雪の上で転倒し、頭を強打した私 その時息子は!?

 雪に大はしゃぎだった息子。「怪我をするから止めなさい!」と言っても聞かなかったのに、私が目の前で痛い思いをしたことで、意外な反応をしたのでした。

目次

スキー教室の帰りにおこった事件

出典:写真AC

 次男が小学5年生の時の話です。  様々な事情があり、私と次男の2人で、慣れない雪国での生活が始まりました。冬の間は雪に埋もれるこの地方では、小学校でスキー授業が行われます。スキーをしたことのない次男は、低学年の子達に混じって初心者用のスキー講習に参加しました。  その帰り道。初めてのスキーに緊張して参加したものの、想像以上に楽しかったようで、テンションが上がってふざけながら雪道を歩く息子。  気温が下がってツルツルに凍った雪の上は、まるでスケートリンクのようで、気を付けて歩いていてもすぐに足を滑らせて転びそうになります。  バス停までの道は、少し急な下り坂。地元の人でも、油断すると転んで骨折すると聞いていたので、「ふざけないで歩きなさい!」と息子に何度も注意しましたが、聞く耳を持ちませんでした。  と、その時…。息子を止めようとした私のほうが、バランスを崩し、あっという間に転倒してしまいました。一瞬の出来事でした。  後頭部を強打し、雪の上に仰向けに倒れたまま、あまりの痛さに動くことが出来ません。冷たい雪の上に横たわっていては体が冷えてしまうから、早く起き上がらなくては…と思うものの、痛みの感覚を通り越し、とにかく強烈な衝撃なのです。  さすがに驚いた息子は、あわてて駆け寄り、必死に私のことを呼びましたが、私はしばらくの間どうすることも出来ずに、痛みが和らぐのを待つことしか出来ませんでした。

それからの息子は…

出典:写真AC

 何とか痛みに耐えながら起き上がり、自力で自宅まで戻ることが出来ました。後頭部を強打していたので、数日後に何か後遺症が起こることもあるからと、他の人にも心配されましたが、とりあえず何事もなく過ぎました。    しかし、一番ショックを受けたのは、一緒にいた息子でした。自分が母の言うことを聞かずにふざけていたために、止めようとした母が頭を強打することになってしまった… と落ち込んでいました。  私にしてみれば、息子に注意しておきながら、自分こそ注意が足りなかった、と反省しきりなのですが…。  その後も、雪道を歩きながら、「平気、平気…」とずんずん進んで行く息子ですが、私が声を強めて注意すると、あの日の事を思い出すようで、シュン… として「あの日は、本当にごめんなさい…」と泣きそうな顔で謝ります。  人は、失敗しないと分からないことがあって、失敗しながら成長するものですが、その失敗が取り返しのつかないことに繋がることもあります。一歩間違えば、転倒してそのまま亡くなる人もいることを思うと、ヒヤッとする出来事でした。  「痛い思いをしたのが私で良かった、大事に至らなくて良かった」と思う一方で、自分が痛い思いをした訳ではないのに、人の痛みを我が事以上に感じられる息子であることに、私はホッとするのでした。  自分の辛かった記憶は、時と共に薄れゆくことが多いですが、自分が人に追わせた傷は、心の深いところに刺さったまま、消えずに残ることもあると思います。  あの日の出来事は、息子にとって、そんな出来事となったようでした。  沢山の失敗を糧に、心優しい息子がどうか健やかに育ってくれますように…。これからも見守って行きたいと思っています。 (ファンファン福岡公式ライター/Kitakitune)

大雪で子どもとかまくら作り! 飾りに付けたのは何!?

ブレーキ利かずに車が…!! スノボの後の恐怖体験

こんな大ごとになるなんて…3歳の息子が買い物中に宙に!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる