身近にあった習い事!幼稚園でできる習い事のススメ

ママさんたちの「うちスイミングやってるよ」「うち英語」など、習い事に関する会話が聞こえてきたりすると「うち何も習い事していない!」と焦るママさんも多いのではないでしょうか? 我が子に幼稚園の習い事をやらせてみたら意外と充実していた!という体験談をお話しします。

出典:nata_zhekova/iStock/Thinkstock

 我が家の5才長男は、体が大きくとても活発。クラスで唯一逆上がりをマスターし、自転車もスイスイ乗れるようになりました。 「小学生になったら野球チーム入りたい!」と言っている長男の通う幼稚園では、スポーツクラブや、美術教室、英語教室などの習い事が放課後に行われています。  いずれの教室も年中2学期からのスタートで、該当年齢になったら各習い事受付のお知らせお手紙が入ってきます。  我が家の長男にも、お知らせのお手紙が入ってきました。案内を見てみると、とにかく月謝が安い。 普通の習い事の相場がわからないのですが、いずれも教材費や保険料込みで数千円程度、しかも帰りは通園バスで送ってきてくれます。長男は何も習い事をしていなかったので、「何かやってみる?」と見せたところ、「僕、美術教室通いたいんだけど」の返答が。

出典:JackF/iStock/Thinkstock

 活発な子なので、てっきり「スポーツクラブやりたい!」と言い出すと思っていたので意外や意外。 「本当に美術やりたいの?」と聞くと、「うん」と譲らず。 とはいえクラスのお友達と一緒の習い事をやりたいと言い出すかもしれないので、数日置いてもう一度聞くことにしました。  数日たっても「やっぱり美術教室がいい。粘土こねたり絵描いたりしたい!」との返答。 月謝も安いし、帰りのバスも出るし、本人がやりたがっているからとりあえずやらせてみるか!と、本人の希望通り美術教室に通わせることにしました。

出典:Rawpixel/iStock/Thinkstock

 それから週に1回、顔や手に落とし切れていない絵具をつけたままだったり、上履きに踏んで固まった粘土をつけたまま帰ってきたりするようになりました。  長男も「今日は超本格的なコマ作った!」「春休みになったら動物園にスケッチに行くって!」など、色々楽しい話を聞かせてくれます。  何よりも驚いたのが意外な長男のセンス。 絵を描くことはあっても小さくちょこちょこ、だったのが、美術教室に通わせてから堂々と大きく絵を描くようになり、しかも親ばかですがなかなかセンスがいいです。  美術教室は幼稚園の教室をそのまま使っているので、いつも過ごしている場所、かつ思い切り絵を描いたり作品が作れたりする環境が整っています。そんな中で彼なりのセンスが開花したようです。 美術教室に通い始めてから、日常生活でも色々な変化が現れました。  絵や字を書くときには背筋を伸ばして正座。外出先では雲や水たまり、建物を見て「ねえ、あれドラゴンの赤ちゃんみたい」「お母さん!この水たまりの形、北海道じゃない?!」「あのビルとあのビルの間にジュースを注いだら、たくさん飲めるね~」など、独創的な発想をたくさんする様に。  他にも、「これとこれをこうしたら、便利!」のような日常生活で長男なりに工夫をするようになり、次男もそれに感化され最近は兄弟そろって絵を描くことも多くなりました。  とりあえず安いしやらせてみるか…と思って通わせた幼稚園の習い事が、我が家では見事にヒットしました。「習い事をさせたいと思ってるけど、何がいいかわからない」というママさんには、幼稚園の習い事が意外といいよ!と声を大にして言いたいです! (ファンファン福岡一般ライター)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる