猿のお面で災いサル!? 2018年の初庚申は1/28(日)猿田彦神社

福岡を訪れた人に、「なぜ家の前に猿のお面が飾ってあるの?」と尋ねられることがあります。

出典:ファンファン福岡

民家やマンションの表札近くに飾ってあることもしばしば。魔除け?縁起物?そう不思議に思う方が少なくないようです。 実はこれ、地元では有名な猿のお面。福岡市早良区藤崎にある猿田彦神社で売っているお面なんです。 境内には赤いほおかむりをしたお猿さんがいたるところに見受けられます。

出典:ファンファン福岡

こちらの神社では毎年、その年の最初の「庚申(かのえさる)の日」に厄よけを祈願する初庚申(はつこうしん)大祭があり、そこで縁起物の素焼きの猿のお面が販売されます。 ※2018年の初庚申祭は1月28日(日)です。 2018年の庚申祭ご案内 初庚申 1月28日(日)5:30~19:00二番庚申 3月29日(木)7:00~18:00三番庚申 5月28日(月)8:30~17:00四番庚申 7月27日(金)8:30~17:00五番庚申 9月25日(火)8:30~17:00終庚申 11月24日(土)8:30~17:00 猿のお面は、「災いが去る(サル)」に通じるとされ、玄関に飾っておくと魔除けの効果や幸福が訪れると信じられています。毎年、初庚申大祭の日には、このお面を買い求めに夜明け前から行列ができるほどです。最近では、猿は木から落ちないということで、受験の合格を願って購入する人もいるそうです。 猿のお面で厄除け、開運祈願。お猿さん、今年もどうぞよろしくお願いします!

出典:ファンファン福岡

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる