まるでクレヨンしんちゃん!? 3歳息子の仰天行動

 日本PTA全国協議会が毎年発表している「子どもとメディアに関する意識調査」の中に、保護者が子どもに見せたくない番組のランキングがあります。筆者が未成年だった頃は、「親が禁止する番組こそ面白いのに!」と思っていましたが、実際に親の立場になると、我が子には見せたくない番組が多くあります。筆者にとっては、このランキング常連の「クレヨンしんちゃん」が、お下品すぎると、子どもに見せないようにしていました。ところが、3歳の息子が、まるで「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ、そっくりになってきたのです。

出典:Radist/iStock/Thinkstock

 「クレヨンしんちゃん」を一度も見たことのないはずの息子が、お下品になってきたのは、3歳になった頃。まず女の子が大好き!幼稚園の若くて可愛い先生にデレデレ。同じクラスの女の子達や、5歳の姉にもすぐに抱きついて、ニコニコとしています。  息子の守備範囲は広く、30代半ばの筆者に対しても「ママのお尻可愛い!おっぱい触りたい〜!」と甘えてきます。その他にも…  どんなに厚着をしていても、おっぱいの先端を探し出す、おっぱいダウジング。家の中でも、外でも、突然リズミカルにママのお尻を叩く、セクハラボディーパーカッション。戦隊モノの変身ポーズで「おっ…(タメをつくる)ぱぁ〜い〜!」と叫ぶ一発芸。  「あれ?この行動、まるでクレヨンしんちゃん!?」とゲンナリしてしまうほど、毎日毎日、しんちゃんがやりそうなことばかりしているのです。

出典:kirillica/iStock/Thinkstock

 2人子どもを産んで、体型が激変した筆者。重力に従順すぎるお尻とおっぱいを、可愛いと褒めてくれるのは、今や息子だけ。  お風呂に一緒に入ると、手をもみもみしながら、「おっぱーい!」とにじり寄ってくるのを「やめなさ〜い!」とあしらいながらも、内心では「こんなにママが可愛い、大好きと甘えてくれるのは、息子が幼い今だけ…」と、息子の行動を憎からず思っていました。  今思えば、「やめなさい!」ときっぱり注意した方が良かったのでしょう。筆者が本気で怒っていないと、図に乗った息子は、さらにクレヨンしんちゃん化していったのです。

出典:deeepblue/iStock/Thinkstock

 筆者が風呂上がりに、下着を身につけようと、着替えていると「だめ!お尻とおっぱい、隠さないで!」と憤慨して、下着を引っ張るのです。 「なにしてるの!?ママはお着替え中でしょ?」「隠したら、いーやー!」  息子とパンツを綱引きのように、引っ張り合う日が来るとは、想像もしていませんでした。 そんな攻防があった翌朝のこと。筆者は、PTAの会合に向かうため、着替えようとしていました。…が、下着が上も下も一枚もない!  下着を入れていた引き出しは、開けっ放しで、荒らされていました。家庭内下着どろぼうの犯人は、当然、息子。  遅刻はできないのに、下着が見つかりません。ノーパンノーブラで外出するわけにもいかないので、焦って息子を問いただしても、「知らないよぉ〜」とふざける一方で、口を割りません。 「嘘をついたら鬼が来るよ!」と脅かしても駄目。「わかった!じゃあ、返してくれたらお菓子あげるから、はやく持ってきて!」とお菓子で釣っても駄目。  飴と鞭の交渉の末、「今度ガチャガチャをやらせてあげる」という口約束を聞いた息子は、やっと下着のありかを白状しました。

 おもちゃ箱の奥底から取りだした下着を急いで身につけようとするも、「お尻とおっぱい好きだから、隠しちゃイヤー!」と足にすがりつく息子に手こずり、案の定、PTAの会合に遅刻してしまいました。  こんな事件があって以来、たまに家族で「クレヨンしんちゃん」を見るようになりました。 「ほら、しんちゃんも女の子達に『やめてー!』って言われているでしょ。急に抱きついたら、駄目なのよ」等と、反面教師にするために。  そして母としては、国民的アニメの主人公がこうなんだから、3歳にしてお下品行動連発の息子も、決しておかしくないのだと、安心するために…。 (ファンファン福岡)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる