生まれる前に弟と出会っていた?長男の胎内記憶に感動!

長男は2歳半頃からいわゆる「胎内記憶」を話してくれるようになりました。 時には、私のお腹に入ってくる前のことまでも…。その中でも特に驚いたのが、次男と二人、生まれる順番を決めて私のお腹の中に来たという話。 なにか運命的なものを感じて、さらに子供たちが愛しくなりました。

出典:ファンファン福岡

我が家の長男は2歳半頃から、お腹の中にいた頃の話をよく聞かせてくれるようになりました。 初めて「胎内記憶」について話してくれたのは、寝かしつけのお布団の中。お腹の中にいた時と同じような温かさに、思わず話し始めてしまった、というような感じでした。 「お母さんのお腹の中とお布団はおんなじだねー。あったかくて気持ちいいねー」 突然の長男の発言に驚きつつも、胎内記憶については元々興味があったので、お腹の中はどんな風だったのか、さらに聞いてみることにしました。 「お腹の中は暗かったよ。お母さんの顔が見えなくて、寂しかった」「だからね、早くお母さんの顔が見たいなーって、早く出てきたとよー!」 思わずじーんとしてしまった私は、思わず涙。 実は、長男は出産予定日よりひと月以上早く生まれてきていました。そのせいで哺乳力が弱く体力も低かったため、しょっちゅう病院通い。 私は常々、予定より早く生んでしまったことを申し訳なく思っていました。でも、長男は「違うよー、早く会いたかったから」と、私の胸に詰まっていた思いを軽くしてくれました。 「そうだったんだね。ありがとう。お母さんも、早く会いたかったんだよ」 抱きしめながら言うと、長男も嬉しそうに笑っていました。

出典:ファンファン福岡

「あのね、お母さんのところに来るの、ぼくの方が早かったでしょ?」 ニコニコしながら言う長男の真意がつかめず、「どういうこと?」と聞いてみると、びっくりするようなことを話し始めました。 「最初は二人でおったとよ」 …もしかして、今、お腹の中に来る前のことを話している?二人って、長男と次男が一緒に居たってこと? ドキドキしながら聞いてみると、長男はケロっとして「そうだよー」と。 「ぼく一番に行くよーって、お母さんのとこに来たよ」「でも、すぐに来たかったから、行くよーって(次男も)すぐ来たよね!」 確かに次男は、長男が1歳の誕生日を迎える前に、私のお腹に宿ってくれました。 「年の近い兄弟ができるといいな」と思っていたので、すごく嬉しかったのですが、まさか生まれてくる前の二人にそんなやりとりがあったなんて、なんだか信じられない感じです。 「一緒に来るって、言ったもんねー?」 長男は次男の手を握って頭をナデナデ。いつも仲良しで、お互いが大好きな息子たち。生まれる前に兄弟になると約束して、二人でやって来てくれたのだと思うと、その絆の強さに胸がいっぱいになりました。 「二人とも、お母さんのところへ来てくれて、ありがとう」 私は息子たちが愛おしくてたまらなくなり、涙ボロボロで二人をギューッと抱きしめてしまいました。 今では、お腹の中にいた時のことは忘れてしまったのか、長男に聞いてもほとんど話してくれなくなりました。でも、これまで話してくれた一つひとつのエピソードは、今でも私の中で大切な宝物になっています。 (ファンファン福岡一般ライター)

「ゴハン!ゴハンあった!」長男と次男、胎内記憶のちがいが神秘的!

3歳の息子に胎内記憶を聞いたらビックリ!生前記憶を語り出した!

おなかの赤ちゃんが見える?! 娘の驚きの一言で妊娠判明

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる