手打ちうどんなら、福岡赤坂の松島。絶品裏メニューあり!

 タモリさんは、「うどんにコシは要らない」と断言します。たしかに、博多、福岡のうどん好きのみなさんは、「因幡うどん」のようなとろけてのどを通るタイプをほめたたえる人が多いようです。  しかし、そげな「やわいうどんが一番」という方も、一度中央区赤坂の「うどん処 松島」に足を運んで下さい。手打ち手切りのコシのあるうどんの魅力を再発見するはずです。

出典:ファンファン福岡

 繁華街天神から2キロほど西、有名な鴻臚館跡などのある福岡城址近くに静かに佇んでます。  右隣の「あそび亭」も、妙にきになりますが。。。

出典:ファンファン福岡

 ほのぼのしたおもむきのメニュー。福岡・博多のうどん屋さんにしては、少しだけ高めでしょうか。釜あげがあるのは、讃岐系の証拠か。  で、私は、ここに書いてないのしかいつも頼みません。  「他人ごぼう、下さい」。いつも、ただ一言、これを発します。

出典:ファンファン福岡

 来た来た。他人ごぼう。なんだかわかりますかぁ。

出典:ファンファン福岡

 少し食べてみると、わかりやすいかな。ん、ちょいと肉食べ過ぎてわかんなくなったかな。  他人=牛肉&とじ卵にごぼう天を合わせているのです。欲張りな自分、他人だけではダメ、ごぼう天だけでもダメ、まして肉だけでは全然物足らんのです。甘がらく煮込んだ牛肉のエキスがスープに溶け出し、そこにといた卵がからまっていく、そしてごぼう天の衣が汁にひたり、ついにごぼうまで柔らかくとろける、なんとも贅沢な「具沢山」に、コシのある手打ち、手きりのうどんが実に合うのです。  もう、ここに来たらこれ一本。そう決めてしまいました。

出典:ファンファン福岡

 元々食べるの早い私ですが、瞬時にこの姿。  でも、ごちそうさまにはまだ早い。

出典:ファンファン福岡

 このメニュー頼んで、全部飲み干さなければ、お店にもうどんにもつゆにも失礼です。本来砂糖を抑えたダシに牛肉の甘味が加わった旨さ、もうたまりません。  で、お値段は750円。  先ほどのメニュー写真もう一回ご覧いただきたいのですが、これだけ色々トッピングして他のメニューからそれほどかけ離れるわけじゃありません。  東京などから出張で福岡に来られる人にも、自信を持っておすすめしてます。  声を大にして、もう一回言います。「松島で他人ごぼうを食べて下さい!」。  ※私は、しがないラーメン屋のせがれであり、松島さんのまわし者ではありません。  

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる