめての年末。義親に渡すお歳暮で頭を悩ませていました。 1年目に奮発して、あまりに高級なものを贈り、今後それが当たり前になっても困る。 しかもお腹には赤ちゃんがいて、これからお金がかかる一方。 それでも、義親には喜んで欲しい。  そこで、彼女は、食品関係の会社に勤めている特権を活かし、自社で評判の食品セットを社割りで購入して、お歳暮として贈ることにしました。普通に購入すれば、1万円以上の人気商品。間違いなく喜ばれるだろうと思っていたら、まさかのお叱りメールが届いたのです。

出典:ファンファン福岡

 「今日、お歳暮が届いたのですが、誰から贈られてきたものなのか、見当もつきません。 もしや佐藤由香さんって、貴方のことではないわよね? 貴方は、もう佐藤ではなく、中村ですものね。 貴方が、厚かましく、恥知らずなことをしているとは思わないけれど、旧姓のまま働いてるってことはないわよね? 息子ちゃんが優しいから、働かせてあげているけれど、私達は、主婦が家庭をないがしろにしてまで働くことは反対です。 もし旧姓がそんなに恋しいなら、いつだって旧姓に戻ってもらって構いませんから」  彼女は、旧姓で仕事をしているため、差出人が旧姓のまま義親にお歳暮を贈ってしまったのです。 自分のミスを後悔しながら、義母からのメールを読み返して、ムカムカは募る一方。帰宅してからすぐに、旦那に対して大爆発しました。

出典:ファンファン福岡

 「ねぇ、今私達が住んでる家、私の会社から家賃補助が出てるのよね?冬のボーナスも、私の方が少し多かった。子供が生まれて、産休育休はとるけれど、福利厚生が手厚いんだから、仕事には戻るよ。ダブルインカムでも家計は厳しいのに、なんで女が働く時に、旦那の許可がいるの?そもそも主婦ってなに?義母さんは、なにか勘違いしていない?」  そうまくし立てる彼女に、旦那は目をシロクロ! 以来、義親への贈り物は、実子の役割と決めて、彼女は実親にしか贈り物をしていません。 お歳暮やお中元、義親の誕生日、母の日、父の日・・・すべて知らんぷり。  メールアドレスも変更し、姑からの連絡は、すべて旦那を窓口にして、最低限しかお付き合いをしていません。  最近、子供が生まれて、義親は孫の写真を送ってこいと催促しているようですが、面倒くさがりな旦那が、果たしてまめに写真をとって送っているのか・・・彼女はノータッチです。 (ファンファン福岡一般ライター)

えっ それがお中元のお返し?!義母の非常識過ぎる対応に怒り心頭

【土佐嫁VS薩摩姑】「嫁は、夫実家を立てて当然」。姑が、嫁実家にクレーム電話!

それ、もはやゴミだよね? バザーに不要品ばかり出すモンスターママ

お歳暮おすすめカタログギフト13選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる