働くママ驚きの事実!認定こども園の落とし穴

引越しに伴い、幼保連携型から幼稚園型の認定こども園に転園した次男。同じ「認定こども園」とは言え、入園して初めて明らかになった両者のギャップにびっくり。働くママも驚きの事実とは一体…?

出典:ファンファン福岡

 そもそもは、元保育園の幼保連携型認定こども園に入園していた次男。「保育園」がベースになっていた園では、行事は限りなく少なく、保護者の係や役員などもナシ。働く保護者に優しい、大助かりなルールでした。  しかし、引越しに伴って転園した先は、元幼稚園の幼稚園型認定こども園。事前に、それぞれの特徴をきちんと確認していなかった私が悪いのですが…。  同じ「認定こども園」でありながら、幼稚園さながらの保護者の出番の多さに頭を悩ませています。  事の発端は、幼稚園型認定こども園での入園説明会の時でした。幼稚園児と保育園児が通う園では、両者の保護者に同一の概要書が手渡されたのですが、目が釘付けになったのが、「夏休み」についてのくだり。  「全園児対象」という説明に、心がざわつき始めます。  「…まさか、保育園が休みになるわけないよね?」「恐らく、幼稚園児のことを言っているんだろう。」そう思いながらも、転園したばかりで同じ園にママ友がいない私は、不安まっしぐら。説明会終了後、あわてて担任の先生のもとに駆け寄ります。

出典:ファンファン福岡

 「保育園児さんもお休みですよ~」想定外すぎる先生の返答に、固まる私。そんなはずはないと、以前いた保育園では夏休みがなかったことを懸命に説明します。  「夏休みがないんですか?」逆に、聞き返してくる先生に、さらに驚きを隠せない私。鳩が豆鉄砲を食った状態です。  こうして、念のため、園長先生に確認してもらうことに。  しかし…結果は、あっけなく完敗。「幼稚園型」という分かりづらいカテゴリー分けのもと、保育園児にも特別に夏休みが認められていたのです。  「認定こども園って、幼稚園と保育所の両方の良さを併せ持っている施設でしょ?」「仕事をしている両親にとって、どこに優しさがあるの?」「事前に、ちゃんと説明してよ!」声に出したくても出せない、いらだちが沸々と湧き上がってきます。  夏休みの他にも、「幼稚園型」の言葉のもと、幼稚園ルールは続々と出現。ひとり一役の役員はもちろん、バザーや餅つきなどの面倒な行事も山ほど。  しかも、施設維持費というオプション費用まで…次から次へと、予想だにしなかった事実が判明。働くママへの負担が重くのしかかってきます。  私だって、鬼母ではありません。本音では、子どもとの関わりを持ちたいし、少しでも長い時間一緒にいたいと思っています。でも、働いている以上、子どもを預けている間は仕事に集中したいのです。  「前の園に戻りたい…。」転園して3ヶ月たった今。常に、頭の中で「転園をどうするか」考えている私です。 (ファンファン福岡一般ライター)

こども園にすぐ慣れた次男 大変だったのは五月病!

入学入園後もハードだった 3歳差兄弟をもつワーキングママの話

保育園激戦区で何とか入園も…わずか一年で転園 その理由とは?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる