古唐津の名品がずらり!『もうひとつの桃山』田中丸コレクション・中里コレクション

国内屈指の九州古陶磁コレクション「田中丸コレクション」と、中里家から唐津市へ寄贈された国内外の陶磁器からなる「中里コレクション」の古唐津の共演が楽しめる「古唐津 もうひとつの桃山」が唐津市近代図書館美術ホール(佐賀県唐津市新興町23番地)で開催中です。

古唐津は、桃山時代から江戸時代初めに作られた唐津焼のことで、素朴な土味が高い人気を誇っています。会場には、玉屋百貨店の経営者であった田中丸善八氏(1894-1973)が蒐集した九州古陶磁のコレクションと、日本芸術院会員中里逢庵氏(十三代中里太郎右衛門)の遺族により唐津市へ寄贈された中里家収集による陶磁器コレクションから選りすぐった古唐津の名品を展示。

出典:ファンファン福岡

特別出品として九州国立博物館所蔵の「彫唐津茶碗 銘 五葉」のほか、関連作品として、画家の東山魁夷と坂本繁二郎、歌舞伎役者の坂東三津五郎の3人が描いた「絵唐津木賊(とくさ)文茶碗」の色紙も紹介されています。ぜひお楽しみください。 古唐津 もうひとつの桃山 会期:5月13日(日曜日)まで ※5月7日は休館です。 会場:唐津市近代図書館美術ホール(佐賀県唐津市新興町23番地) 入場料:一般500円、唐津市在住75歳以上250円、高校生以下無料、障がい者手帳を持っている人と同行者1人は無料

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる