#子連れ会議OKは、ほんとにOKなんでしょうか?

去る11月22日、熊本市の市議会でこんなことが起きました。議員さんの1人が7ヶ月の赤ちゃんを抱っこし、同伴で議会に参加。議長や他の方々から色々と言われ、結局退出し、家族の誰かに預けて後に40分遅れて、議会が開始したという 所謂「子連れ会議騒動」

出典:ファンファン福岡

また色々と物議を起こし、SNSでもその討論は白熱し、ツイッター中心では「#子ども会議OK」のタグが広まっているとのこと。 いやはや、、、なんやかんや起こりますね。違う話題なんだけど、これって「保育園落ちた…」の騒動みたいな気がして。 ならないです。=一過性で、そこだけ盛りあがり、どうにかせないけんけど、結局はなあななになる顛末。 これに関しても、そりゃ色々と意見が出るのはもっとも!!なので私もただの一般ピーポーのパパが論じてみたいと思います。 そもそも「#子連れ会議OK」ってほんとOKなんでしょうか?? 「神聖な議会の場に…」みたいな意見もありましたが、

出典:ファンファン福岡

そもそも議会にしろ国会にしろ、神聖のカケラさえ微塵もないと思います。居眠り、ヤジ、デモ看板、牛歩、人の話を最後まで聴かないなどなど…子どもたちの会議よりも劣っている。それを神聖と呼ぶことさえ馬鹿げているので、今回は議会がどうだとかは関係なく、所謂普通の会議に子連れがOKなのか?NGなのか?それが問題なのだと思います。 どうでしょう?冷静に考えてみて下さい。 今回の議員さんの子どものように7ヶ月の子誰かが一緒に来たら、どうでしょ?今まで通りの会議ができるでしょうか? はっきり言って、NGで今まで通りに出来ません。1対1とか、気の知れたメンバーなら大丈夫でしょうが、一般的にビジネスの会議においては、やはりNGでしょう。 それでは、どうしたらOKになるのか?  それはその会議に参加するすべての人が「今回の会議にはAさんが子ども連れて参加します。」という共通の理解がなければ、OKとはなりません。 話す声の大きさ、会議の時間、空間や空調などなど…事前に分かっていても、それに対応するまでには準備が要ります。その準備があって、すべての人がOKという意思のもとに成立します。 いきなりポーーーンと連れてこられても、きっとうまくいきません。本人(お母さん)は「あっ気にしないでください。」っていっても、周りの人は気にするし、何よりも子ども自身も気になると思います。

出典:ファンファン福岡

勿論、「#子連れ会議OK」と示している人はOKなんでしょうが、あまり個人的にはおススメはできません。 子どもを預ける人がいないから仕方ない。確かにそんな時もあるでしょう。分かります。そうなると連れてくるか?会議をずらすか欠席するかしかありません。 今回の議員さんはどうだったでしょうか? 結局、預かってくれる人がいたのなら、最初からどうにかならなかったのか?事前に議長に「連れてくるかも」みたいな連絡は入れたらしいですが、OKも出てなくて連れてくれば、それは色々言われますよ。規則は規則です。 といっても、どうも会議規則にはそういうルール(子どもをつれてくることはNG)がないとのことで連れてきたらしいですが…いずれにせよ、いまの日本では常識的にNGであることは間違いない気がしますが。 こういう意見もあります。  「海外では、よくあることよ!」 はい、来ました。あそこは当たり前だから、こっちも当たり前でしょ論!確かに海外では、今回みたいにお母さん議員さんが子どもを連れて参加したり、中にはその場で授乳したりしても、別に何も言われず議会が進んだという例があるようです。 素晴らしい!!という思いはあります。日本もそうであれば、今回みたいな騒動にはならなかったと思います。 しかしながら、それは海外であって…そのすべてや良いことが、日本に当てはまるっていうわけではないんです。他のところもしているからこっちも大丈夫でしょ?っていうのは幼稚な考えだと思います。 なら、何もしないのか?この議員が悪いのか? 懸命で素晴らしい行動だったとは、決して言えませんが…これが日本における子育てや育児についての理解度の現状だと分かったと思います。 この現状をどうにかしたい!というパフォーマンスだとしても、もう少しうまく、それを仕掛ける環境の見極めが必要だったと思います。ルールは破っていない、しかし批判が出る。そういう流れこそが今のご時世です。先々改革のヒロインになるかもしれませんが、少し勇み足というか準備手回し不足だったのではないかと思います。

出典:ファンファン福岡

議会自体も、もう少し寛容に対応していけば叩かれることもなかったでしょう。 子どもや赤ちゃんに優しく対応するだけで印象は180度変わるのですが。。。 この議員さんよりも議会や事務局の方が失敗したような印象もあります。随分前からこの議員さんから相談や要望を受けながらも柔軟に対応しなかったから、こうやって議員さんが強行手段に出たと思います。しまいには厳重注意で、すべての否をこの議員さんに押し付けるとは。 「育児中なんだから…」と擁護する声もありますが、育児中だからってすべてを許せたり、規則がないからって何でもOKでもありません。一部の職場では子ども連れで働いているお母さんもいるでしょうが、ほとんどの場合、どうにかして預けたり頼んだりして、努力しながら工夫しながら子育てしていると思いますよ。 勿論、子育て中に仕事との兼ね合いがうまくいかないことは多々あります。そんな「無数の悲痛な声」があるのは分かります。 「そんな場所(議会)に連れられてきた子どもが可哀想。」っていう声もありますが、多分子どもは親やママといるのが一番嬉しいはずなんです。可哀想をはき違えたらいけません。 また、都合よく子どもの感情を利用したらいけません。その子にとっては、きっと議会から退出して、誰かに預けられた時の方が一番泣いたり悲しい気持ちになったのではなかろうかと思います。。。 今回の騒動は私的には、どうも賛同できません。 もしかしたらこの議員さんの行動が、今後の議会や職場においての「#子連れ会議OK」の改革的な始まりになるかもしれません。なるならそれで良いと思うし、そしたらあれをして良かったともなるでしょう。きっと改革なんてそんなことで始まるのでしょう。 でも、一般ピーポーの私的には、やはりそういう改革のヒーローより、我が子のヒーローになりたいと願っています。(まっ議員さんと一般ピーポーの感覚の違いは大きいですが。) どうすれば我が子が豊かで、安心して、元気に過ごしていけるか?それを常に考えていけるようなヒーローであれば十分です。

出典:ファンファン福岡

となれば、やはりこういう騒動でどうしても矢面に立たされたり、議会という不慣れな場所に連れて来られては、また誰かに預けられるし、知らない人たちにはこうやって叩かれたりなんやかんや言われる…結果子どもの為と思いつつも、自分の子どもにはなんだか悪い影響を与えている感じが否めません。 ともあれ、全体的に言えるのは… 今の日本は、子どもにも大人にも優しくないってこと!!

出典:ファンファン福岡

子どもの保育園問題や待機児童の問題、子育て中のママ達の社会的待遇や職場復帰の環境不足の問題にしろ…こういう動きや騒動が、近年、よく起こっています。 しかし、どれも一過性で、そのときだけ盛りあがり、どうにかせないけんけど、結局はなあなあになる顛末ばかり。政府も偉い人達も、自分事に捉えず、どうにかしようとしていますというだけ。 結果、この議員さんみたいに我慢ならず動けば…叩かれる。その繰り返し!! もっと、社会全体的に「優しく」ならないと、日本は変わりません。もっと、人に優しく、子育てに優しい国になって欲しいと願います。

出典:やのっちパパ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる