ママ友に誘われた料理教室。驚きの実態にドン引き!

借金のお願い、宗教の勧誘、マルチ商法のお誘い。この3つを友人から持ちかけられたら、すぐに縁を切った方がよい”ブラック友人”の可能性大です。 筆者の場合、お金にまつわるトラブルはありませんが、学生時代にとある新興宗教に勧誘されたことがあります。「あのテロ事件を起こした宗教とは別物なの?洗脳されてない?」と下世話に食いつきすぎて、あちらから縁を切られてしまいました。 もうそんな”ブラック友人”に遭遇することもないだろうと、高をくくっていましたが、なんとママ友にとんでもない勧誘をされかけたのです。

出典:ファンファン福岡

1年ほど仲よくしているママ友から「料理教室に興味ないかな?一緒に参加しない?」と誘われました。ちょうど料理のレパートリーを増やして、日々の献立に役立てたいと思っていた私は、喜んで参加することに。 当日、ママ友と待ち合わせをして、向かったのは高級タワーマンションの一室でした。「料理を教えてくれる先生の個人宅なのかな?」と疑問に思いつつ、お邪魔すると、そこは高層階ならではの、眺望の良い素敵なお部屋で、数名の女性達が出迎えてくれました。その後、私のように初めて参加する人が6名ほどやってきて、料理教室はスタートしました。 まず「あれ?」と違和感を抱いたのが、煮物を作っている時でした。 先生が、料理はさておき、調味料の説明を長々とはじめたのです。

出典:ファンファン福岡

「こちらの醤油はね、遺伝子組み換えではない国産の有機大豆だけを使っているの。しかも、天然のわき水を使って、木樽で熟成させた本物の醤油なのよ。皆さんが普段食べていらっしゃる醤油の味との違い、はっきり分かるはずです」 「煮物に甘みをつけるには、この体に優しい砂糖を使います。さとうきび本来の味わいが楽しめるオーガニックシュガーなのよ。普通の砂糖と比べたら、栄養も豊富で、本当にいい商品なのよ」 立て板に水のごとく、すらすらと調味料の魅力を説明する先生。続いて、煮物を調理している鍋が、どれほど素晴らしいのか説明が続きました。 「数量限定の鍋でね、この鍋でコトコト煮込むと、魔法みたいに美味しくなるの。この鍋さえあれば、他の鍋なんて必要なくて、私なんて他の鍋は全部捨てたんですよ」 あれれ?黄色信号が灯ります。 しゃべり続ける先生と、張り付いた笑顔で調理を手伝う女性達、そして、うんうんと大きく頷いているママ友に対して、薄気味悪い印象を受けました。 さきほど先生が絶賛していた調味料を、さも興味がありそうに手にとってみます。そっと裏返してパッケージを見ると、原材料や内容量が表示された食品ラベルのところに、マルチ商法で有名な会社の名前がありました。 これは危険!赤信号! 熱心に先生の話を聞いているママ友に「トイレをお借りしてもよいかしら?」と声をかけて、トイレに向かいました。廊下に出ても、まだ先生の話が続いている声がします。

出典:ファンファン福岡

教えてもらったトイレの場所には、2つの扉がありました。1つめの扉を開けるとトイレでした。悪いことだとは思いつつ、もう1つの扉をソッと開けると、そこはダンボールの山がどっさりと置かれた小部屋でした。扉を開けてすぐ、無造作に積まれたダンボールの上に、一冊の薄い冊子が置いてあったので、冊子を手にとり、そのままトイレにこもりました。 ザッと目を通すと、それは勧誘マニュアル本でした。 「高級マンションのパーティールームなどを使い、仲間入りすれば、こんな素敵な部屋に住めるのだと信じさせる」 「勧誘に誘ったら、その日のうちに、必ず連絡をとって、次につなげる」など。 料理教室がマルチ商法の勧誘だったことよりも、ママ友に鴨だと思われていたことが、ショックでした。なんとその日の料理教室は、4時間にも及び、たびたび調味料や鍋を勧められました。そしてその日の晩、勧誘マニュアル通り、ママ友からすごい件数のLINEが届いたのです…。 ”ブラック友人”と、怖すぎる料理教室、皆さんもお気をつけください。

0歳児に小籠包?菓子パン? ママ友のありえない離乳食にびっくり

セレブ幼稚園で驚愕! 遠足タクシーに、運動会ケータリングは常識!?

ママ友宅のセレブなハロウィンパーティーに驚愕!事前のリサーチは必須です!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる