旦那がハゲてきた…妻をイラッとさせる夫の行動ベスト3

 先日、ママ友と新年会を開きました。普段子育てや仕事に忙しいママ達が、子供を旦那に預けて飲むのですから、開放感は言うまでもありません。気づけばこんな話題で盛り上がっていました。 「旦那がハゲてきたのよ…」30代半ばの彼女達の旦那は、30〜40代前半。そろそろ髪の毛が気になるお年頃です。皆さんは、旦那さんの毛量が寂しくなり、こんな行動をとるようになったら、昔と変わらず愛し続けることができますか?

出典:thongchaipeun/iStock/Thinkstock

ここは、新年会の会場となった居酒屋。ママ達は、旦那への愚痴を次々と挙げて、盛り上がっています。 さあ、どんな行動が、妻達を苛立たせているのでしょうか。さっそくベスト3をご紹介しましょう。 まずは、旦那の育毛剤を憎むAさんの登場です。 「旦那が、育毛剤を定期購入しているのが、本当に腹立つ。毎回毎回、宅配便の最終便で届くから、そろそろ子供が寝そう…というタイミングで玄関のインターホンがなって、子供が起きちゃうの。なんで自分が確実に受け取れる週末に届くように手配しないんだろう。それに育毛剤ってすごく高いんだけど、お小遣いじゃなく家計から出そうとするのも腹立つポイント!お小遣いの範囲内でやってくれたらいいのに!」

出典:William_Potter/iStock/Thinkstock

たしかに、子供の寝かしつけのタイミングは、何人たりとも邪魔されたくない時間帯。あえてその時間帯に、宅配便が届くように手配する無神経さに、他のママ達からもブーイングの嵐が巻き起こります。 しかも、Aさんの旦那は若干ネットショッピング依存症気味で、暇さえあればポチッとクリックしてお買い物をしている様子。 育毛剤以外にも、洋服や帽子、靴、ジム用品など、旦那の趣味のものが、週に2~3回宅配便で届き、そのたびに寝かしつけを邪魔されて、苛立ちは募るばかり。 Aさんは「ネットで買い物しすぎだよ。週に何度も宅配便が届くじゃない。お小遣いを超える金額を、ネットショッピングに費やしているんじゃない?それに育毛剤なんてドラッグストアで買えばいいでしょ。送料が無駄だよ」と、旦那に苦言を呈しましたが、旦那は聞く耳をもちません。 どうもプライドの高い旦那は、育毛剤をドラッグストアのレジに持っていくなんて、恥ずかしくて耐えられないと、ネットで定期購入するようになった様子。 元々買い物好きなこともあり、ネットショッピングにはまってしまいました。高い育毛剤や、ハゲ隠しのため(?)かもしれない帽子が届くたびに、Aさんの心中では、旦那への苛々ポイントが加算されています。

出典:VladimirFLoyd/iStock/Thinkstock

続いて、旦那が髪をセットする時間が、なによりも苛立つというBさん。 「うちの旦那は、生え際から後退してきてる。おでこを隠そうと、毎朝、髪のセットに時間がかかるんだよ。どんな寒い日でも洗面台で髪を全部濡らして、ドライヤーで半乾きにした後、時間をおいて髪をセットするの。さらに家を出る前に仕上げをして…。多分30分以上、髪のセットに費やしているんじゃないかな?朝の30分って、すごく重要でしょ?そんな髪に時間をかける暇があるなら、子供に朝ごはんを食べさせたり、着替えさせたり、手伝ってくれない?って思う」 その日集まったママ達はみんな、朝の慌ただしさを身をもって知っています。ママ達だって独身時代は、化粧水や乳液をパッティングした肌に、時間をかけてメイクを施し、髪を巻いて・・・今思えば、優雅な朝を過ごしていました。 けれど、ママになった今では、髪をひっつめ、オールインワン化粧水を肌に叩き込んだら、眉毛だけ描いて終了!そんな時も珍しくありません。 そうやって自分の時間を削り、子供達の朝ごはんを作り、保育園や幼稚園に行く準備を手助けしているのに、旦那は独身時代と変わらず時間をかけて髪をセットしているかと思うと、Bさんが苛立つ気持ちには、共感しかありません。 みんな「分かるー!朝から戦力外の旦那にイラッとするよ。誰も貴方の髪なんて見てないのに、自意識過剰!」と深く頷いています。過激派は「私だったら、すぐバリカンで坊主にしてしまいそう」とつぶやき、爆笑を巻き起こしました。

出典:grinvalds/iStock/Thinkstock

そして最後に、一日3回もシャンプーをする旦那に手を焼いているCさんの登場です。 「ねぇうちの旦那、毎晩お風呂に入ると3回もシャンプーをするの。おかしいよね?シャンプーの刺激で抜け毛も多いし、頭皮の脂を奪いすぎるから、髪が薄くなる一方なんだけど、どう説得しても『俺の髪のことは、美容師が一番分かってる!その美容師が、髪は洗えば洗うほど良いと言うんだから間違いない。お前に俺の髪のことが分かるわけないだろ!』とか『シャンプーが少ない方が良いって、誰が言ったんだよ?その根拠は?勝手なこと言うな』と逆ギレして、やめてくれないんだ。高額な育毛剤入りのシャンプーは、2〜3週間に1本使い切るくらいすぐになくなるし、水道代も高くなるし、やめてほしい…」 一日3回もの洗髪に、みんな唖然!排水口に髪の毛をキャッチするネットを取り付け、Cさんの旦那には現実(3回の洗髪でどれだけ髪の毛が抜けたのか)を思い知らせよう・・・そんなアドバイスで盛り上がる中、こんな名言が生まれました。 「旦那がハゲだから、嫌いになるんじゃない。髪の毛ばかりを気にして、家族に負担をかけるから、嫌いになるんだ…」 最近、髪も夫婦仲もヤバいかも!?と心当たりのある男性の皆さんは、奥さんをイラッとさせている可能性大!お気を付けくださいね。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる