「まさか」衝撃の光景に唖然!赤ちゃんを抱っこしてスキーはあり?なし?

いよいよスキーシーズン到来!寒くて屋外遊びがしにくい季節だからこそ、キッズウェルカムなスキー場は冬のお楽しみです。 そり遊びや雪合戦、かまくら作りといった、古くからある雪遊びはもちろん、大きな浮き輪型のそりで滑るスノーチュービングや、雪の上でも遊べるスノーストライダーなど、子供が思いっきり遊べるアトラクションが満載!暖かな休憩室や託児室を併設したスキー場も多く、小さなお子さんを連れてスキー場を訪れる家族も多いことでしょう。 そんな親子で楽しめるスキー場で、「まさか!」と二度見する驚きの光景を目撃しました。さぁ、なにを見たのでしょう。

出典:FamVeld/iStock/Thinkstock

昨年、2歳と4歳の子供達を連れて、ゲレンデデビューをしました。夜の間に新雪が降り積もり、朝日を浴びてキラキラと光る一面の銀世界に、子供達は大興奮。 スキー場に行くまでは、「2歳児には、まだ雪遊びは早かったかな?こんな小さい子を連れてきて、非常識だったかな」と不安に思っていたので、たくさんの幼い子達が、ぶかぶかのスノーウェアに身を包み、ポテポテと歩く様子を見てホッと一安心しました。 子供達を連れて、子供限定の雪遊びゾーンに向かうと、すぐ横をスキーヤー達が滑り降りてきます。小学生くらいの子供達が滑り方を教わるスキーレッスンも開かれており、「子供達がもっと大きくなったら、子供達はスキーレッスンに参加させて、私達は普通にゲレンデを滑ってもいいよね」と旦那と話し合っていました。 ふと見上げると、ずいぶんとふくよかなスキーヤーが、滑り降りてきます。スキーヤーの胸のとことがこんもり膨らんでいるのが目に入りました。「あれ…?まさか!!」と二度見。 よく目をこらしてみると、ふくよかな塊は、もこもこのスノーウェアに包まれた赤ちゃん!?そのスキーヤーは、抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしたまま、スキーを楽しんでいたのです。

出典:chameleonseye/iStock/Thinkstock

その日は、3月上旬の快晴の日で暖かく、ゲレンデは緩斜面だったので、そのスキーヤーもそれほどスピードを出していませんでしたが、赤ちゃんが抱っこされたままスキーをしている様子にびっくり。 旦那と「え…?赤ちゃん抱っこしたまま滑っていいんだっけ?よくリフトの人も注意しなかったね」と半ば呆れるような気持ちで話していました。

出典:Sasiistock/iStock/Thinkstock

数時間後に休憩室に向かうと、さきほどの赤ちゃん連れスキーヤーが今度は授乳をしています。 スノーウェアと赤ちゃんの頭部で隠れて、バストが全開になっているわけではありませんが、授乳室ではないので、カーテンはなく、男性達は目のやり場に困っている様子。 赤ちゃん連れでスキー場に行ったとしても、託児室に預けるという選択肢もあったので、赤ちゃんを抱っこしたまま滑っていることに驚きを隠せません。 授乳が終わるとそのスキーヤーは、また抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこして、颯爽とゲレンデに向かってしまいました。 この話を、スキーが大好きな友人(1月〜3月は隔週ペースでスキー場に通う)に話したところ、「あ!それ私もやったことある!」とケロッと告げられて、二度びっくりしたのです。 友人は3人の子供がいて、上の2人のお兄さん達は4歳からスキー教室に通い、小学生の今では大人顔負けのコースを滑り降りる名スキーヤーになっているそうです。 そして末っ子の娘は、なんと0歳10ヶ月の頃から抱っこ紐でスキーデビュー!抱っこされている間はほとんど寝ているし、起きている間はキャッキャッとはしゃいでいたそう。 そんな早期英才教育の成果か、末っ子は2歳で自分のスキー板をつけて滑るようになり、3歳の今はお兄さん達に負けずに難しいコースを滑走しているそう。 誇らしそうな友人に、釈然としない物を感じ「抱っこ紐でスキーなんて、転んだ時に怖くない?」と尋ねてみましたが、こんな答えが返ってきました。 「もう何年もスキー中にこけたことなんてないから大丈夫!さすがにおんぶして滑って、尻餅をついたら潰してしまいそうで怖いけれど、前なら手で守ることもできるしね」 自信満々の彼女に、もう何も言うことはできませんでした。貴方だったら、0歳児を抱っこしてスキーできますか?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる