詩人・黒田喜夫の詩集に着想。田中千智さんの絵画展「白と黒」開催中

 福岡を拠点に黒い背景の人物や風景画を描く田中千智さんの絵画展「白と黒-革命詩人・黒田喜夫から着想を得た絵画-」が12月2日(日)まで、福岡市中央区赤坂のWHITESPACEONE(ホワイトスペースワン)で開催中です。

出典:ファンファン福岡

 田中さんが、“最後の戦後詩人”“革命詩人”と称される黒田善夫さんの詩に出合ったのは2年前。ダリの絵画から影響を受けて出された詩集「燃えるキリン黒田喜夫詩文撰」の装画の依頼を受けたのがきっかけだったそうです。黒田作品に着想を得た田中千智さんの幻想的な絵画の世界を、ぜひ体感してください。 白と黒-革命詩人・黒田喜夫から着想を得た絵画- 日時:~12月2日(日) ※11月23日(金・祝)、28日(水)は休み 11:00~23:00 ※12月1日(土)は19:00まで 場所:WHITE SPACE ONE(福岡市中央区赤坂1-14-24) 料金:入場無料 ◆会期中のイベント(会場は同ギャラリー) 黒田喜夫トーク 日時:11月23日(金・祝) 17:30~19:30 料金:1,000円(1ドリンク付き) 内容:黒田喜夫の創作と詩の世界観、当時の社会情勢を考察 ゲスト:共和国代表・下平尾 直さん(『燃えるキリン 黒田喜夫詩文撰』版元)、政治学者・田村元彦さん(西南学院大学法学部 国際関係法学科 准教授)、哲学者・森元斎さん 黒田喜夫朗読会 日時:11月27日(火) 19:00~21:00 料金:1,000円(1ドリンク付き) 内容:耳で聴く、詩の世界。田中千智さんのインタビューも 問い合わせ:WHITE SPACE ONE 電話:090-6178-9180(齋藤)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる