「キャラ弁よりもカッコイイ!」小学校で大ブームになっているのは!?

フォトジェニックなお弁当に仕上がると、インスタで大人気の曲げわっぱ。流行りにのって息子のお弁当箱を曲げわっぱにしたところ、小学校で一大旋風を巻き起こしています。

出典:ファンファン福岡

 健康のために、家族の昼食は手作り弁当にしている私。おかずには冷凍食品を一切使うことなく、オーガニック食材で一品一品手作りしています。  そんな私がずっと気になっていたのが、曲げわっぱの弁当箱です。 子どもたちのためにインスタでおしゃれなお弁当を調べていると、かなりの頻度で目にする曲げわっぱの弁当箱。安いものでも1段で5,000円前後と値が張るので、最初は躊躇していたのですが…  「冷めてもおいしい」「からだにやさしい」など、投稿のコメントを読むうちにすっかり心変わりしてしまいました(笑)

出典:ファンファン福岡

 こうして、ついに曲げわっぱの弁当箱に手を出してしまった私。 家族全員分買うのは予算的なハードルがあったので、まずはお試しと言うことで自分用に1個だけ買ってみることに。  スギとヒノキの天然木でできた曲げわっぱは、使い始めに躊躇してしまうほどの美しさ。 お弁当箱として買ったにも関わらず、汚れるのが不安になった私は、最初は恐る恐るご飯だけを入れてみました。

出典:ファンファン福岡

 こうして、待ちに待ったランチライム。 ご飯だけでも絵になる曲げわっぱ弁当箱に感動しながら、ご飯を口に入れてみました。すると、ビックリ!ご飯がもち米でもないのに、もっちもちに。  店主の説明通り、曲げわっぱがご飯の余計な水分を吸収し、お米本来の旨味を引き出すどころか、クラスアップさせています。  曲げわっぱ、神ってます! こうして、家族分の曲げわっぱを購入すべく、夫にプレゼンすることに。 この美味しさを分かってもらえれば、きっと財布のひもは緩むだろうと思ったのです。  ところが、家族の中で誰よりも曲げわっぱにハマったのは、意外にも小4の息子。曲げわっぱ飯を食べた翌日から、息子の弁当箱と交換させられてしまいました。  とは言え、曲げわっぱの渋すぎる見た目から、「小学生には早すぎたかも…」と、少し不安になった私。 「曲げわっぱ弁当箱が原因でイジメにあったりしないよね?」と、息子が帰宅するまでの間、気をもむことに…。  ところが、「キャラ弁よりもカッコイイ!」って言われた!と、帰ってくるなり満面の笑みで嬉しそうに報告してくれた息子。  クラスでは「ツウだね」と、逆に一目置かれる存在になったようです。 それ以来、息子が火付け役となり、小学校では曲げわっぱ弁当箱の大ブームが起こっています。 (ファンファン福岡一般ライター)

発達障害の高校生の息子が、自立に向けて初めての弁当作り

小学5年生の娘が中1ギャップ? 先生の「手引き」が裏目に

息子に言いたいけど言えない「その自由研究、やめたほうが…」その理由は

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる