くれくれママの信じられない行動 お下がりの行方は…流行のアレでした

子供の洋服や靴がサイズアウトしたら、どうしていますか?遊ばなくなったオモチャや、使わなくなった学用品の行方は?友人は、好意でママ友にお下がりを渡したところ、信じられない使われ方をしているのに気づいた…と嘆いていました。一体なにがあったのでしょう。

出典:iStock.com/AntonioGuillem

 友人は、保育園に娘を通わせています。その保育園では、働く保護者の負担を減らすため、保護者が参加する行事が少なかったそう。ママ達もみんな働いているので忙しく、保育園でのママ友作りは端から諦めていました。  ところが、送迎の時間が毎回一緒になるAさんというママがいました。最寄り駅から保育園まで、徒歩10分ほど。保育園に子供を預けて、駅に戻る時間や、仕事を終わらせて、駅から保育園へと向かう時間に、話すようになり、急速にAさんとの距離は縮まっていきました。    Aさんは、20代半ばの若くてきれいなママで、デパートの店員さんだと聞きました。接客業だからでしょうか。髪型が変われば「新しい髪型、夏らしくて爽やか!とっても素敵!」と気づき、服装についても「スマートだから、そのラインのスーツがすごく似合ってる」と褒めてくれます。30代半ばの友人にとっては、10歳近く年の離れたAさんが、まるで後輩や妹のように感じ、だんだんと親しみを覚えていきました。  はじめて保育園でママ友ができて、嬉しく思っていたのですが、ひとつ気になることがありました。Aさんの「私も旦那も、20代前半でデキ婚したから、余裕がないんです」という口癖。保育園から、汚れてもよい服を子供に着せてくださいと、言われているので、友人もAさんの子供も、カジュアルな服装をしていましたが、特にAさんの子供は、いつも同じ服装で、着古された感じがしたそうです。  そこで友人の子供が、着ていた洋服や靴でサイズアウトしたものを、Aさんの子供にお下がりで譲ってあげることにしました。友人は着道楽なので、子供服はどれも人気のブランド物ばかり。さらに女の子なので、汚したりすることもなく、とてもきれいな状態でした。  友人の子供は大柄で、もう4歳。Aさんの子供は、3歳の小柄な体型なので、どの洋服もすぐに使えることでしょう。Aさんは、お下がりがたくさん入った紙袋を見た途端、飛び上がるように喜んでくれて、その様子を見た友人も「サイズアウトした洋服は、使い道もないし、使ってもらえて良かったわ!」と嬉しく思っていました。  そんな順調だった二人ですが、雲行きが怪しくなってきたのは、数ヵ月後のこと。Aさんがお下がりのリクエストをするようになってきたのです。

出典:iStock.com/master1305

 「保育園で指定されている体操服は、もうそろそろ買い換える頃じゃないかな?使わないようなら、お下がりしてもらえる?」 「そろそろ夏服を着せてあげたくて。この前もらったブランド物のワンピース、素敵だったな。他にもないかな?」  最初は、「え!お下がりを譲ってもらえるの?有り難い!嬉しいです!」という感じだったのが、徐々に図々しくなっていき、ついには、友人の子供が着ていた洋服を見て「これも可愛い〜!これ、お下がり予約させてね」と言う始末。家に帰ってから、友人の子供は、「もうこのお洋服あげちゃうの?気に入っているから、あげるの嫌だよ…」と愚図ったのだと言います。

出典:iStock.com/AntonioGuillem

 そろそろお下がりも止めておこうかと思った矢先、驚きの場所でお下がりを発見してしまいました。 ある日フリマアプリを見ていると…。 「見覚えのある可愛いワンピースだな」と、偶然見つけた写真に違和感を覚えました。そのワンピースは、ワッペンをその場で選んでつけてもらえる、セミオーダーのもので、可愛らしいワッペンの組み合わせや位置が、お下がりでAさんに渡したものにそっくりだったのです。  「怪しい…」と思い、出品者のこれまでの履歴を見てみたら、あれもこれもお下がりしたものばかり。なんとAさんは、もらったお下がりでお小遣い稼ぎをしていたのです。そのことに気づいて以来、Aさんに何度も、「お下がりをくれくれ」されましたが、なにかと言い訳をして、渡していません。むしろフリマアプリを使えば、子供服が売れるんだ!と分かって以来、サイズアウトしたものは、売りに出しているそうです。 (ファンファン福岡一般ライター)

それ、もはやゴミだよね? バザーに不要品ばかり出すモンスターママ

【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン引き!

まさかこれも売れるの?主婦の新お小遣い稼ぎ!メルカリで売れるのは、意外なアレ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる