福岡の街はかつて平成ゴジラに破壊されていた

福岡の街が、かつてゴジラに襲われていた!?

出典:ファンファン福岡

2017年に国産ゴジラとしては約12年ぶりに公開された映画「シン・ゴジラ」 ゴジラの上陸ルートや討伐作戦は話題となり、聖地巡礼するファンもたくさんいましたね。 懐かしの昭和から平成のゴジラファンは多く、子供のころに映画館で見ていた人も多いのではないでしょうか。 実は、平成のゴジラが、福岡の街に上陸していたことを知っていますか? 福岡を象徴するあの名所が見事なまでに破壊されていたんです。 ど派手に強襲を受けたのは、1994年 「破壊神降臨」と称された「ゴジラVSスペースゴジラ」です。 この映画での最終決戦地に選ばれたのが、福岡だったのです。 その中でもインパクトが強かったのは「福岡タワー」。 宇宙怪獣スペースゴジラが福岡タワーを使って宇宙からのエネルギーを蓄えていたことから、234メートルもあるタワーをゴジラが見事になぎ倒してしまいました!これはかなりの迫力でしたね。 劇中では、当時まだ開業前だった市役所そばのアクロス福岡(開業95年)もゴジラの平手で思いっきり壊されちゃっています。 鹿児島から上陸したゴジラは九州を北上し、最終決戦地のももち浜に行く前に、天神周辺をも踏み壊していきました。 福岡を襲った怪獣はゴジラだけではありません 91年に公開された映画「ゴジラVSキングギドラ」でも、キングギドラが福岡タワーを襲っていたのです。 中洲周辺でも暴れており、福博であい橋など見覚えのある建物や街並みが登場します。 ちなみに95年公開の映画「ガメラ大怪獣空中決戦」では、平成ガメラが福岡ドーム(現在はヤフオクドーム)の屋根を頭からブチ破るなど、ド派手に壊してくれています。 福岡は住みやすさが自慢ですが、怪獣たちにも壊したくなる魅力があるのでしょうか。 街並みに主眼を置いてDVDなどを見直すのも面白いかもしれません。 「ああ~っ!ここも!あそこも!」「どいつもこいつも福岡の街をめためたに破壊しおって…」と呟きたくなること間違いなしです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる