浴衣は、もはや“新ジャンルファッション”?“エロいコスプレ”???

夏になると、良く見かけるのが、 『浴衣パーティー』や『浴衣を着用の方特典あり』のご案内。

出典:ファンファン福岡

まあね、 浴衣女子は普段着の3割り増しくらい美人度が上がるらしいので、 オトコ受けは良いようです(笑) そもそも、 浴衣って、入浴用から寝巻きに変化したもので、 「湯帷子(ゆかたびら)」と言われ、平安時代の貴族が、蒸し風呂に入る時、水蒸気でやけどをしないように着たことが、ゆかたの起源。その後、湯上がりに着られるようになり、寝間着として定着 だから、バスローブみたいなもんだったわけよ。 素肌に一枚、下着も着用しないで着るわけだから、 まあ、そこはかとなくエロさが漂うのも、当たり前。 江戸時代になり、町人文化の発展に伴って、「浴衣(ゆかた)」に進化。盆踊りや夏祭りなどの、ちょっとした『夜』の外出にも着られるようになりました。

出典:ファンファン福岡

ここで、やっと、”寝間着”から、”ワンマイルウェア”に昇格ね! それでも、私の認識では、あくまでも、浴衣は『夜のカジュアルウェア。』 フォーマルな集まり(結婚式やレセプション)、一流ホテル、高級レストラン、高級ブティックなんかでは、基本的にはNGだと思います。 “寝巻き”だった浴衣は、靴下を履かずに素足で下駄でしょ?これって、ビーチサンダルで歩いているのと変わりがなく、正装をする場所ではどんなに”おしゃれで高級な浴衣”でも、マナー違反になることもあるから要注意なの。

出典:ファンファン福岡

例えば、クラシック音楽のコンサートや、歌舞伎などは、浴衣での入場が禁止になっている場所もあるから、事前に要確認です。 おしゃれしたつもりでも、勘違い女になるかも、、。 近年では、”浴衣”で行くとサービスを受けられるお店があったり(なんでやろ?)お昼間から『浴衣でランチ会』や、『高級ホテルでの浴衣パーティー』も定着してきた。 まあ、『浴衣(ゆかた)』という新しいジャンルのファッション?もしくは コスプレ?なのでしょうか?! 『昼間っから浴衣を着るなんて!』 『湯上がり着で、パーティーかよ!』 と、目くじら立てるのも大人気なく、時代においていかれるようなな気がするのだけれど、、、。 個人的には コッテコテなパーティーメイクした顔にばっちりセットした髪で、ブラジャーつけたまま、気取って浴衣を着るよりも、 夕方、シャワーで汗を流し、さっぱりとした素肌にさらりと浴衣一枚、すっぴんメイクに軽く髪をまとめ、近所の夏祭りや花火デートなんかにお出かけするのが、一番、浴衣らしくて、素敵かなあ、、 なんて思います。もちろん、カジュアルなカフェやビストロくらいまではOK! ちなみに、 私がドレスコードが『浴衣』のパーティー(ホテルや高級レストラン)に出席する場合、 ある程度、上質の素材の浴衣に襦袢は着なくても、半襟をつけて、足袋と草履で、夏着物風に、ちょいと格上げして、お出かけします。

出典:ファンファン福岡

間違っても、ペラッペラの浴衣の襟を抜いて、ピアスつけたり、派手な髪飾りつけたり、派手ネイルなんてしないです。ガラガラ大きな音を立てて、ホテルの大理石の床を歩きたくないので、下駄も履かないなあ。オトナですから、、悪しからず、、、、。 どこで、何を着て、何をやっても、ほぼオールOKな日本だけど、だからこそ、、いつ?どんな装いを、どうチョイスするのか?は大人の女性として、とても大切だと思います。

出典:ファンファン福岡

いよいよ、夏も本番!思いっきり楽しんでくださいね~。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる