失恋、裏切り。そのときナジャ・グランディーバは?【突破シリーズ第4回】

 実際に起きた驚きの突破劇を紹介するテレビ番組「THE突破ファイル」(FBS福岡放送)。 ファンファン福岡では番組の放送に合わせて、福岡で活躍中のタレントさんの「突破」エピソードを紹介しています。第4回目は、タレントであり女装してパフォーマンスするドラァグクイーンのナジャ・グランディーバさん。聞き手はFBS福岡放送「バリはやッ!ZIP!」でおなじみの森洸(もり・ひかる)アナウンサーです。

出典:ファンファン福岡

私、突破できてない。誰とも付き合ってないんです 森  きょうは、よろしくお願いします。 ナジャ 初めまして、どうぞよろしく。でも私、突破したエピソードなんてないから。ゆっくり引き出してもらわないと。 森  いやいや、きっと突破されていると思いますので、しっかり伺っていきたいと思います。ナジャさんは、関西のご出身ですよね。 ナジャ そう、生まれは兵庫県。18歳で大学入学を機に大阪に出て、それからずっと大阪。今、44歳なんで、もう大阪に住んでいるほうが長いですね。 森  FBS福岡放送「クロ女子白書」にご出演いただいていますが、福岡には仕事でいらっしゃってるわけですね。 ナジャ 今はね。以前もゲイナイトなんかのイベントに出るために、よく来てましたよ。 森  いつ頃からそういう感じなんですか、その…服装も含めて。 ナジャ 女装? 女装を始めたのは20歳くらいかな。 森  何かきっかけがあったんでしょうか。 ナジャ 大阪に出てから学生のアルバイトでゲイバーで働いてたんです。そのお店は普段は女装せずに普通の格好の店なんだけど、クリスマスや周年パーティーで面白がって女装するわけです。それがきっかけですね。 森  それ以前、中学、高校はどんな感じでしたか。好きな人は男性ですか? ナジャ そうよね。 森  恋愛とかもあったんでしょうか。デートしたりとか。 ナジャ こっちは好きでも、基本、一方通行ですよ。相手は女の子が好きだから。  でもデートがしたいから、好きでもない女の子の彼女を作って、相手に彼女がいたんで、いわゆるダブルデート的なのはしましたね。私は彼のほうとデートしている気分で楽しむという。そういうのは、何回かやったことあります。

出典:ファンファン福岡

森  え、そのために彼女を作ったんですか? ナジャさんから告白を? ナジャ たまたま、その女の子から好きだって言ってきたんですよ。だからこりゃシメシメと。 …かわいそうよねえ、今考えたら。高校の時ですよ。 森  その彼には思いを伝えたりしたんですか? ナジャ はっきり好きだとは自分から言ってないですけど、薄々は気付いていたと思いますよ。どうしてるのかなあ、と思いますね。大学で離れ離れになってから長いので。 森  ずっと会ってないんですか? ナジャ そう。ただ、私がテレビに出だして、けっこう企画であるやん「会いたい人いますか」みたいな。そういうので、彼の名前を出したら番組のスタッフが探し当ててくれて。 森  お!! 「会えますよ」と? ナジャ となるのかと思いきや、その子が「会いたくない」て言うたて(爆笑) 森  えーー!(笑)。では連絡は? ナジャ いや、連絡先知らないし。サッカー部の前田くんという人なんですけど。でも今となっては、会えんほうがいいかなと。 森  同級生なら44歳ですよね。 ナジャ そう。子どもが2、3人おるていうから。 森  会いたいでしょう? ナジャ 遠目から、ちょっとどんな感じになったかは見てはみたい。でも、超イケメンやったから、いい感じのダンディーな人になってると思うんですけど。  向こうが会いたくないという理由は、私の抱いている夢を壊したくないという優しさかも(笑)。ハゲて、お腹も出たりしてるからって。それか私のこと気持ち悪いて思ってるか。どちらかでしょうね。 森  ほかの人とお付き合いしたりは、していないんですか。 ナジャ 私、44年間、誰かとお付き合いしたことないんです。その高校の後は、20歳の時に初めてゲイの人に恋をしたんだけど。それだと一方通行じゃないわけなんだけど、大失恋をしたんです。失恋と同時に裏切りもあったから、恋愛恐怖症みたいになって。  ねえ、その失恋話をしたほうがいいですか。突破の話、全然してないんやけど!

出典:ファンファン福岡

好きだった人と同時に、失った大切な物とは…

森  では、大失恋の話を聞かせてください。 ナジャ 初めてすごく好きになったゲイの人は、スイミングの先生をしてる人やって、歳は3つ上でした。私が働いてたお店に、その人が1人で入ってきたのを見て、パッと「あ、めっちゃタイプ」と思ったんですよ。ゴツくてねー。 森  ふむふむ。 ナジャ しかも話をしていたら、実家が近所で、高校も同じだったんです。先輩。「もうこれは運命やな!」となって、それで大好きになって。電話番号も交換して一緒に遊ぶようになったんです。  その当時、ゲイの大親友がいて、その子に「いつ告白しようかな」とか、そういう相談をずっとしていたんです。いつの間にか常に3人で遊んでいる感じになってました。 森  告白は、したんですか? ナジャ バレンタインデーに告白しようと決めて、「何を渡せばいいかな?」とか、その親友に相談をしていて。当時、カルバン・クラインのパンツが流行ってたから、パンツとチョコレートを買って。告白をしようと決めてんけども、1人では緊張するし、親友についてきてもらって、その人の家に行きました。 森  ほほう、相手の家に。 ナジャ それで3人で鍋を作って食べて、落ち着いた時に、チョコレートとパンツを渡して「好きです」て告白したわけですよ。メッセージカードにも好きですって書いて。 森  すると? ナジャ 「ありがとう」と言われて、でもその時に返事はもらえず。そんで私もお酒飲んでたのもあるし、急に緊張が解けたのか、そこで寝てしもたんですね。ほんでなんか「バタッ」て大きな音がして、なんか落ちてきたから目を開けたら… 森  開けたら? ナジャ なんとその2人がエッチをしてたという… 森  うおあーー! ナジャ 失恋と裏切りをダブルでね。 森  えええ、その2人は実は付き合っていたんですか? ナジャ 付き合ってなかった。そん時が初めて。 森  えーー。 ナジャ ヒドいでしょ。それに何が倒れてきたかというと、(2人が)激し過ぎて、スノーボードが私んとこに倒れてきてん。「スノーボード事件」て呼んでるんですけど! 森  わはははは! ナジャさんは起きたんですか? 寝たふりしたんですか? ナジャ 起きて、今思えば乙女やったわ私、その時、しくしく泣いちゃって。ちょっと…こんなことまで言わないかんの??

森  はははは! はい可能な範囲で、何でもお願いします。 ナジャ その彼は、今思えば気持ち悪いんやけど、私を後ろから抱きしめて「ごめん、俺がデリカシーなかった」っていう台詞をいうわけですよ(笑)。そして親友のほうが、ほんまに許されへんのやけど、寝たふりするんですよ! もう私はその親友に絶望して、「こんなんゼッタイ友達ちゃうわ」と思って親友も失った。  その子、ゲイバーしているんですけど、その店の悪口を20年間ずっと言いふらしてやってる(笑) 森  わははは! 2人はその後、付き合ったんですか。 ナジャ 付き合ってたのよ。しかも、ゲイナイトっていうのは、私らみたいなドラァグクイーンのほかに、ゴーゴーボーイといってマッチョでパンツ一丁でお立ち台で盛り上げる人がいるんですけど、その2人がゴーゴーボーイやりだしたから、どこのイベントに呼ばれても一緒におるわけ。おそろいの服着て、いちゃいちゃしてさあ。2人がお立ち台で踊ってるその真ん中で私がポーズ取るとか。 森  うわあ、きついですねえ。 ナジャ きつかったよお。だから未だに引きずってて、なかなか恋愛に積極的になれないんです。恋愛恐怖症というか、人を好きになっても、またそんなことになんのかなと思って。だからワンナイトオンリー的なことはあっても、相手を真剣に好きになることがないというか。

「私も上りつめてやろう!」と憎しみをエネルギーに

森  それは一体、いつの話なのでしょうか。 ナジャ  21歳くらいの時かな。確かにショックやったけど、それをバネに女装に力を入れたし、エネルギーをそこにぶつけたんです。だから、それが絶対的に悪かったことですか、と聞かれるとそうじゃないかも。 森  大失恋の経験を昇華したと。 ナジャ 失恋よりも、イベントでいちゃいちゃしている二人への憎しみを全部エネルギーに変えて。  それにね、このエピソードを日本各地でゲイのお仲間に話したら、みんな優しくしてくれるんです。そしてその二人のことはボロクソに言うようになって。何やったら、私の勝ち!みたいになってる(笑) 森  そのことをきっかけに、メイクにも磨きがかかったんですね。 ナジャ そう、これ2時間かかるんですよ。二人がゴーゴーボーイでけっこう人気が出てたから、じゃあ私はドラァグクイーンで頑張ろうと。上りつめてやろう! と思いましたね。

出典:ファンファン福岡

森  ところでナジャさんのお名前はどっから来てるんですか。 ナジャ 名前は、90年代のドイツ人のスーパーモデルさん、ナジャ・アウアマンの名前を勝手に使ってるんです。女装する前からナジャって名乗ってたんですよ。バイトのお店に入ったときに。  大体この世界って、お店のママが若い子の名前を付けるんですけど、うちのママふざけ過ぎてて、「ブス子」とかにしちゃうんです。私はママから頼まれてスカウトで入ったから、「自分で名前をつけさせてくださいね」って言って、好きだったナジャに。自分からお店に入ってたらブス子になってたし、ここにおれへんかったような気もします。 森  ブス子になってたら(笑) ナジャ 私、全部、引っ張られてここまで来たところがあるんです。お店もスカウトだし、女装してドラァグクイーンのイベントに遊びに行ってたときに、シモーヌさんというこの世界のパイオニアの方に「私のイベントでぜひショーをして」って声を掛けてもらえて。そこからいろんなゲイのイベントに呼ばれるようになって。  それで東京のイベントに出てたときに、お客さんでテレビ局の人が来てて。大阪のワイドショーで「誰かマツコさんみたいな人大阪にいませんかね」って探してるときに、東京の方が推薦してくれたという。それで毎週木曜のレギュラーが決まったんですよ。 森  初めてのテレビのレギュラーですね。 ナジャ まだ事務所にも入ってなくてテレビ局に出入りしてら、たまたま太田プロ(ダクション)の人がモニターを見て「うちで面倒みたいんですけど」と。だから自らお願いしますって言ったことがなくて、引っ張られてきたんです。 森  それは、なぜなんでしょうね。自分から売り込まずに声を掛けられるというのは。 ナジャ なぜ? うーん…………やっぱり盆と正月の墓参りを欠かさないから。 森  え? そうなんですか? ナジャ 盆、暮れだけでなく何やったらもう1回くらいいくから。先祖を大事に思う、それがいいのかな。あなた行ってるの? 森  いやあ、行ってないです。実はお墓の場所もよく分からず…。 ナジャ えーーー(絶句)。そうなの? いやあお墓参りしてない人とは、私は…。1回行ってみたら? でも、どこにあるか分からへんのよね。 森  地名までは分かるんですけれど。

出典:ファンファン福岡

ナジャ 私の母親は、お彼岸なんかは、仏壇の写真をLINEで送ってきますよ。「忙しくて帰られへんから、拝んどき」って。だから私、スマホを拝むんですよ。実家から歩いて10分のところにお墓があるし。これ初めて言った話よ。お墓参り。お墓参りしたから、今があるって(笑) 森  お墓参りしてたから突破してきたという。 ナジャ 突破でいうと、テレビに出るってなったときは、親は反対しましたよ。神戸なんて田舎なわけですよ。それに米屋で商売してるから、あんなオカマの家の店で買われへんみたいになると。でも私もやってみたくて、そこは譲られへんなと思ったから親に言ったんです。 森  反応はどうだったんですか。 ナジャ お母さんは電話で泣いてたからね。おとなしく暮らしたいって。妹には子どもがいるし、その子が学校でいじめられるかもしれへんて。いろいろ考えて悩んだんじゃないかな。 森  ゲイだというカミングアウトは、いつされたんですか? ナジャ 全部テレビに出ることがきっかけ。それまでも親はもちろん気付いてたと思うよ。彼女を家に連れてきたこともないし、あだ名で「オカマ」とか「オカマラス」とか言われてたのも耳に入ってたし。小学校のときからオカマっぽかったから、男らしく育つようにと無理やりサッカーさせられたりして。親としてはなんとなく分かってても聞けなくて、ずっとグレーできて、私も言わずにいたのを、テレビに出るってことになったとき、全部伝えたわけよね。 森  反対されても、そこは譲れなかったんですね。 ナジャ そう。でもね、次の日に電話がかかってきて「お母さん1日考えたけど、やっぱり好きにしてええで」って。それで今があるんです。  本心は分からへんけど、いまんとこはテレビを見て、「お茶碗の持ち方ダメですよ」とか「あんときのかつらは似合ってませんでした」とかめっちゃダメだししてくるんですよ。 森  めちゃくちゃ見てくれてますね(笑)。お父さんは? ナジャ 父は寡黙過ぎて。何にも言わないんですよ。話は母親経由だし、いっこも怒られたことがない。めっちゃおとなしい父親です。 森  テレビに出られたことが転換点だったわけですね。 ナジャ 結局、何も自分では突破してないかも。全部、母親が突破してくれた感じ? 突破してくれた人が周りにいたから…ここまで来ましたね。

出典:ファンファン福岡

いま突破したいこと、それはね…

森  ご出演中の「クロ女子白書」はいかがですか。福岡の女子ってどうでしょう? ナジャ 太田プロに入って、すぐくらいに決まったレギュラー番組の一つです。相談には、そんな大した答え出してないんですよ。よう見てもらったら分かるけど(笑)。でも悩んでる子は吐きだしてすっきりしたら、それでいいんですよ。  ただ、お店でもずっと恋愛相談されてきてるから、私なりの統計みたいなのが何となくあって、それに基づいて答えてるとこもあるかな。 森  では、ナジャさんが悩める女子を突破させてることに、なるかもですね。 ナジャ なってるといいですよね。なってるのかな? 森  最近、番組に出た後に「結婚しました」という子が多いと聞きました。 ナジャ そうなの? 出てくる子を見てたら「(結婚生活が)果たしてうまくいってるのかな」と心配になりますね(笑)

森  ご出演中の「クロ女子白書」はいかがですか。福岡の女子ってどうでしょう? ナジャ 太田プロに入って、すぐくらいに決まったレギュラー番組の一つです。相談には、そんな大した答え出してないんですよ。よう見てもらったら分かるけど(笑)。でも悩んでる子は吐きだしてすっきりしたら、それでいいんですよ。  ただ、お店でもずっと恋愛相談されてきてるから、私なりの統計みたいなのが何となくあって、それに基づいて答えてるとこもあるかな。 森  では、ナジャさんが悩める女子を突破させてることに、なるかもですね。 ナジャ なってるといいですよね。なってるのかな? 森  最近、番組に出た後に「結婚しました」という子が多いと聞きました。 ナジャ そうなの? 出てくる子を見てたら「(結婚生活が)果たしてうまくいってるのかな」と心配になりますね(笑)

森  ナジャさんが、今後、突破していきたいものってありますか? ナジャ IKKOさんの「どんだけー」とか、はるな愛の「言うよねー」とか、そういうひと言がほしいんだけど、何かないかしらね。 森  考えましょうよ! 関西的なノリで? ナジャ 「タコヤキーー!」とか? もっとないの?(笑) 森   でもマツコさんなんかは、特段決まりフレーズはないですよね。 ナジャ でもさあ、ひと言あったら便利なのよ、きっと! 森  恋愛なんかは、どうなんですか? ナジャ 実は大恋愛したい人がいるんです。無理な相談ですけど、岡田健史くん! 「中学聖日記」に出ていた、めっちゃかわいいあの子と大恋愛したい。中学聖日記見てない? 森  お、お知り合いですか? ナジャ 会ったことないない。大恋愛の妄想してる(笑) 森  福岡出身ですから、クロ女子のゲストに呼んだらいいじゃないですか。 ナジャ できるの?(周囲に尋ねる) 無理よね…。まあ、恋愛をしてみたいとは思いますけど、44歳で今まで恋愛してないから、この年ですごい好きな人が現れたら、それこそ中学生みたいに周りが見えなくなって、初心者過ぎて、全身全霊でその人に向かってしまいそうでコワイんです。そんな気もして、余計に恋愛におっくうになっているところもあるかもしれないです。 森  お店に来る人にいいなと思う方はいないんですか? ナジャ いません。なぜなら…女の人しか来ないからです! イベントにも女の人ばっかり。95%女の人で、あとは支払い係のおっさんです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる