『いつか』の自分より『今』の自分!夢だった富士山登山に初挑戦!

芯の強い子を育てる運動スクール「MIKI・ファニット」代表の太刀山美樹です。 2018年夏、3776mの富士山に登る事ができました。 「日本人に生まれたのなら、一度は登りたい富士山。けど、登れる自信がない」と思い続けていた私でした。

出典:ファンファン福岡

登頂 出来たのは、なによりも仲間のおかげです。

出典:ファンファン福岡

今回は、私のように初めて富士山登頂を試みる方の参考になればと思い、富士山登頂までの軌跡をご紹介します。 私たちは、初心者に人気の吉田ルートに挑戦。5合目で、このラーメンを食べてからのスタートです!

出典:ファンファン福岡

この登山で一番印象に残ったのは、『雲と自分』との位置の変化です。

出典:ファンファン福岡

雲はいつも頭の上に見えるものと思っていました。が・・・

出典:ファンファン福岡

『自分の足』で登ることで、位置が変わってくるのです。届くわけがないと思っていた雲に届き、下に見えはじめ、遥か下に。いつの間にか目的地に辿り着く。

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

自分の限界に挑戦でした。木がなくなり、草がなくなり、土の色が赤い砂に変わる、岩場になる。歩く一歩の足は重たい、息が苦しい。途中で雨に降られ、風に煽られ、砂埃に目がしょぼしょぼ。

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

一歩が重たい…

出典:ファンファン福岡

「山」に登りはじめたのもわずか1年前という私が、そもそもなぜ、富士山に登ろうと思ったのか? 1000m越えの経験は、九重でしかありませんでした。 毎年夏に富士山を目指す友人に誘われても、学生時代に前十字靭帯の手術したこともあり)無理と断っていました。 そんな時、友人に言われます。 「いつか登りたいってさ、いつか登るつもりなら、今が一番若いやん」

出典:ファンファン福岡

「確かに…」と納得した私は、富士登山を10日前に決めたのでした。

出典:ファンファン福岡

初心者である私の不安点は、大きく3つありました。 1.本当に最後まで歩けるのか? 2.高山病にならないか? 3.その他 そんな私が登頂できたのは、登る前から登山中に至るまで、いろんなサポートを受けられたからです。専門家のアドバイスでもらったのは 1.『歩き』がもつか対策(私は膝の後遺症が若干あります) ⇒脚部の道具を揃える ・ゴアテックスパンツ ・スパッツ cwx (すっごく締まる ワコールのスポーツウエア) ・靴 インソール 靴下 ポール ・膝のサポーター  ・ テーピング(指が当たるところを巻く) ・ 歩き方(ラリーグラスの梅木さんに歩き方や靴の履き方)を習う 2.高山病対策  ・出発前日に、福岡にて低酸素トレーニングルームに入る ・酸素缶  ・行程に時間の余裕をもち、体を高度順応させる   ・睡眠、食事をちゃんととる(山小屋で眠れなくてもとにかく寝る) 3.その他(初心者の私が何度も聞いた質問や実際の体験を踏まえて) Q 荷物はどのくらい持って行くのがいいか? → 4回チェック。ネットの一覧表で。山登り専門店で。行く前日に友人に見てもらう。登る直前に見てもらい荷物を減らし、着てきた着替えなどと、余分なものは、五合目のロッカーに(500円の大ロッカーに4人分荷物を入れる) Q もう登れないとなった時に、人に迷惑をかけないためには?   → 下山するルートは別にあり、合流地点があり、そこから下ることが出来ます。 Q お金はどのくらい持って登るの? トイレはどうするの? → 入山料に1000円、トイレは(吉田ルートが一番充実)200円、山頂でのぶた汁800円、水500円、神社お参り用と、使ったのはこのぐらいでした。

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

Q 寒いの?暑いの? →真夏なのに山頂にはつららです。寒暖の差は大きかったです。

出典:ファンファン福岡

Q 山小屋は知らない人と、くっついて寝るの? →今回は、台風の余韻残る天候が悪いと言われていたためか、少しゆったり、このくらいのスペースでした。

出典:ファンファン福岡

Q 天気はやはり変わりやすいの? 「山の天気は変わりやすい」の通り、雨が急に降る、面白い雲が出てくる。

出典:ファンファン福岡

「天候対策は絶対怠るな」と言われていた意味がよくわかりました。

出典:ファンファン福岡

Q 時間はどのくらいかかるの? これは初心者用プランですが、当初プランでは、23時半に7号目山小屋を出発し、ご来光を見るというものでした。 <8月16日 行程> 7時発  福岡〜羽田 飛行機 10時半 新宿出発 13時  高度順応 着替え、コインロッカーに荷物を入れる 15時  神社にお参りをして出発 19時  7合目山小屋に到着 夕飯は「カレー!!」を食べる

出典:ファンファン福岡

19時半 就寝  23時  出発予定だったが、山頂で強風25mと、登頂を止められる <8月17日 行程> 5時   起床 ご来光 6時  出発 奇跡的に天気が回復し登る

出典:ファンファン福岡

11時  登頂

出典:ファンファン福岡

11時半 下り始める 15時 5合目に到着。着替え  16時 吉田口富士5合目〜 バス出発  20時半 新宿に到着 ※ここで飲んだ麦酒は最高でした~~!

出典:ファンファン福岡

準備から当日の動きのサポート、ラリーグラスやモンベルのアドバイス、何より一緒に登ってくれた、みなさまのおかげで、どうにか登頂下山できました。

出典:ファンファン福岡

福岡に戻った翌日、息子に誘われて行ったのは、山の神さまへのお参りでした。「神様、みんなで無事に帰れました。本当にありがとうございます」脚はパンパンでしたが、心は満足。 この写真は帰りの飛行機で一緒のチームだった方が、偶然撮れたと送ってきてくださったもの。

出典:ファンファン福岡

「昨日ここに自分で登ったんだな・・・」とかみしめました。 最後に、私が富士登山で得たことを―。 (富士登山は)人生をじっくり考えるのに、すごくいい時間でした。追い込まれた限界の中で、私の頭の中で浮かんだ言葉を紹介します。 「止まらなければいつかは辿り着く」 「キツイときこそ笑う」 「一緒に挑戦する人への信頼感と安心感があると、力となる」 「最後は自分で行くしかない、あとは自己責任」 「間に合わなかったらあとは自分で考える」 富士登山で得た経験はとても貴重な、素晴らしい機会でした。一緒に行った仲間に改めて感謝です。 最後に。特に印象に残ったシーンで数枚ご紹介させてください。

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

このような景色、自分の脚で登って確かめてみたくはないですか?私は、今でも目に焼きついています。  もし「いつか一度は行きたい」と思っているならば、一番若いのは『今』です。

出典:ファンファン福岡

写真協力 村井正典さん他

なまはげみき 太刀山美樹 福岡県筑後市出身。23歳で結婚出産。地域のママサークルが口コミで広がり、その後「きみ、おもろいね」とNHK福岡や、学校講師に、街角でスカウトされ経験を積む。2006年MIKIファニットを起業。「どうせ無理と諦めてる子いねえ~が!」と喝をいれる<幼児教育界のなまはげ>としても活動中。好きな言葉「来た球は打つ」

MIKIファニット

※情報は2018.10.8時点のものです

出典:なまはげみき

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる